ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Contact Form 7でoptionsの値を引き渡す方法

November 07 2018

WordPressでのお問い合わせフォーム設置といえばやはりContact form7が定番です。
さまざまな派生アドオン的なプラグインも出回っており色々と便利。

今回、やりたかったのはフォームが設置してあるページに様々な所からリンクされる場合、
例えば1ページにずらりと各商品説明が並んでいて、それぞれに「問い合わせはこちら」というボタンを設置、みたいな。

その場合、フォームにはずらりと商品名が入ったセレクトボックスが並んでいるという状態ですが
「飛んで来たボタンの商品名のセレクトボックスの色を変えておきたい」というケースです。
単純に考えるとそのセレクトボックスにIDを割り当ててCSSで着色すれば良いのですが、これがなかなか手間取りましてね。

Contact form7の値を取得して引き渡す方法は様々なサイトで紹介されておりますが、valuesの値ばかり。
欲しいのはIDの取得なんだよ・・・・・

チェックボックス、ラジオボタン、メニュー

これを見る限り各項目にはid:(id) というオプション項目があるのでなんとか出来るはずと試行錯誤。
optionsの各項目を取得するのは以下のやり方で大丈夫でした。
functions.phpに以下を書いてあげます。

function my_form_tag_filter($tag){
  if ( ! is_array( $tag ) )
  return $tag;

 if(isset($_GET['select1'])){
$name = $tag['name']; 
if($name == 'hogehoge01')
$tag['options'] = (array) ("id:" . $_GET['select1']);
  }
 
  return $tag;
}
add_filter('wpcf7_form_tag', 'my_form_tag_filter', 11);

Contact form7側でまず「hogehoge01]というセレクトボックスを作ってます。
で、フォームにアクセスする際にURLの末尾に
?select1=true
って感じでつけてあげると、セレクトボックスにid=”true”が割り当てられます。

項目を複数にする場合は

function my_form_tag_filter($tag){
  if ( ! is_array( $tag ) )
  return $tag;

 if(isset($_GET['select1'])){
$name = $tag['name']; 
if($name == 'hogehoge01')
$tag['options'] = (array) ("id:" . $_GET['select1']);
  }

 if(isset($_GET['select2'])){
$name = $tag['name']; 
if($name == 'hogehoge02')
$tag['options'] = (array) ("id:" . $_GET['select2']);
  }
 
  return $tag;
}
add_filter('wpcf7_form_tag', 'my_form_tag_filter', 11);

という感じで増やしてあげる事で実現出来ました。

白点 ― 次々に倒れていく金魚達に僕はメビウスの宇宙を越える

November 04 2018

アクアリウム試行錯誤真っ最中の初心者に立ちはだかったのはこの時期特有の病気でした。

先日、茶苔対策に投入したオトシンクルス2匹はあっという間に死亡してしまいまして・・
現在赤金魚3匹、黒デメ2匹、コリドラス3匹という状況。
しかし、その金魚達に何やら白い小さな点がたくさん付着していました。

ネットで調べて見ると「白点病」というこの時期特有の病気らしい。

https://kingyo.papa77.com/byouki-1

白点病の初期には体やヒレに白いポツポツとした点が現れますがこの状態を放置してしまうと急速に症状は進行してしまい体全体が白い粘膜に覆われたようになり金魚は衰弱して死んでしまいます。

白いポツポツとした点が見られるのが初期症状と書きましたがこれは飼育者が白点病と認識できる初期状態のことで実はそれより以前にも白点病には症状が現れ始めます。

白点病の原因となる寄生虫、ウオノカイセンチュウに寄生された金魚は痒がるように石や底砂などに体を擦り付けたり、小刻みに震えるような動作を繰り返しますのでその様な動作が見られた時は感染している可能性が高いと言えます。

