ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

最新マッサージチェアに触れた日

November 30 2012

気がついたら起きてから24時間経ってるじゃねーか、というのは
一人自営業を営む戦士達にはよくある話。

「あー、しんどー」と思いながらの午前8時の帰り道、
ふと信号待ちの交差点の右側を見ると、スーパー銭湯が。
「朝風呂、8時より営業中!」と書かれたノボリに誘われる様に入店。

気温5℃の中での露天風呂やサウナ、そしてジェットバスなどで
全身骨抜きにされた後、こうなったら整体でもやっちまうかと思ったけども
まだ時間が早くて整体のおねえちゃん達は出勤していなかった。
決しておねえちゃんじゃなかったから拒否したのではない。誰もいなかったんだ。本当だ。

風呂あがりドリンクに瓶のフルーツ牛乳が置いてない事に
若干失望を覚えながらも、奥の自動販売機コーナーに歩を進める。

そこにはマッサージチェアが3つ鎮座していた。
左から順番に15分間の値段が100円、200円、300円。
この値段設定の差は恐らくチェア自体の機能差だろうと、直感的に思い
ついさっきまで、整体のおねえちゃんに30分4500円を払おうとしていた僕は
迷うことなく300円の椅子に座った。
決していつも一番高い椅子に座っているわけではない。気が大きくなってたんだ。本当だ。

そこにあったのはこの機種。

http://panasonic.jp/realpro/design/

パナソニックのEP-MA70。価格.comでも堂々の1位機種だ。
普段100円の背中しかゴリゴリしない機種しか使わない僕にとって
フットレストまである機種とのバトルは初。

「ほほう。ここに座るのだな。」と足を固定して、全自動ボタンを押す。
そこでよく腕の辺りを見ると、肘掛けがカニのハサミの様になっている。

「これはもしかして・・・・・」

そう、腕もこの中に挟むのである。
完全に腕も足も固定されるのだ。
若干Mっ気もない事はない自分にとっては手も足も固定、というシチュには
すこしだけ頬が染まる思いである。

音声アナウンスが「マッサージを開始します」と僕に告げる。
足が手がぎゅうううと締め付けられて、この快楽椅子は動き出す。
背もたれが後ろに倒れていく。
椅子にそういう機能がついているんだろう、人肌程度に温められているのがニクイ。

・・・・・まさか足があんな方向に曲がるなんて・・・・!

音声アナウンスが告げる。
「痛くありませんか?ボタンで調節してください。」

腕も固定されてるのにどうやって・・・・と思ったけど
こいつはあれか。そういう事か。出来ないとわかってて聞いてくる理不尽な女王様なのか。

15分間のプレイの後、固定されていた椅子から開放された。
この虚脱感・・・これはまさにアレだ。アレの後だ。

家に帰って即座に眠りに落ちたのは言うまでもない。

とまあ、恐らく寝てないせいでこんなアホな妄想をしてたわけですけれども
最新のマッサージチェアってスゴイですわ。
腕全体をほぐすとか、よくもここまで考えれるもんです。

音声アナウンスをSDカードで好きなmp3に差し替えたりする機能が追加されたら
まあ、いろいろとねえ・・・・・フフフフ。

絶対そんな機能は追加されないでしょうけどね。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30