ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ポケモンGo狂騒曲 ― ゲームと共に歩んだ想い出

July 22 2016

この日の朝、噂のポケモンGoが配信開始され、日本でもサービスが開始された。
それをツイッターで確認したのが確かお昼前ぐらいだったかな。
とりあえずダウンロードだけしとこうと思ったのだけど、さすがに混んでるみたいで
「ネットワーク接続待機中」となって全然ダウンロード出来ない。

これはPCのPlayストアからスマホにダウンロード命令(我が家のWi-Fi環境下)を
出したのがまずいのかなと思ったので、一度キャンセルしてスマホ側から
再度ダウンロード指示を出すとあっという間にインストール完了。
ただし、やる事がいっぱいあったんで起動はしなかった。

ここで自分とポケモンの関係を思い返してみる。

実はポケモンって1回もやった事ないんだよなこれが。

最初のゲーム「ポケットモンスター赤・緑」が出たのが1996年2月。
当時自分は25歳。
プレイステーション版の「FF7」が出るのが1997年1月なので、
この頃はまだセガサターンメインで遊んでいた時期と合致する。
当時はスーパー・ファミコンからサターンに乗り換えたばかりで
FF7の発売がプレステで決定されたのを聞いて落胆していた時期かも知れない(笑)

そしてスーパー・ファミコン以降、自分は任天堂のハードを一切所時せずに
メタルギアソリッドシリーズと共にSONYのハードばかりを購入して今まで来た。
なので、ポケモンとの関わりはまさに皆無なのである。

NTTのイベント仕事に関わってた時期は、しょっちゅうポケモンとコラボしてたので
ピカチュウはやたら目にしてたものの、他のポケモンは全然知らない。
もちろんアニメも一度も見た事がない。

さあ、果たしてこんな状況の自分が、実在の世界にポケモンいてる!
となってテンション上げることが可能なのか。
夕方過ぎに起動して、色々とやってみる。

・・・・やっぱり「集める」対象に思い入れがないとなかなか難しい、ね。

これがもし。もしですよ。
ガンダムのモビルスーツが街中で拾える、とかになると話は別かも知れない。
「姫路駅でのみガトー仕様のゲルググキャノンがゲット出来る」とか聞くと
そりゃ演奏で姫路に行く際に、早めに出てまず姫路駅に寄ろうか、となるかもだけど

2016-07-23 09.33.50

・・・・・・誰やお前、ってなるじゃないですか。
知らないんだものw

というわけで「へえ」って感じでとりあえずちまちまと起動しているぐらいの関わり方です。
ただ、日本より先にリリースされた海外では色んな問題が起きてるみたいですね。

ポケモンGOが原因で起きた事件・事故まとめ【随時更新】
http://matome.naver.jp/odai/2146858915690864201

そして歩きスマホな人が増える事が懸念されてますから、
これから国内でも色んな事が起こるやろなあ。

ただ、ビジネス展開としての側面から見ると色々と可能性はありそうですね。
全米のAndroidユーザーの5%がこのゲームをインストールし、継続使用率は60%。
しかも平均利用時間は43分という驚異的な時間。

ポケモンGO、広告でも巨大ビジネスに 「提携店舗」受付開始へ
http://toyokeizai.net/articles/-/127064

店舗がたとえばポケモンジム化やレアポケモンを配信出来るようになるとすれば
人が集まる事になるので、これはビジネス効果としてはとてつもない。

なんせ土曜日の夜中の公園が・・・・これですよw

これからはバンドもライブ情報を掲載する際には
ポケモンGo関連の事も一緒に併せて告知する、とか
会場でルアーモジュール使う、などもしなければいけなくなるかもですなw

さて、いつまでこのブームが続くのか楽しみではあります。
自分自身がどこまでこのゲームにハマっていくのかも楽しみですがw

| Posted in ゲーム | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Mar 2017 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30