ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

最終リハーサル終了 - 初心に帰る事の出来る場所へ

August 28 2014

8/31(SUN)に迫った第二回「大人の文化祭」。
前回と同じく京都VOXホールでの開催となる、この我々BOØWYコピバン主催イベント。
主催者側としてはヘタなもん見せるわけにはいかん、と
数ヶ月前からセットリストも決めて真面目に練習しとったわけです。

BOØWYはちょうどギターを始めた時にコピーしまくった、いわば教本みたいなもの。
初めて全曲通して弾けたアルバムがライブアルバムの「GIGS」。

何かを始める時、一番大事なのは「出来た」という小さな自信を積み重ねる事。
一生懸命カセットテープを巻き戻して聴き取りながら指板で音を再現して、
どうしてもわからなければ本屋にダッシュして、バンドスコアを立ち読みして
いわゆる「目々コピ(めめこぴ)」をして家に帰る、という中学時代。
数千円もするバンドスコアなんてお小遣いでは買えないわけですよ(笑)

VHSビデオでライブビデオを何度も見て、指のポジションや
エフェクトの踏み替えタイミングを勉強しながら
ギターマガジンで機材を見て、布袋氏の使ってるMUS-Dのプログラムボード
あちこちに電話して入手したのもいい想い出。
最初にあれだけBOØWYに固執してコピーしまくったおかげで、
エフェクトにも詳しくなれたのはとてもいい道だったと思います。

しかし!それだけコピーしてたにも関わらず
BOØWYのコピバンでギターを弾かないまま、学生生活は終わりを告げました。
そっから20年以上経った今、こうしてBOØWYのコピバンを楽しめてるのは
とてもラッキーな事だと思えるんですよね。

どの曲を弾いててもふと頭をよぎるのは、
あの時使ってたカセットデッキだとか、どこに行ったかわからない最初のギターとか
そんな青臭いというかちょっと小っ恥ずかしい気持ちと一緒の想い出。

そして本日、本番に向けての最終リハーサルを終えました。
学園祭を待つ少年のようなおっさん達はそれぞれ笑顔で夜中の帰路についたとさ。
(おっさんなのはボーカルとギターだけですが)

さあ、あとは楽しむだけ。遊びに来てくれる人達と共に「文化祭」を楽しみます!

2014-08-29-01.57.07

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31