ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: プラモデル

造形授業12時間目 ― 再開、連邦の白いヤツ

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も12時間目。 前回までの経緯はこちら。 造形授業11時間目 ― 次はもちろん連邦の白いヤツ おっと、埋め込み機能が復活してやがるぜ。さすがはWordpress4.7.3。 つーか、やっぱりバグやったんかいおい。 2月は色んな事でバタバタ(文化祭の準備など)していたので中断してましたが さすがにほったらかすわけにはいかない。 前回、片足が出来てたので今回も脚部から作って行く事にする。 ここの部分だけセメントで盛り上げておく。 一度作った脚部なので、ここまではそれなりにスムーズに行きました。 脚部を作り終えて残り15分。 次はやっぱり腕部分って事でランナーからパーツを切り出していく。 ザクと違ってやっぱりガンダムは部品が細かい……(続きを読む)

造形授業11時間目 ― 次はもちろん連邦の白いヤツ

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も11時間目。 前回までの経緯はこちら。 https://blog.g-fellows.com/plasitic-model/7449 さて、前回でMS-06Sは完成して30年ぶり以上のプラモ完成と相成りましてほっと一息なのですが、プレゼントでもらったのは合計4つのガンプラ。 ってなわけで、次の制作物を選ぶ事になるわけです。 もらったガンプラはシャアザク、シャアズゴ、ガンダム、GM。 このまま赤いの(シャアズゴ)を制作するという事も考えましたが、ここはやっぱり主役機。 かの300円キット、そしてGアーマーも何度か作ったので、同じ1/144スケールのガンダムがどう進化しているのかも楽しみ。 箱を開けてみる。 Oh………(続きを読む)

造形授業10時間目 ― ようやくシャアザクが完成に。

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も10時間目。 前回までの経緯はこちら。 https://blog.g-fellows.com/plasitic-model/7433/ 前回はスミ入れを開始するものの溶剤が無くて拭き取りが出来ない、という所で頓挫しておりましたが色々と物資を買いそろえて来ました。 ガンダムマーカー専用の「消しペン」、そしてタミヤのエナメル系溶剤X-20。 2つで305円なり。 今回は手っ取り早く溶剤でガンダムマーカーを拭き取るという作業にしました。 特に動力パイプ系のやつはほんのり汚れた感が出てくれればそれで良いので、溶剤の方が作業はしやすかったです。 それと同時に唯一塗らなければならなかったヒートホークの処理も開始。 今年最初の姫路での演……(続きを読む)

造形授業9時間目 ― スミ入れ工程。しかし、中断。

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も9時間目。 前回までの経緯はこちら。 https://blog.g-fellows.com/plasitic-model/7411/ 頭部の上下の合わせ目に関しては、消す人もいるが自分の場合はこれを許容する事に。 そして胴体も肩部分と脇腹に合わせ目が発生しているんだが、ザクの場合、脇腹は動力パイプに隠れるのでこれも許容。 ・・・決して面倒くさくなったわけじゃないよw 完成品をヤフオクで売るとかになると、これはあかんのだけどまだプラモ造り復帰1作目なのでね(笑) というわけで合わせ目消し工程は完了。 次はスミ入れ工程に進む。 元々はバンドメンバーからもらったこのプラモであるが、その時に丁寧にこれもくれた。 ガンダムマーカー(……(続きを読む)

造形授業8時間目 ― ショルダースパイクはある意味、山場。

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も8時間目。 前回までの経緯はこちら。 https://blog.g-fellows.com/plasitic-model/7389/ さて、足の合わせ目を消した前回に引き続き、今回は腕パーツ。 一番目立つであろう、ザクの象徴でもある左肩のスパイクの合わせ目を消す作業から。 腕の部分は溝が彫ってあったりするのでそれなりにやっかいそう。 こんな感じでペーパーを400-1200番と順番にかけていく。 ペーパーをかけ終わってから全体を激落ちくんでこすった段階がこちら。 続いて肩部分(スパイクで見えないのだけど一応)と肘から先の部分にとりかかる。 手前が激落ちくん処理済み。向こうがまだ未処理。 テカり方が全然違うのがよくわかる。 ・……(続きを読む)

造形授業7時間目 ― 激落ちくんの激効果とは

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も7時間目。 24時間の内、どこかで1時間だけきっちりと集中するというやり方は、どうやら自分の性格に合っている様子でこれからもこのスタイルで続けて行きたいもんである。 これが筋トレとかならもっといいんだろうけどw 前回までの経緯はこちら。 https://blog.g-fellows.com/plasitic-model/7366/ とりあえずシャアザクは大地・・・いや机の上には立った。 ベリンガーのミキサーの上にも立った。 やっぱりシャアザクはバズーカだよね、って事で。 ・・・・この時点でそれなりに楽しんでいるには違いないのだけれど、せっかくだからもっときっちりと仕上げて愛でたいので再度分解する。 ポリキャップ関節パーツの……(続きを読む)

 
1 / 212

« Feb 2017 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31