ウオノカイセンチュウは25℃以下の低水温を好むため、ヒーターを使用し、25℃以上に保たれた熱帯魚水槽などではあまり発症しない傾向にあります。

水温計を見ると21℃。そうかヒーターか。

買いましたよ早速。GEXの温度固定じゃなくて可変式サーモスタット付きのヒーターを。

これで水温を徐々に28℃まであげてみるも、次々に死んでいく金魚達。

「何も出来ないで・・・!」
「そうか・・・しかしこの暖かさをもったヒーターの水が病原菌さえ破壊するんだ!それを分かるんだよアムロ!」
「分かってるよ! だから、金魚に人の心の光を見せなけりゃならないンだろ!」
「そういう男にしてはオトシンクルスに冷たかったな、ええっ?(水が)」

別にオトシンクルスをマシーンの様に扱った覚えは一切ないんですが、頭の中にこういうやりとりが浮かんで
BGMに「BEYOND THE TIME(TM NETWORK)」が流れてきそうな勢いです。
水槽の中にアクシズが落下していくサマが見えたような気がします。

そして現在の水槽の金魚は黒デメ1匹のみ、となりました。
その黒デメも満身創痍の状態でヒレなどはもうボロボロです。

しかし、底のコリドラス君達3匹は何事もなかったようにオシリフリフリしながら泳ぎ回っておりますが。

・・・・なんやかんや投資もしてるし世話もしてるなあとふと我に返るのでありました。

年月 ― 久々の大阪MUSEでマックショウを初体験する

November 02 2018

エレアコを借りっぱなしなバンド友達から誘いをうけまして行ってまいりました。
なんとも久々の大阪MUSE HALLで見たのはこちら。

The Mackshowです。コルツの方は何度かライブに参戦してましたがマックショウは実は初めて。
MOJO CLUB、The Grooversなど3ピースバンドが大好きな自分にとっては気になってたバンドなのでとても楽しみでした。

なんとも久しぶりの大阪MUSE。
入った瞬間思ったのは「こんなに狭かったっけ?」という事でした(笑)
それこそここには出た事もありますし、色んなバンドを見に来てたんですがBIG CATやフラミンゴ・ジ・アルージャなどが出てきたせいなのか、広さの感覚がインフレを起こしているようです。
それこそ若い時はミナミ界隈では一番広かったのがここだった気がしますがね。

演奏はもう爆音で~というイメージだったのですが、さすがはベテラン。
音量も控えめできっちりとしたアンサンブルのバランスだったのでちゃんと歌が聞き取れました。
自分も演奏する上でこういう事に気付いたのはここ最近だったりするんですけどね(笑)

なんといっても神田さんのベースがうまい事。
あれだけ動いてコーラスもしてるのに、手の先を見るとものすごい冷静にピッキングしてはるんですわ。
音の粒もばっちり揃ってるし、ベーシストがベースの何たるかをわかっているというのはロックバンドにとっては何より大事なんやな、と思いました。
見た目だけ派手でピッキングがムチャクチャなんはよく見かけますけど、ありゃあやっぱダメですな(笑)

あえて「昭和」というコンセプトでその枠内で曲も作ってる、という岩川さんのインタビューをどっかで読みましたが、本当にあの人は和洋問わず様々なロックンロールをよく研究してはるんやな、と思いました。
3コードだけじゃなくて、ちょいとⅣmなんかも混ぜたりしてる辺りがうまいなあ、と。
それこそ御大大瀧詠一氏ぐらいに評価されてもええんちゃうかなあ、とも思ったり。

歌詞もメッセージ性もあえて避けているのか「恋の~」というタイトル多め。
それこそ聞き手側はな~んも難しい事考えずに、ただ単に騒いで楽しむ事が出来るってのがとても良いなと思いました。
逆にこういうバンドって他には全くおらんのちゃうやろか。

考えてみると岩川さん、神田さんのお二人をここ大阪MUSEで見たのはRollieのラストツアー(1990年頃?)。
そこからThe Coltsの「Life is a Circus」のツアー(1993年頃?)
そして、今回と。
そりゃ自分もお二人も歳を取るわけですよね(笑)

マックショウ、次もまた見に行きたいと思います。

今回のライブもこの2曲からスタートでした。

P.S.借りっぱなしのエレアコは返しました(笑)

« Nov 2018 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31