ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

心斎橋徘徊 ― UNCHAINとRock'n Rouge

October 20 2017

本日は心斎橋界隈をウロウロと。
目的はここ最近、ギターを持って参加しているBAR UNCHAINでのVo、しゅんちゃんのライブ。
今日はギターを持たずに家を出ました。
なぜなら今日はずっとお会い出来なかったギタリストがブッキングされていたからです。

そのギタリストは古賀和憲氏。(公式サイトはこちら
過去、たった一度だけFAUN TIMEのトラをお願いした事があったのだけど、その時はメールで譜面や音源などのやりとりをしただけで結局今までずっと会えず、プレイも見れずというまま来てたのですね。
古賀氏は関西のみならず全国を飛び回ってはるほどの売れっ子ギタリスト。
同じギターというパートの場合、こちらから足を運ばないとまず会えない事が多いので本日は楽しみでした。

フラットワウンドの弦から奏でられる自由自在なフレーズに思わず最前線でガン見。
ギター1本で歌のバックをする場合のアプローチって本当によくわかってなかったのです。
ソロとか振られても「いや、コードなくなるやん」と思ってましたが、しっかりとコードトーンを絡めて弾いていくとその音が補完されて聞こえるもんなんですね。
もちろん、コードワークなどの知識もあって出来る事なんですが、とてもじゃないが今の自分には無理。
しかし、何かしらこれからのヒントをたくさんもらえた気がします。
なによりあれだけ弾けたらそーりゃ楽しいやろ、と思いますからね。
「今日は弾かないんです?」としゅんちゃんに言われましたがやんわりと辞退(笑)
「よし弾くぞ!!」と思って来てないし、こういうすごいプレイを見た後ではとてもとてもw

もちろんそれに応えるしゅんちゃんのボーカルも凄まじいものがありました。
同じスタイルでなくとも、あれぐらいのテンションを引き出せるぐらいのプレイが出来るようになりたいと思いましたね。

そして、本日は金曜日。
歩いて3分もかからない所にある心斎橋ロックンルージュでは本日はハウスバンドの演奏日。
まだ見ぬハウスバンドの若い子達がどんな演奏をしているのかを見たくて移動。

みんな笑顔、そして若さ溢れるパワフルな演奏。こりゃあ良い!
こういうスタンスでずっと演奏を積み重ねていけるのであればいいバンドになりそうです。
よくある「上から『これはこうや』と押さえつける」人がいないのが演奏に出てますね(笑)
自分もそれに気を付けなければあかん年代になってきましたなあ、と実感。
・・・・・・・もうこれなら隠居しても大丈夫かな(笑)

演奏終了後「リーゼントはどうやればいいんですか」とギター以外の事を聞かれましたが
とても大事な事に違いない(笑)ので整髪料から何から教えておきました。
ジャコウの香り漂うツヤツヤのリーゼント&ポンパドール姿も近々見られるやもしれませんw

色んな出会いと驚き、そして感動があったいい夜でした。
そしてやっぱり自分はギターを弾くことが好きなんやなあ、と考えながら家路に。
唯一飽きずに30年近く続いてる事やからね。まだまだ楽しませてもらおうかな。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2018 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31