ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

造形授業12時間目 ― 再開、連邦の白いヤツ

March 10 2017

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も12時間目。
前回までの経緯はこちら。

造形授業11時間目 ― 次はもちろん連邦の白いヤツ

おっと、埋め込み機能が復活してやがるぜ。さすがはWordpress4.7.3。
つーか、やっぱりバグやったんかいおい。

2月は色んな事でバタバタ(文化祭の準備など)していたので中断してましたが
さすがにほったらかすわけにはいかない。
前回、片足が出来てたので今回も脚部から作って行く事にする。

ここの部分だけセメントで盛り上げておく。
一度作った脚部なので、ここまではそれなりにスムーズに行きました。

脚部を作り終えて残り15分。
次はやっぱり腕部分って事でランナーからパーツを切り出していく。
ザクと違ってやっぱりガンダムは部品が細かい。
手持ちのニッパーではなかなかパーツが切り外しにくい事が判明したので
先が細くて刃の薄目のニッパーを入手しなければ、と思いましたな。

毎度毎度感心するのが、こういう肩部分などの合わせ目の処理。
貼り合わせてもモールド(筋彫り)として見えるようになっているのが
ここ20年以上のプラモデルの進化よなあやっぱり・・・・

肘内部の可動パーツのこのハマリ具合。
正直、子供の頃に比べて視力が落ちたな、と思わずにはいられない。

昨日見かけたツイートが本当に身にしみる。

わかるよわかるよーー・・・・・(´・ω・`)
だから、今でしょ?(もはや死語

上腕部分にあたるこの部分の合わせ目処理も見事。
腕部分はセメントを使わずに組み立ててもなんの問題もなさそう。
(ペーパーがけして合わせ目を消さなくてよい、という意味で)

と、ここまででチャイムが鳴って本日は終了。

今日の進捗具合はこちら。

次の1時間で両腕まで行ける、かなあ。

| Posted in プラモデル | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31