ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

配信04 ― ミキサーからのライン入力に成功!しかし・・・・・残る課題とは

April 19 2020

昨日の「京ノ夜会 ACT.8」の配信では入力した音が割れまくる、という致命的なミス。

配信03 ― バンドアンサンブルでの音量レベルの難しさ

しかし、ライブ終了後に鍵盤の恩田氏より
「このZOOM Q2n(カメラ)って外部入力端子ないんですかね?そこにミキサーからのアウトを入力すれば」
との提案。

あ・・・そうか!なるほど!とチェックしてみると確かに外部入力端子がある。
ミキサーのアウトをここに放り込めば確かにライン入力の音を配信出来る理屈。
しかし、これをWebカメラとして使用している際に出来るのか。。出来るのかオイ!!(猪木口調)

そのアイデアをぶつぶつと色々考えながら帰宅。
幸いにして連チャンで本日もGEKOとしてのShot Bar Tideでのライブ予定が入っていた。
もちろんここも営業自粛要請を受けて閉店はしているが、マスターが快く了承してくれたので連日ではあるが、配信実験を行う事となったのである。

機材面について

超小型アクセスポイントを購入

前もって確認しなければならないのはお店に「ネット環境があるか」という事。
幸いにして、TideマスターSHADY氏とは10数年前、共にNTTの光回線イベント仕事で西日本を飛び回った仲(笑)
メールだけで何の回線が店に来てるかは簡単に把握。
しかし、店のパソコン1つに有線で接続しているので、無線環境はないらしい。
しかも、玄関にルータがあり、いつも演奏している場所までは10m近くの距離がある。

最初はLANケーブル買って引っ張り回すか、それか中古のルータ探して買うていくかと思ってたんだが、やっぱりケーブル引き回すのはスマートじゃないしやっぱり邪魔であろうと。

Tideに向かう途中に立ち寄った電気屋で面白い物を発見。

バッファローのWMR-433というポケットルータである。
ちょっと大きめな消しゴム程度なのに11ac/n/a/g/bに対応しているのが素晴らしい。
結局10mのLANケーブルとほぼ変わらん値段なのでこれを購入しました。

Tideに設置されているPCにUSBから給電させて、有線ルータにLANケーブルで接続。
速度も配信用PC設置場所で上りで56Mbps。これでネット環境は何も問題はなし!

変換プラグに潜む罠

ZOOM Q2nの外部マイク端子はミニジャック。
ミキサーからのアウトは普通のモノラルジャックなので家に転がっていた変換アダプターを持って行った。

そして、Bar Tideでの演奏時は全ての機材を我々が持ち込んでおります。
なので本日の機材予想図はこちら。

相変わらずまだUSBカメラが届かないので1カメラでの配信のままですが・・・・

会場に機材をセットして音出し、そしてその後にミキサーのアウトからZOOM Q2nにケーブルを繋ぐのだけども、我々が所時するこのミキサーはなんとAUXがない。
なので、ボリュームが調節出来るのはコントロールアウトとフォンアウトのみ、という事になる。
仕方ないのでコントロールアウトの片方から変換アダプターを使ってZOOM Q2nの外部マイク端子に繋ぐも、音が入力されてない様子。

どうもこの変換アダプターが壊れているか、接触が悪いのか変換アダプター半挿し状態で音が入力される事が判明。
非常に不安定で恐ろしいのだけど、この段階でパソコン側で録音してみるとちゃんと音声は入っていた。
半挿しの状態でガムテープで固定して、なんとか強度を保ち、そして昨日の失敗をしないようにZOOM Q2n側のレベルメータを何度も確認してのサウンドチェックとなりました。

配信面について

映像ビットレート設定は4500kbpsに

ZOOM Q2nはWebカメラとして使用した場合には720pの解像度しかない。
どうやらYoutubeでのライブ配信は720pの際には4500kbpsが推奨されているとの事で設定を4500kbpsにしました。
前日の「京ノ夜会 ACT.8」の配信では途中、何度か映像が飛んでしまってる部分もありましたしね・・・
手持ちのノートパソコンのスペックとの兼ね合いもあり、画質はもう2の次という事に(笑)

