ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

初ディストーション経験 - アニソンバンドリハーサル

May 04 2015

5/9に京都シルバーウィングスで開かれる
「二次子二次雄 第十二話「オノレノ ヘヤニ イマス」@祇園 SILVER WINGS 」という
アニソンイベントにバンド形式で出る事になりました。

女性メンバー二人から「5/9空いてますか」と聞かれて「うん」と答えて
「その日テルさんがキーボードですよ」と「ほう、ヤツも出るなら参加するよ」と答えて
フタを開けてみるとテル氏はすでに逃亡してた、という経緯で結成したバンドです(笑)

一人だけ40代(もちろん自分)が混ざっている、という事に目を背けたい現実があるものの
年下の音楽仲間が誘ってくれるというのはとても光栄な事なので
いっちょ本気で取り組んでみますか、という事になりました。
最年長という事もありいい加減な事も出来ませんしね・・普通わね。

渡された曲は5曲。
さすがに世代が違うという事もあり、提示された曲をほぼ知らなかったので
1曲だけわがままを言わせてもらって大好きな曲をセットリストに組み込んでもらう。

しかし、1曲を除いた3曲がもうアレンジが完全にハードロックに近く
「今までこんな音で弾いた事ねえよ!」という事に直面しまして。

BOØWY、ロンドンパンク、ロカビリー、R&B、そして50’s-60’s Pops
などのバンドでしか演奏した事がないので、今まではオーバードライブやアンプの歪みだけで
充分対処出来ていたのですよ。
ところが渡された音源から聞こえてくる音は完全にディストーションサウンド。
まずはサウンド作りからという事になり、家で「こんな感じかな?」と作った音を持って
本日初めてリハーサルに突入してまいりました。

そういえばツインギター編成というのも生まれて初めてな経験かも。
今まではヴォーカルがギターを持つという事があっても
完全なギタリスト二人編成というのは発表会などを除いて初めてだと思います。

2015-05-05 01.18.23

ボケボケの写真が自分の焦りっぷりを表しております。
もう一人のギタリストに「どっち使う?」と聞いてみると「JC使わせて下さい」という事
だったので、今まで使った事のなかったマーシャルをチョイス。
ハードな歪み、という事ならいっその事・・・!とこのスタックタイプを選ぶあたり
自分の頭の悪さが露呈してる感じもしますが。

さて音を出してみると、懸念してたハウリングなどはなかったんですが
ここまで歪ませると音を鳴らす、というより「鳴らさないための努力」が必要な事に
長い事ギターを弾いてきて初めて気づきました。
ブレイク時などいつも以上に気を使わなければ、勝手に弦が鳴ってしまいます(笑)

最初は面食らってましたけど、演奏を重ねる上でだいぶ音圧にも慣れてきました。
ミュートして低音弦をゴンゴン刻むってのもなかなか楽しいもんですね。

さて、残りは本番を残すのみ。
初めてづくしの経験、プレッシャーはあるもののめいっぱい楽しみたいと思います!

イベント詳細はこちら。

★二次子二次雄 第十二話「オノレノ ヘヤニ イマス」@祇園 SILVER WINGS
★SCHEDULE: 2015/05/09(Sat)
★OPEN:17:00~ Start 17:30~
★SYSTEM:Adv \1,700 / Door \2,200
(別途1ドリンク¥600要)
★ACCESS:〒605-0064
京都市東山区東大路通新橋上ル西側 梅本町270
プレステージ祇園 1F
★TEL/FAX: 075-204-9966
★出演:
– IWASHI BOYS
DYNAMITE EXPLOSION
– Takashi
– サイドギャザー
– Schwarzen Sechs Jizo
– マッスルランズオーケストラ
‐ ひらやま大吾(OA)
‐ DJ BA

本日のラーメン

リハーサル先であるスタジオ246大宮には国道171号線で向かっていたので
いつもなら閉店してしまっている彩華ラーメンへ寄りました。

2015-05-04 22.02.14

なんかチャーシューがとてもきれいな形に変わってる気が・・・
昔はこんなんじゃなかったような。

また久しぶりに天理の方にも食べに行きたいなあ。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Mar 2017 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30