ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

最近のヘビロテ - Sugar(シュガー)1stアルバム「Sugar Dream」

January 24 2014

1981年に大ヒットした「ウエディング・ベル」を歌ってたのが女性3人組のSugar(シュガー)。
当時、小学生だった僕はラジオのエアチェックが趣味(暗い・・)だったので
この曲が大ヒットしてたのをよく覚えています。
土曜日の「コーセー化粧品歌謡ベストテン」でもよく流れていましたし(笑)

元カレの結婚式に呼ばれて出席して「くたばっちまえ」と毒を吐く、という
当時としてはかなり刺激的な内容だったこの曲。
その話題性のみが突っ走ってた感があったように記憶してるけれども
今、こうして動画を見てみると実力派のコーラスグループだった事がよくわかる。

エアチェックで聴いてた範囲で覚えてるのが、この曲に続くシングル
「アバンチュールはルックスしだい」という曲ですけども
この曲以降のシングルはほぼ耳にしなかったし、テレビでもあまり見なかった気がする。

Youtubeで続く3rdシングル「私○にほリカ人」を歌う3人を見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=9ahynQ7Qu8g
前シングルまでは楽器を演奏しながら歌ってた3人が
急に楽器なしの振り付けありになってる所に、売る側の混乱が見え隠れしてる気が。
とはいえ、やはりコーラスはきれいに決まってるので
もともとこういう感じでやりたかったのかも知れません。

彼女たちの1stアルバムである「Sugar Dream」
なぜか誰かが買って家にあったので、カセットに録音してよく聴いておりました。
デビューシングルの「ウエディング・ベル」も収録されていますが
それ以外の曲が素晴らしく良い曲ばかりだったので、自分が大人になってからも
カセットを引っ張り出して聴いていたのです。
特にA面トップを飾るダンサンブルな「ムーピー・ベイビー」
そして続く「涙色キャンディー」がとてもお気に入りでした。

カセットという媒体とオサラバしてからはすっかりこのアルバムの事を
忘却しておったのですけども、そういえばCDになってんのかなと検索。

あるやんかいさ!さっそく購入。

子供と大人の行動の違い、それは貪るようにライナーを読むこと(笑)
驚いたのがメンバー3人とも作詞作曲が出来て、リードVoも取ってた事。
そしてこのアルバムの録音にあの伝説のネイチャー・フュージョンバンドの
「カーティス・クリーク・バンド」が全面バックアップしてた事です。
どうりでハーモニカが入りまくってるわけです(笑)

あのシングルの「ウエディング・ベル」、そしてアルバムの半分は古田喜昭氏の作品。
古田氏、そしてSugarの3人もヤマハのポプコン経由のデビュー組なので
色んな「大人の事情」が垣間見えた気がしないでもないですが
そんなのは作品の素晴らしさには一切関係のない事。
今聴いても全く遜色のない極上のポップスアルバムでした。
ここ数日、車の中そして仕事中ずっとリピートで流れております(笑)

シュガーは活動期間中、4枚のアルバムを残して1987年に解散。
その後、1990年にベース担当のモーリさんが第一子出産の際に病気で29歳の若さで死亡。
CDになってるのはどうやらこの1stだけのようですが
ぜひ全部のアルバムを聴いてみたいとこです。
特に事務所が変わった後のラストアルバム「29:00AM」が興味アリアリ!

参考資料:ファンの方が作成されたディスコグラフィーページです。
http://logicwolf.sakura.ne.jp/artists/sugar/

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31