個別音量調整が出来ない現状が浮き彫りに

音声ライン入力が成功して、実際に配信された映像はこちら。

今までとは格段に違う音質のクリアさに自分でも納得(笑)
今回、また音が割れるのが怖いのとMC部分が聞こえにくかったのを踏まえて配信ソフト(OBS Studio)にてコンプレッサーを掛けてみました。
音の潰れ方にエフェクト臭さが残ってますが、これも何度もやりこむしかありません。

ここで浮き彫りになるのが、ボーカルとギターの音量バランス。
これは会場でのバランス設定をそのままコントロールアウトに出力しているせいですな。
なんせミキサーにAuxがないもんですから、これはもう仕方ない。
もう少しギターの音量が小さければなあ、と思うわけですがどうしようもおまへん。

・・・・・うん?そうか。
オーディオインターフェイス付きのミキサーを買えば、音声に関しては全て解決するんじゃね?

ここ最近、GEKOの二人の中で話題なのがZOOMが出したミキサー、L-8。

ZOOM LiveTrak L-8の便利さは驚異的。録音、ミックス、オーディオIF、ライブ配信……何でもできるスーパーマシン

こいつは単体でもSDカードを挿すことによってレコーディングも出来る優れモノ。
配信という事に関して特化されてる様々な機能は本当にかゆいとこに手が届く感満載。

考えたらこいつさえあれば、スピーカーから音を出さなくても二人でヘッドホンして配信も可能ですしね。

なので、今のミキサーを売り払ってこのL-8を導入する事に決定しました(笑)
今のミキサーはMC時にリバーブをオフにする際、センドのツマミをゼロにするしか方法がないのです。
1ステージ目の「ロビンソン」を歌い出した時にVoのShinさんが振り返ってるのは「リバーブがオフのままや!」という事なんですな。
ギターを弾く手を止めて、ツマミを回す僕の姿がはっきりと収録されています。

L-8ならボタンワンプッシュですしね(笑)

日々実験を重ねておりますが、やはり早くカメラが届いて欲しいもんです。
L-8が届いた暁には、どちらかの自宅からヘッドホンライブ配信するかもしれやせん。

配信03 ― バンドアンサンブルでの音量レベルの難しさ

April 17 2020

本日は元々は「京ノ夜会 ACT.8」が開催予定でしたが、このコロナ事情の為に中止。
しかし、会場のジョニーエンジェル京都さんのご協力を頂けたのでここでも配信ライブ実験。

前回、色々と学んだ事を果たして活かせるのか・・・前回の模様はこちら。

配信02 ― 初めての配信・無観客ライブを終えて

機材面について

USBリピーターケーブルを購入

前回、5mのUSBケーブル延長ケーブルを購入したものの、カメラQ2nがPCで認識出来ず。
これは後から調べたらUSBのリピーターケーブルというアクティブタイプの物があるとの事で購入。

そして先の事(複数のUSBカメラを利用する)を考えてUSB3.0の給電ハブも購入しておいた。
前もってこれで接続実験を自宅で行うと無事にカメラが認識。

これにて「USBカメラとパソコンがあるブースまでケーブルを引き回せるか」という点はクリアに。

品薄で届かぬUSBカメラ

昨今のリモートワーク需要プラス、中国からの製品供給が滞っているために未だにカメラは届かず。
ミラクルを期待して当日の朝に届くかな、と思いましたがやっぱりダメでした。

なので、今回の配信の機材はこういう絵面になります。

前回より「ケーブルが伸びました」というだけの話です。
音質面もなにも変わらないんですが、引き回しが出来るという点では前進したかと思います(笑)

こういう感じのセッティングになりました。

配信面について

バンドアンサンブルの難しさ

今まではアコースティック編成だったのでOBS Studio側のレベルメーターを気にしてれば良かったんですが、今回バンドアンサンブルになるとアップするのが音量。

ZOOM Q2nのマイク音量リミットをオフにしてたのもありますが、このカメラに入力された時点でクリップしている事に気付かなかったのが今回最大の失敗。
ああ、ライブ演奏を録画する時の様にリミッターをオンにしておけば・・・と悔やまれる。

