ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 音楽

JC-120、永遠の名機であるからこそ悩む個体差

JC-120といえば国産ギターアンプの名機。 なのでそこらで圧倒的に見かける事の多いアンプでもある。 あらゆるスタジオ、そしてあらゆるハコにはほぼコイツが必ずある。 自分が愛用しているマルチエフェクトGT-8も同じRolandの製品群だし、 基本的にはJC-120のReturn端子に挿して使う事を前提に設計されているので このエフェクトを使い出した当初はスタジオにこもって JC-120の前にしゃがみ込んで音作りを徹底的に行ったもんである。 (この場合、プリアンプなどは全てGT内で完結させている) しかし、しかしだ。 このJC-120、どう考えても個体差が激しすぎるんである。 あの時ちゃんとJCで作ったのに、なぜここのJCはこんなにヒドイ音なんだと 憤慨することも多かったりする。 そりゃ生産年……(続きを読む)

夜の祇園を久しぶりにうろついてみる

本日はジョニーエンジェル京都で演奏。 しかし、2セットあるうちの1セットだけでの出演なので、 リハーサル終わった後はしばらくヒマになってしまった。 いつもならこの時間帯はどっかの店の中にこもって 延々とステージをやっているだけなので、たまには外をぶらついてみる事に。 思えば10年ほど前、祇園のマジックバー「I&I」に月に何度か出演してた事があった。 あのお店、1回目のステージが10時過ぎだけど2回目が1時以降というインターバルで その間にお店の中がお客さんであふれ出すと、バンドマンのいる場所がなくなってしまう(笑) なので、よくこうして所在なく夜の祇園をブラブラしてたのだ。 お酒が飲めたりするのならばどっかで飲んだくれる事も出来たろうけども ・・・いや、仕事中だからダメだわな。 喫茶……(続きを読む)

結成3回目、それはバンド分かれ目の時

今日は9月に結成したバンド「Rock-a Beat Syndicate」の3回目のライブでした。 バンドを色々とやってきて思うのが3回目のライブって正念場であると言う事。 今後の行く末が左右されるのもこの3回目なのかなあ、と。 1回目は「とりあえず見に行ってやろう」という人達が多くて 2回目は「まだ付き合いで見てやろうかな」という人達も多い。 そして、まだこの期間中は少々の事でも許されるのだけれども この3回目では色んな意味での成長を見せないと、そこで「もういいや」となるし バンド内のテンションもどこかすれ違ってしまうケースをいっぱい経験してきた。 幸い、この3回目というタイミングでクリスマスイベントが重なり ライブ前に色々とディスカッションが飛び交って意見交換も出来たし リハーサル当日での……(続きを読む)

衆議院選挙とギターシンセ

昨日、姫路から帰ってすぐに眠りにつくことが出来たので 昼前にはすっきりと目覚めることが出来た。 ちょうど今日は選挙。AKBの選挙ではなくて衆議院総選挙である。 意思表示が出来る機会をふいにするわけにはいかないので 家族全員で出かける事にした。 色んなしがらみで自由に活動出来てる様には見えない政治家の先生方。 中には悪い人もいるんだろうけども、そんな人ばっかりじゃないだろうぐらいな 自分の政治に対するスタンスではありますが、 やっぱりちゃんと投票には行かないとダメですな。 選挙は小学校の体育館で行われてるのだけど あの独特の空気感がけっこう好きだったりするのです。 全体を覆うあの「仕方なしにやってます」感がなんともおかしくてですね(笑) 投票を終えて、今日はパーティー内での演奏というお仕事。 ……(続きを読む)

トナカイに変身する恒例行事

毎年、この時期のダブルキングカフェ姫路でのライブでは もはや恒例行事となっている衣装。それがこの全身トナカイ。 昨年のライフガーデン加古川でのイベント以来の登場である。 この毛布と同じ生地で出来てる全身トナカイスーツ。 こいつがまた眠気を誘うほど暖かい。 それを着て照明が当たっているステージで動き回りながらギターを弾くから 脱水症状になりかねないほどの汗をかくのですよ。 そして、耳が完全に隠れているからモニタリングもしにくいのです。 ここで初めてこの衣装を着てステージをやった時に どうやらステージで立ちながら一瞬眠っていたらしくて、 あとでいくら考えてもどう弾いたか覚えていない曲が2曲ほどあったのを思い出す。 さすがに慣れてきたのか今年はこれを着たままで全4回ステージをこなす事が出来た。 こ……(続きを読む)

2014年のクリスマスソング弾きはじめ

さて、このシーズンはバンドマンとしては避けては通れぬクリスマスソング演奏。 同じ曲でもバンドによってはキー、コード進行やサイズが違ったりとかするので 少しでも気を抜くとすべてが崩壊してしまう危険性があがる季節。 とはいえ、このシーズンは一年で一番好きな時期ですし 何よりもクリスマスソング自体が大好きですから楽しい気持ちが先に来る。 今日はステージでクリスマスソングを演奏する初日でした。 どのバンドに行っても困るのがこの「The Christmas Song」 ナット・キング・コールによる最初の録音は1946年(昭和21年)ですから 戦後すぐの曲って事になります。(Youtubeは1961年のバージョン) いわばクリスマスソングの中でもスタンダードに入る部類ですので そらもう色んな人がカバーし……(続きを読む)

 

« Sep 2020 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31