ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

鼻茸 - またもぶり返す鼻の中の匂い

February 24 2013

鼻茸切除からもう1年と2ヶ月ですか。
あの時みたいに完全に息が出来ないという事はないのですけども
蓄膿持ちの悲しさ、またあのイヤな匂いが鼻の中にカムバックしてきました。

この症状が出だすと一番困るのは「匂いがしない」という事なんですな。
料理しててニンニクをオリーブオイルで炒めたりしてても
あの香ばしい香りが全くしないのですよ。
さすがに都市ガスの匂いにまでなると、匂いを感じるんですけども
匂いがしないというのはヘタすると腐った食いもんすらわからん、という
人としての最低限の危機管理能力がないみたいでなんとなく憂鬱になるんですわねえ。

街を歩いてても「お、良い匂い!腹減った!」って事がないのです。
それよりもこの鼻の中のイヤな匂いが、外に漏れてたらどうしよう・・という
心配もすこしあったりします。
まあ、ここ最近は家族以外に鼻の臭いを感じるほどの密接な接触も皆無ですので
この辺りの心配はするだけ無駄って事かもしれません。
そういう機会も予定も何もございません。
そもそも何を調子にのっておるんだお前は、という一言で終わる事です。ええ。
(´;ω;`)ブワッ

ここいらでやっぱり蓄膿症の根本的手術が必要なのかもしれませんねえ。
蓄膿の手術は昔みたいに、唇の下にメス入れて頭蓋骨に穴開ける方法ではなくて
内視鏡ですべて手術が可能らしいんですけども
さすがに入院はせねばならんようで、これもまためんどくさい・・・

なので、食塩水で鼻うがいをしまくるという対処法で乗り切ってます。
鼻うがいも慣れたらけっこう快適で、あの「何も鼻の中にない感覚」は
なかなか捨てがたいものがあったり(笑)

しかし、鼻うがいで細菌が増えて死亡に至る、というケースも存在するらしい

http://www.narinari.com/Nd/20120818830.html

民間療法のリスク、って事なんでしょうなあ。
やっぱりちゃんと耳鼻科に行って、薬出してもらうなりした方が
よさげなので、あのクールな先生に会いに行くがてら
久しぶりに耳鼻科に行ってみようかなと考えております。

それにしても膿なんてたまらなくていいから、ゼニがたまりませんかね。
膿を蓄積して蓄膿、とかうまいこと言いやがって・・・とか思いますけど
それはまあ別の次元のお話って事で(笑)

| Posted in 医療・健康 | Comments (2)

2 Comments

  1. まるこ
    Posted 2013年2月26日 at 10:45 PM |

    ちょっと前にこの鼻洗浄器での脳炎の話、テレビ番組で見たー!
    その時は器具を清潔に扱っていなかったのが原因って言ってたと思う。

    それにしても鼻の中に臭う子が居るなんてさぞかし不快だろうね(~_~;)痛い目せずに良くなるといいんだけどねぇ(>_<)
    お大事に!

  2. Gaku@管理人
    Posted 2013年2月27日 at 4:02 AM |

    恐らく溜まってる膿を吸い出して、薬処方って形になると思うんよ。
    吸引とネブライザー治療は継続してやらんといかんのだけども
    ついついめんどくさくなってしまって通わなくなるんだわねw

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30