パソコンスペックとの兼ね合い?―ビットレート設定

今回、映像ビットレートを5000kbpsにしてみたのですが、配信された物を後で見返すと途切れ途切れになっている部分が多発していました。
1時間ぐらいの配信でしたが、どうもYouTube Liveの画面を立ち上げているFirefoxのメモリ消費量がエラい事になる様子。
うーん、やっぱりCore i7を搭載しているとは言えど、4GBのメモリではビットレート設定を上げるのは難しい、のかな・・・

というわけで、今回は音質も映像面でも不満足な結果に終わってしまいました。
やっぱりWebカメラが手元に届き、オーディオインターフェイスと同時使用してから、ですね。

今回配信したものはこちらです。非常に音が割れてますので申し訳ない・・・

演奏面について

鍵盤っていいなって事

「京ノ夜会」は今回で8回目になりますが、初めての鍵盤プレーヤーの参加。
他のユニットではお世話になりまくってる恩田氏にお願いしました

やっぱり達者な鍵盤プレーヤーがいるとすんごい楽です(笑)
いわば今までの夜会はアコギという制限の中で何が出来るか、って部分もあったんですがこれを体験してしまうとやっぱり元には戻れませんわね。
ああ、そうか。書いてて気付いたけど別で音声だけ録音しとけばよかったんだ。
じゃあ、後からでも音声だけ差し替えれたのにねえ・・・・
ま、それもいい勉強になったってことすかね(笑)

我々はやはり演奏が大好き

「家に居ろ。外出するな」という世の中の流れ。
今回の「京ノ夜会」が中止になって、配信実験に移行する際に参加メンバーに参加の意思を再度聞きました。
もちろん無観客ライブって事ですし、何のギャラも出せないわけですからね・・・
会場側のご厚意としてキャンセル料もいらない、との事を受けてのこの実験でしたが、GEKO以外のメンバー、とても快く参加してくれました。
そして、演奏してて思ったのはやっぱり我々は「集まって演奏が大好き」って事なのだろうと。

配信実験のリハーサルをしているときに飛び込んで来た、VOXホール閉店のニュース。
きっとこれから先一体どうなるのか、誰にも何もわかんないですね・・・

またいつか、この「京ノ夜会」も再開出来る事を祈るしかありませんが、その時には色んな物の形も変わっているのかも知れません。

だが、それをただ座して待つ、よりは色々と実験を行っていきたいと思う所存です。

配信02 ― 初めての配信・無観客ライブを終えて

April 11 2020

このコロナご時世において「自らWeb配信のノウハウを持つ」というチャレンジの2回目。
前回までの構想(いや妄想か・・・)はこちら。

配信01 ― コロナ状況下において出来る事は妄想と実験である

もともと本日はGEKOメンバー二人はギタリストとベーシストとしてダブルキングカフェ姫路での「ダブキンナイト」に参加する予定でした。
しかしイベントは中止となったので、この日はオフに。
うむ、せっかく2人揃って同じ日に予定空いとるし、元々姫路に行く予定だったし・・・
世間的には「家にいろ」って事ですが、我々にとって「不要不急」ではなかろうとお店にご協力を頂いて、妄想システムのテストをするべく姫路に向かいました。

前回の妄想段階でのシステムはこちら。

しかし、世間ではリモートワーク推奨の為かWebカメラが根こそぎ品薄状態。
そして、手持ちのZOOM Q2nとオーディオインターフェイスを組み合わせると配信にノイズが乗るという事も自宅で確認済み。

というわけで今回のシステム構成図はこちら。

なんというクッソシンプル。
というか、今の段階ではこれしかやりようがないのですが、やってみんとわからん事もあると思ってこれでいく事に。

前日、自宅から配信テストを兼ねて色々と設定しながら配信していると、いきなり「ガイドライン違反によって配信が停止されました」と表示されて配信停止を喰らう出来事が3度ほど。

いや、ガイドラインもクソもそんなん・・・ありものの曲流してたわけでもなく、チ○コ出してたわけでもありません。
「うーん、いやこれでええんかな・・・いやいや」とブツブツ言いながら設定しているおっさんの顔が配信されていただけであります。
なんやねん、と思ってるとメールボックスにYoutubeからメールが来ておりました。
そして「ガイドライン違反」で検索してみると同様にいきなり配信停止された例がザクザクと。

