ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

せーのドン! - 去年よりは進化した・・・のか?

November 24 2014

もはや毎年恒例となった此花区民ホールでのダンスパーティーでの仕事。
(詳細はバンドのブログにて http://fauntime.com/468/
昨年に引き続き、譜面だけで打ち合わせてせーのドン、というステージが1回だけあった。

「はい」とリハーサル時に配られる譜面。

2014-11-24-16.14

あー、はい・・・・。知らん曲や・・・キーはCで・・と。なんとかなりそう・・かな。

「んじゃいこかー」

え?

・・・・もう次の瞬間に曲になってるってのはどういうこった。
やっぱりね、こういう時に自分の演奏レベルってのを実感するのですよ。
それだけで食べてる、って人達はそれが普通なんだな、と。

もともとはジャズなどの経験、そして知識がほぼないワタクシでございますので
「これが当たり前だぜー」なんていうフフフン感はゼロ。
スリーコードのロケンロールでケツ振りながら満面のドヤ顔で弾いてる自分の顔とは
まったく違う悲壮感が溢れていました。

リハーサル終わってから「なぜあのエンディングはみんな一発で決めれたの」と
正直な疑問をリーダーにぶつけてみると、優しく優しく教えてくれました(笑)
そういう暗黙の了解、みたいなのがやっぱりあるみたいです。

疑問が一つ解けて嬉しい反面、本番が近づくとまた顔面が固まってくる。
1ステージ目はドヤ顔で終えたものの、2ステージ目のインストになると
もう譜面から目が離せなくて、客席なんて全く見えませんでした。

去年と比べて進行を見失う事はなかったので少しは進化してた・・はず。

このステージ終えて、ステージ袖に引き上げる時にリーダーについ言った言葉。

「(いい経験させてもらって)ありがとうございました。」

このバンドも来年は結成20周年になる。
入ってからもう15年以上経つけど、あれだけ雑なプレイをしてた
自分を暖かく育ててくれたのはやっぱりこのバンド、そしてリーダーなんだなあと
感謝の気持ちが本当にいっぱいなのでした。

まだまだ期待に応えなきゃいかんですね。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30