ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ルールや常識、それは他人の目から見てどうなのかというバランス

November 01 2013

taro2emp4

話題の山本太郎議員による天皇陛下への直訴手渡しに関して
溢れかえる色んな意見について思う事がある。

ルールや常識は破ってこそ新たな道は開かれる、なんて事を言う人もよく見ますが
僕はこんな無責任な事は言いたくありません。

「気持ちさえ純粋ならば何をやってもかまわない」って言葉は
パッと聞けばいい言葉に聞こえがちですけども
それをじゃあ世界中の人間が一斉にやり出せばどうなるんだって事を想像出来るか、が鍵です。
これはもうテロリストと変わらない思考で、2/26事件の青年将校達も
これと同じ事を言いながら重臣達を次々と殺していったわけです。
「国家の為」という名目を盾に。

世に溢れる心のカウンセラーみたいな連中が
弱ってる人間から金を巻きあげるのは、たいていこういった
「その人が必要としている甘い言葉を売りつける対価」であって、
その人の行動にまで責任を持っているわけではない。
僕はこういう連中が心の底から大嫌いです。

ルールや常識には2種類あって、世間から見た自分と自分の内面にあるものの2つ。
それをごちゃまぜにして何でもかんでも壊しちまえ、と言うのは
いい大人ならばおかしいと気づかなければいけないと思うんですが。

僕自身が心がけている事は
「この行動を他の人間が一斉にやりだせばどうなるのか」
というボーダーラインで全ての行動を考える、という事です。

食事に行って子供達が床に食べこぼしたものを全部拭き取って帰るのも
演奏してる所をバシバシと写真や動画を撮る人間に対して怒るのも
全てはこのボーダーラインで判断しての行動。

今回の山本議員の行動はこの日本の成り立ち、そしてルールから見て
皆目おかしい事をやってしまったわけで、それに対して「気持ち」とかいうのを
最優先に持ってくるのはこれはもう危険この上ない思考。
(現状をお伝えしたい、という気持ちは理解できますが)

それにしても警護を担当してた側はあまりにもお粗末で、
何かを手渡そうとした人間に対してなんのアクションも取れてませんでした。
これが手紙だったからまだよかったものの、これがナイフやピストルなら
それこそ取り返しがつかない事態になってたかも知れません。

国家の最重要とも言える人物に対して、公の場で直接物を手渡すことを許した、なんて
色んな意味で最悪の前例を作ってしまったとしか思えないのです。

| Posted in ニュース | Comments (3)

3 Comments

  1. ほっぴーです
    Posted 2013年11月2日 at 3:06 PM |

    うちの後輩が恥ずかしい行動をしてしまい、OB一同赤面の思いです。。。

    ほんとバカ太郎は学校の警告を無視してメロリンQをやった頃からなにも成長してないなぁ、と思いました。
    同時にこいつに票を入れた都民の皆さんには深く考えていただきたいと思いました。

    >>(現状をお伝えしたい、という気持ちは理解できますが)
    すみません、これも大変失礼なお話でして
    天皇、皇后は(すみませんバンザイな人間ではないので敬称は略させていただきます)何度も福島や東被災地に出向いて、下手な議員(山本太郎含む)より現状も住民の声も聞いているはずです。
    少なくとも現地の人は山本太郎より天皇、皇后に心情をうったえますよね。

    ほんと、考えなしのバカってのは治らんのですね。
    学校の名前ぶら下げてTVに出たときから、こいつの名前を聞くたびに恥ずかしい思いをします。
    議員になっても同じ思いをさせられるとは・・・

    まさしく「遺憾」です。

  2. Gaku@管理人
    Posted 2013年11月6日 at 4:50 AM |

    おお、ほっぴーさんはあの坂の上の学校の出身なのですね!
    実はワタクシ、併願であそこを受けておりまして(笑)
    なんとも奇遇ですねえ、ほんと!

    僕は役者としてのメロリンは好きなんですよねえ。
    「光の雨」とかなかなかいい演技してたなあと思うんですけども
    今回の議員になるまでの経緯は、どうもブレーンにややこしいのがいてそうな
    感じがするんですよね・・・

  3. ほっぴーです
    Posted 2013年11月6日 at 8:33 AM |

    はい、あの坂の上の学校に中高と通っておりました。
    ほんと奇遇でございます(^^;
    ネットは広いようで狭いのかもしれません。いや、ネットが人の距離を縮めたのかな?

    役者として・・・じつは先入観がありあまり見ていません。
    でも、ミナミの帝王など固定役ももっていたようで、役者としてはそれなりに成功したのでしょう。
    でも、人間勘違いはだめですよね。
    ブレーンなる人間にも、そういった驕ったところをつかれたのでしょう。
    「福島を救えるのは先生だけなんですよ!」なんてね。

    知名度があって頭が足りないのは格好の獲物なのでしょう。
    政治だけに限らず、宗教や悪徳商法に利用される芸能人の多いこと・・・
    結局太郎もそのひとりなのかもしれませんね。

    今、国会で責任問題に発展してているようで・・・
    もちろん処分されれば芸能界カンバックも難しいでしょう。

    彼の人生どうなることやら。です。

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31