どうやらコロナ騒動以前は、まずAIによって「これはアカンのちゃうか」と判断された配信内容をYoutubeのスタッフがチェックした後に停止、という手順だったのがコロナの影響で「配信停止の判断をAIに任せている」との情報が。
しかも何度も停止を喰らうとアカウント削除という事もある、と。

Youtubeからのメールには「もしこの判断間違ってたらフォームからメールくれよ!」っと書いてあったので、3つの動画に「僕の顔しか映っておりません」とメールしておきました。

YoutubeのAIからすると私の顔は「ガイドライン違反」という事になるようです。
こんな男前を捕まえて失礼しちゃうわね。

という経緯があって、ダブルキングカフェ姫路へ到着。
自身の心臓手術騒ぎでの欠場もあり、ここに来るのはかなり久しぶりでありました。

配信者としての側面

USBは何も考えずに延長するとダメという事を知る。

まず、今回の機材システムにおいて自分のノートパソコンを使用するのは決まってましたが、なんせ前日にいわれのないガイドライン違反を宣言されて配信停止された事もあり「ノートパソコンはステージの上に置き、カメラはステージ前に置こう」と決めておりました。
それだと演奏しながらでも配信状態をチェック出来るからです。

という事はカメラとノートパソコンを繋ぐためのUSBケーブルは長めの物が必要やな、と行きしなにジョーシンで5mのUSB延長コードを買いました。

それを使ってカメラをUSBケーブルに繋ぐとカメラがPCに認識されないのです。
延長せずに通常使っている短いmicroUSB→USBのケーブル(50cm)だと認識されるのに。

調べてみるとUSB2.0で推奨されるのは5mまで、USB3.0だと3mまでとの情報が。
どうやらギターの信号と同じく、長めのケーブルだとノイズの干渉を受けるらしい。
パッシブの信号だと高架下のライブハウス(今はなき難波ロケッツとか)ではシングルコイルのギターだとノイズ拾いまくって使い物にならない事を思い出しました。

で、USBケーブルには「リピーターケーブル」というギターでいう所の「アクティブタイプ」のケーブルがあるようです。

こっちを買えば認識されたのだろうか・・・・と後悔。

しかし今日はもうどうしようもないので、ノートパソコンとカメラのセットを客席に配置するしかなかったのでした。

ではUSBでカメラを引き回す、というのはやはり無理なのか

そこで思ったのが構想(妄想)である「3台のUSBカメラ」の使用は無理なのかも、という疑念が。
USBカメラはどれもバスパワーで起動するので、セルフパワー方式のUSBハブを噛ませば良いだろうと思ったんですが、ステージから数メートルのケーブルを引き回した所で認識するかは微妙に。

では各カメラを電源付きにした所でそれを引き回す、という事を考えるとHDMIケーブルが思い浮かぶ。
しかしHDMIケーブルもやはりノイズの干渉を受ける、との事でアクティブタイプのケーブルも売られています。

20mのケーブルで4万円・・・・・・これは無理(笑)
しかもHDMIスルー機能付きのカメラ(ZOOM Q2nはこの機能は搭載している)を3台揃えたとしてもそれなりの出費になるし、次はカメラスイッチャーも必要になりますわな。

これは有人でカメラ切替のオペレータを配置しないとカメラが切り替わらない。
なんにせよ「ケーブルの引き回し」という事において、かなりの出費が必要になるという事が判明したのです。

映像ビットレートの設定とクオリティ

今回、配信した物はダブルキングカフェ姫路のYoutubeチャンネルにアーカイブとして残してあります。
出来ればチャンネル登録をお願い致します(笑)

1度目のライブ配信。

2度目のライブ配信。

今回、家で色々試した結果、画像サイズは1280×720、送信ビットレートは3500kbpsに設定しました。
しかし、改めて見ると映像が綺麗、とは言えないなという所感ですね。

結局、OBS StudioでエンコードしながらYoutubeに送るという流れになるのでそれなりのパソコンスペックが必要になる事が判明。
Youtube Liveの推奨ビットレートは4,500~9,000 Kbps。
フルHDの画像サイズで上限いっぱいの9000kbpsで送信する、となるとパソコンスペックと共に会場のアップロード速度も兼ね合いになってくるので、ゲーミングPC並のスペックが必要に・・?

