ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

抜けない習慣 - 二拍目のアクセント

November 16 2014

押尾コータロー氏のスコアを買って一生懸命コピーに励んでいるわけですが
まずは定番とご本人もおっしゃってる「Hard Rain」に挑戦。

チューニングが6弦側からGGDGGDというなんとも言えないチューニングで
6弦なんてEから6度も下げてるわけですから、グンニャグニャでかなり力抜いて押さえないと
あっという間にピッチが狂ってしまいます。。

しかし、この曲のイントロから早くも苦戦w
2拍目のアクセントでボディを叩くというのがまず出来ない。
そら30年近くギターを弾いてきてやね。
アクセントつける言うたら弦を強めにヒットする、というのが染みついてますねん。
それをいきなりボディ叩く、というのに変更するのはとても難しいわけですよ。
車運転してて猫が飛び出してきて「あ、止まらな」と思う時にブレーキ踏むのを
つま先をブレーキの下に滑り込ませてペダルを引き上げるみたいなもんでっせ。

でもこういうのを会得した時にプレイの幅が広がるんやろね恐らく。
ソリッドのエレキ弾いてる時にもボディ叩いてしまいそうなぐらいに
最近は右手がおかしな事になりつつありますが、コピーしてて楽しいので
あんまり苦ではありません。

そしてこの曲、アコギでここまでガッシャガシャやるわけですから
当然の如く、家族や周りのお家が寝静まった夜中には練習出来ません(笑)
昼間にしか練習出来ない。そういう意味でも身体のためにはいいんじゃないかと
ボディをカンカン叩きながらぼんやりと考えておるわけです。

押尾センセイによる「HARD RAIN」解説動画。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31