一人部活動である「うどん部」「パン部」創設以来、
月に薄力粉、強力粉それぞれ5kgぐらい買う様になってしまいました。
その分、米の消費量は減っているのですが、電気代やバター代で
もしかしたら節約どころが食費上がってんじゃねーのかとか思ってますが
趣味なので別会計、という事にしておきましょうか(笑)

スコーン焼いたりとか色んな物に挑戦してますけども
今回はロシア料理である揚げピロシキにトライしてみました。
ピロシキはヨーロッパ側ではオーブンで焼き、シベリア側では揚げるのですけど
日本では揚げたものの方がメジャーな気がします。

揚げピロシキ

参考文献はこちら。ロシア料理のレシピ集は日本ではすごく少ないですけども
この本は文化の事などに触れられていてとてもオススメです。

家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!

家庭で作れるロシア料理 ダーチャの菜園の恵みがいっぱい!

荻野 恭子, 沼野 恭子
¥1,793(as of 06/14 11:42)
Amazon product information

発酵させた生地を揚げる、というのは初めての経験でしたが
よく考えりゃドーナツなんかもそうやって作るんですな(笑)
生地を揚げた後に黒糖なんぞまぶしたらシンプルでおいしそうだなーと思ってます。

そういえば学校給食で揚げパンが出たか?という話題がよく出ますけども
自分が小学校に行ってた頃は揚げパンにはお目にかかれませんでした。
広島出身の嫁さんも「揚げパンは出た事ない」と言ってたのでちょいと調べてみると
揚げパンは戦後にカロリー値を稼ぐのを目的で東京の大田区立嶺町小学校で
最初に作られたのが学校給食での始まりみたい。

なので、年代的にも地域的にも自分達は関係がなかったのかも知れません。
確かに学校給食に組み込むにはカロリーが高くなりすぎるかもなあ。

家でこうして揚げたピロシキはとても美味しく食べる事が出来ました。
中の具とかも色々考えれるし、そして意外にも面倒くさくなかったのもよかった(笑)
二次発酵とかベンチタイムとか黄身塗ったりとかせずに即揚げりゃいいのが
なんとも自分的には楽だったのでした。