ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

自炊歴24年にして初めてのマイエプロンを購入

April 19 2014

思えば最初に独り暮らしを始めた18歳の頃から
「自炊した方が安く腹一杯食える」というアニマルチックな理由で自炊を始めましたが
プラモデルを作る感覚と似ていたのがマッチしたのか、趣味としては継続しとります。

しかし最近はパン焼いたり、あんかけ的な物を作る事が増えたためか
普段着のままだと粉まみれになってしまうケースが非常に増えてきまして
これじゃあいかん、とAmazonでエプロンを物色開始。

なんせ185センチという身長(そして太い)という体型である以上
そんな男性用エプロンなんかあるんか、というのが先にアタマをよぎる。

身長が高いと「いいなあ」とよく言われますが、メリットなんてそんなにござんせん。
バンドの衣装を新調する時なんて「お前のせいで既製品無理やからオーダー品や」と
無駄な出費を他人にまで強要するシチュエーションに遭遇した場合、
はたしてあなたはヘラヘラと笑っていられますか?否!それは無理でしょ絶対。

そんなこんなで「既製品の物を探す」という事に関しては
それなりに臆病になってたままのガラスの42歳。
ましてやエプロンなんて、ほぼ需要は女性に限られているのでそんなデカサイズあんのか、と。
でもさすがはAmazon。そういう品もきっちりご用意されてるようで。

値段も手頃だしPrime対応だし、って事でさっそく発注。
届いてみたら生地も安っぽい感じではなく、厚すぎず薄すぎず。
着丈84センチというのは自分の身長だと、膝上ぐらいまでカバーしてくれます。
背面でクロスさせて、ガイドに通して着るタイプなので作業中のズレもほぼない。
前面右側に広めのポケットが付いてるのも大変よろしい。
レシピサイト「Cook-man.com」に載せる写真を撮影するスマホをここに入れておけるのは
とても気が楽になりました。(今まではあちこちに置いて見失うケースが・・・)

まあ、この値段でこのクオリティならなんの問題もないです。
それこそ色違いで数枚買っといてもいいかもと思いました(笑)

やっぱエプロンを装着すると「よっしゃ、家事すんぞ」って気持ちになるのが不思議。
ドラマで割烹着をたすきあげて家事を開始しようとしていた池内淳子さんの描写の意味が
ようやくこの年齢になってわかったよ・・・・

昨日の睡眠についての記事もそうだけど
人生、半分は食ってるか眠ってるかってのは事実なので、
そのどちらも楽しんだ方が得な気がしますわね。

いい買い物でした。

| Posted in 物欲 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31