ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

10年以上ぶり、しかし初めての共演が叶った日

October 14 2017

本日はダブルキングカフェでのライブでしたが、キーボーディストの都合がつかずにツインギターでという事になりました。
確か以前、姫路セントラルパークにみんなで行った時もこういう時がありましたので、快く了承。
しかも、ツインギターのお相手は井関[Daddy]謙治氏!
一つ年上の良きアニキとも言える方で、以前ツインギターでご一緒したのはボーカルスクール発表会のバックバンドでした。

あれはもう10年以上前ですかね。
ステージ上で並んで座って様々な曲を演奏していく際に、例えばボーカルの声量に合わせて微妙にボリュームコントロールをペダルで行ったりとか、並んで音を出すからこそ分かるステージ上での音量、音色などなどめちゃめちゃ勉強になったのでした。

FAUN TIMEにホーン・セクションが入って自分のプレイに行き詰まった時は実際に習いに行ったりもしました。
マンツーマンで教わっているその際、どうもその張り詰めた感にどうしてもボケたくなってしまい

アニキ「この場合、ミクソリディアンとかよりもリディアンとか~」
僕「で、次はチロリアンですかね?」
アニキ「・・・真面目にやろか」
と怒られたエピソードは今ではすっかりネタとして語り草になっています(テヘ

「大人の文化祭」などでは最近ご一緒してるのですが同じステージでしかもライブ形式ってのは初めて。
同じパートの人間ってそれこそ会うだけでも難しいのにこれはとてもレアな機会!
前もってセットリストを決めてもらい、そのリストを見ながらパートの割り振りをエクセルファイルに記入していくという前準備。
・・・・・こういう事をしてしまうのは性格なんですが、最近はこういうのを嫌う人もいるんだなと言う事を知りましてね。
でも、アニキならきっと許してくれるという甘えモードで割り振っていく。

「僕がアコギでガシャガシャ弾きます」
「エレキ弾きます。イントロは僕が出ますので。」
「現場対応で」

・・・・うん、きっとこれだけでなんとかしてくれる(笑)
ただし、ツインリードのフレーズがある曲はきっちりときっちりと分けましたよ。
「僕が(から聞こえるギター)行きますのでアニキはで!」
・・・・うん、きっとこれだけで(以下r

実際に4ステージ、何の問題もなく完走出来ました。
姫路の皆さんにも『うん、何の問題もないです」と言うてもらえましたし実際とても楽しかった!
途中、アコギの弦を叩き切ってしまうというハプニングもありましたが、曲が台無しになるような事はなかったです。

アニキはきっとリアはハムだろうな、と思ってシングルのサンバースト君持って行って正解です(笑)

「ツインギターは好きじゃないけどエディとならまたやってみたい」というお言葉も頂きました!
これが後輩としてはなによりのご褒美じゃないでしょうか!
というか、実際は色々とステージ上でフォローしてもらえたので何とかなったんでしょうけども。

今回はいわばイレギュラーな形での共演になりましたけども、いずれはアニキ直々に「こんなんやるから手伝ってくれ」と言われる形を目指して精進したいですね。

まずはチロリアン・スケールを(違

とても楽しい夜となりました。
またこういう機会があればいいなと思います。

ひっさしぶりにトラックバックでも送ってみようかな(笑)

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30