ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

姫路はゆかた祭り、そして新しいアンプ

June 22 2013

毎月一度はお邪魔している姫路でのライブ。
夕方、大阪を出て姫路に入ったのが暗くなる寸前だったのですけど
すごい人混みで、いつもならすんなり通れる所が通行止めとかになってました。

姫路ゆかたまつりの初日だったわけです。
噂には聞いてましたけども、こんなに規模の大きいものとは知りませんでした。

細い道を縫うように車を走らせていつも使っているコインパーキングに。
もちろん満車でしたが、1台も待ってない状態だったので
そのままエンジンを止めて誰かが出て行くのを待つことに。

車の窓を開けてぼーっと外を眺めていると
次々と通り過ぎていく色とりどりの浴衣姿のお姉ちゃん達。
いつもここで空きを待つ時は、なんとも味気ない空虚な時間なんだけども
今日はいつまでもここで外を眺めていたい気分でした(笑)

20分ぐらい待った所で車が1台出て行き、無事に車を停める事が出来た。
機材を引きずって店まで歩く間、屋台を見ながら歩く。
・・・・・なんかもう昔とは違ってほんと色んなものがあるんやなあ・・・

店に着いてセッティング完了。
最近、この店にはなぜかたくさんギターアンプが増えている。
ちょいと前までは新旧のPeaveyのBanditしかなかったんですけども
今では5150やジャズコーラスなどなど色んなものが置いてあるのです。

せっかくなんでいっちょ使ってみようと今日はこいつをチョイス。
2013-06-22 19.29.28

Hughes & Kettner(ヒュースアンドケトナー)のヘッドと
マーシャルのキャビネットの組み合わせである。
こんなルックスにも関わらず、なんとこのヘッドはトランジスタだそうで。
横においてあったジャズコーラスが古いタイプでセンドリターンがなかったので
こいつを使ってみようと思ったのでした。

スタックアンプって昔は何度か使った事あるんですけども
あんまりいい印象がなかったんで避けてたんですよね。
なんかキャビとの組み合わせとかそんなのも面倒くさくて(笑)

使ってみると全体的にとてもいいバランスで音が出てまして
高、中域の出音がマイアンプのHot Rod Devilleに似てたのですごく使いやすかったです。

ま、自分でこいつを持とうとは思わないけれどw

合計4ステージ、いい音を出せてとても楽しかったんですけれども
やっぱり膝にはあんまりよろしくないようで、かなり痛みました。
サポーターやテーピングなどで固定しなければちょいと厳しそうです・・・

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31