ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

青空 ― EXPOCITY「オヤジバンド選手権」とハロウィンな姫路ナイト

October 26 2019

夏頃から演奏場所を求めてあちこち放浪している呑めないオヤジ二人ユニット「GEKO」ですが、ちょうどその頃にららぽーと主催の「オヤジバンド選手権」というのを見つけていまして。

大阪会場は近所のEXPOCITY「空の広場」。
あのガンダムとザクの真ん前にある特設ステージとの事。
「あそこで演奏出来るならいいな」とまずは書類と動画音源の審査に応募してみました。
40歳以上で2名以上のユニットならOK、との事でしたので。
まずは8組が選出されて、ここを通過するとららぽーと川崎で行われる決勝大会に出場出来るとか。
すると、ありがたく審査を通過して本日がその演奏日となりました。

AM10時。空はお約束の曇り空。
いずれは雨降ってくるんかな、と思いつつもリハーサル。
もちろんすでにお客さんはたっくさんいるので公開リハーサル状態なのですが(笑)
参加ユニットの中でギター1本とボーカル、という超最小編成は我々のみ。
なので、PAから出てたブチブチノイズ(オペレータさんは『原因不明』とだけ言うてましたが)がとても気になったんですが、まあこういうイベントで食い下がった所で改善されるわけでもないのはある程度理解済み。

予選参加のご褒美として5000円のEXPOCITY商品券、リポビタンD一箱、島村楽器スタジオチケット6時間分を頂きました。
さっそくそれでフードコートにて昼飯を食らう我々。

EXPOCITY、フードコートにある「全国ご当地丼ぶり屋台」の大阪「牛カルビ焼き肉丼」(980円)。
ここのフードコートでは、たいていはタイ料理の「ティーヌン」で食べますが、今日はなんせ商品券があるので♡

14時、イベントスタートで我々は二組目でした。
持ち時間は10分。今回の演奏曲は

  1. やさしさに包まれたなら(荒井由美)
  2. Eight Days a Week (The Beatles)
  3. Just the Way You Are (Bruno Mars)

今でも脳裏に焼き付いて離れないのですがちょうど「Just the Way You Are」のイントロを弾き始めた時に、雲の隙間から太陽が差し込んできまして。
あれはものすごくテンションが上がったなあ。

演奏を終えてすぐに自分は姫路に向かわなければならなかったのですぐに会場を後に。
後に残るVo、Shinさんに全てお任せして久々の中国道経由で西へ走ります。

ダブルキングカフェ姫路に到着したのは16:30頃。
他のユニットの演奏も、そして結果発表も気になりつつもセッティング開始。

本日はダブキン恒例のハロウィンナイト、プラス、たまにあるキーボードレスのツインギター編成。
ツインギターのお相手はもはやお馴染みの井関"Daddy"謙治兄さんであります。
もうここでは3回目ぐらいになるのかな。
もちろんいつもの様にアコギとエレキ、そしてマイアンプを持ち込んで挑みます。

リハーサルの最中にEXPOCITYに残ったShinさんから「あかんかったわー」とのメールが届く。
正直「あわよくば決勝」という気持ちももちろんありましたからなんとも残念(笑)
ただShinさんは「グローバルワーク賞」というのを受賞して、ネルシャツをもらいました(笑)

しかし、世の中には40歳超えた人達があそこまでたくさん音楽を楽しんでいる、という事実に勇気をもらえました。
そして、上手い人もいーーっぱいいるって事も(笑)
これからも精進しなけりゃなあ、という気持ちもムクムクと。
そういえば、10代の頃に出た「ティーンズ・ミュージック・フェスティバル」以来ですかね、コンテスト形式で「審査」という物をされるのは。
そういうのもとっても新鮮な気持ちでした。
次は地元、高槻ジャズストリート出演を改めて二人で目指してみようかと思います。
あのイベントはなんせ毎年1000組を超える応募があるって事なのでやる気も出ますわい。
応募の前にまず「応募資格を得るための動画審査」ってのがあるそうで。
・・・・・・その段階でハネられたらどないしよ(笑)

19時に姫路での演奏はスタート。
本日はハロウィンナイトって事で毎年恒例の仮装ナイト。
ボーカルのお二人はマリオとルイージでした(笑)
普通に考えたら女性Voはその場合ピーチ姫ちゃうんかい、と思いつつも(笑)
バックメンは今回は仮装なし。
今日は曲間のギター持ち替えもあるので、カブリ物してたらもたつきそうな気も若干しましたのでw

本日のベースは盟友ハックさん。
キーボードがいない、というこの状況で彼が大人しくしてるはずもなく(笑)
気がつけばギター2本、とベースでそれぞれ単音奏でて和音を形成するなどのアグレッシブなアプローチがw

帰り道はダディ兄さんを送りつつ、機材の話や演奏場所の話などなどで盛り上がりました。

帰宅したのは午前2時半ごろ。
風呂に入った直後に倒れ込むように眠ってしまいましたとさ。

長い一日でしたが弾き三昧でとっても充実な1日でした。
さて、明日からはいわゆる月末進行って事でギター弾くのはしばらくお預けであります(笑)

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2019 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30