ちなみに自分のノートパソコンも最新型、とは言い難いZENBOOK UX31A Prime。
Core i7 3517U(Ivy Bridge) 1.9GHz/2コアのメモリ4GB。
ビデオチップはオンボードのIntel HD Graphics 4000。
・・・・・・これでは無理だきっと(笑)

そしてやっぱり1カメラだと見てて退屈やなあ、という感じもありますね。。

参考URLとしてこちらの記事を。

YouTubeの動画ビットレート比較。ライブ配信でおすすめの設定とは?

こうなるともうそれなりのノートパソコン買う、もしくは会場側のパソコンスペックに頼るしかねえ、のか。
ライブ配信とは「何かを犠牲にして何かを得る」という事がいっぱいわかってまいりました(笑)
そりゃめいっぱい投資出来ればそれに越した事はないんですがねえ。うーむ。

こればっかりはもう会場で色々試しながら良い設定を試していくしかない。
手持ちの機材だけでどこまで出来るのか、という楽しみもあるが。
頼んだ事ないのでわかりませんが、きっと配信を業務としている所はタワーPC持ち込んで来たりしてるのかも知れませんね。
だってバスパワーとかHUBで分散とかを考えると、それなりの増設ボード積んだPC持ってくるのがどう考えても正解だもの・・・・

マイク録音だけではやっぱり満足できぬ

Youtubeの推奨ビットレート(音声)は128kbps。
これは配信としてはギリのクオリティやとは思いますが、やっぱりマイク録音だけでは音がペラペラですな。
やっぱりきっちりとミキシングした物をオーディオインターフェイスで入力して配信せねば。

これもUSBカメラが認識して、そしてオーディオインターフェイスにノイズが乗らなければというテスト結果を確認しないとわからないんですわなあ。

思い浮かぶ言葉は「前途多難」であります。

演奏者としての側面

目の前に誰もいない!という初の感覚

GEKOとしては実は初めての「ライブハウス」での演奏でした。
目の前にモニタースピーカーがある、という環境でのライブは「なんと音が聞こえやすい事か」と(笑)
今までは自分達の背中に置いたメイン用のスピーカーがモニターを兼ねてましたから。

演奏している目の前にお客さんがいない、という感覚はこれはもう思った以上にやりにくい。
今までいかにそこにいるお客さんにモチベーションをもらっていたのかがよくわかりました(笑)

きっとテレビ収録だとか、ラジオ出演だとかそういう現場を踏んでいれば慣れっこだったんでしょうけども、残念ながらそういう陽の当たる現場経験が皆無なもんでなんともやりにくいライブでありました。
これもきっと「慣れ」なんでしょうけども、やっぱりこのコロナ騒ぎが終わって目の前にお客さんがいるライブを再開したいなあ、と強く思いましたね・・

配信側と兼ね合い、というメンタル面での敗北

今回は配信テストをする側、という側面もあった上に、前日のテストで「ガイドライン違反」で配信停止を喰らったという経緯もあってか、演奏する事だけに集中出来ないという事情もありました。
USBケーブルの延長が当日にダメ、という事がわかり配信管理画面が見えない状況での演奏。

・・・・・これはキツかった。
「もしかして今、配信止まってんじゃね?」と頭をよぎるよぎる(笑)
一応、スマホを譜面立てにおいて確認しつつでしたが「正直ポカした」場面も多発。
他人のライブを配信する事だけに集中するのであれば、こういう事もないんでしょうな(笑)

なのでいずれダブキンナイトが復活して配信する、という場合にはまずは配信側オペ専属として現場に行こうかと思います。

後はもう・・・・メンタル面を鍛えるしかなさそうです(笑)

人としての側面

「失敗すればやり直せばいい。
やり直してダメなら、もう一度工夫し、もう一度やり直せばいい。」松下幸之助

へい。頑張ります・・・

今回、快くこの配信テストをOKしてくれたダブルキングカフェ姫路のオーナー、トシさん、そして出演してくれたアッコちゃんに最大限の感謝を。

GEKOの2人は片付けを終えた後、お店のカラオケシステムでクリスタルキングの「大都会」を熱唱して帰りました

録画はしてないので配信には含まれておりませんし、レパートリーに入る予定もございません(笑)

« May 2020 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30