ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Androidのバッテリーと向き合う。~まずはBattery Mix導入

May 18 2012

先日、三宮に電車で行ってウロウロしてきた、という記事を書きましたが
電車移動の最中にスマホいじってるとあっという間に電池が無くなっていきます。

普段の移動は車なので、いつもソケットから充電してるからか
このバッテリーのあまりの貧弱っぷりに気づきませんでした。
あの日は10時過ぎに三宮に着いて、15時前には茨木の家に帰ったのですが
残量わずか5パーセントという情けなさ。
しかも自分のスマートフォンはあの「タフネス」を誇るG’z One IS11CAなのに!
全然タフじゃないよ、こいつ!

普通の携帯電話と違ってスマートフォンは、さまざまなアプリをインストールできますが
たぶんそいつらのどれが電気を食うのかを見極めていかないとダメな気がしたので
それらを特定するアプリを探したところ、このBattery Mixが結構評判良いみたい。

[browsershot url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.smapho.battery_mix&hl=ja” width=”200″]広告が派手に入りますがそこは無料アプリ、仕方がありません。このアプリケーションはバッテリーの使用状況をグラフで見せてくれるのがとてもわかりやすいです。

あとは各アプリケーションの稼働状況を監視できて、「どれが悪い子」なのかを割り出すことも簡単にできそうです。

なんにせよ、ダウンロードサイトでのユーザー評価も軒並み高かったし、アプリサイズも手頃なので早速インストールしてみました。

で、今日一日をこのアプリと過ごして見たらこんな結果。

さて、中段部の3段のテキストはどうやら

53%:使用中 —これは現在のバッテリー残量と機器状態。
グラフとテキストの色は連動しているので現在はバッテリー駆動中という事になる。

0%まで8時間34分(-6.2P/H) –「このままの状態で行くと8時間34分後には電池切れまっせ」という事になる。P/hは「パーセント/時」、つまり1時間あたりのバッテリーの減りをパーセントで表した数字。

100%まで1時間50分 –充電プラグを挿して充電完了までにかかる時間。

下の見えにくいグラフはCPUの使用率筐体温度です。(修正しました)

こうしてグラフで見るとやはりわかりやすい。。。
そしてタブの真ん中「稼働プロセス」をタップすると以下の画面に。

これは「電気食ったベストテン」みたいに上位から並ぶみたい。
これによると本日、僕は時計ウィジェットでバッテリーを消費してた事になる。
(表示させてないんだけどなあウィジェット・・・・右上の小さいのもウィジェットなのかな?)
あとはLINE・・・か。
ちなみに左側の緑のラインは「現在稼働しているアプリ」を表します。

この各アプリをタップすると、それぞれの使用状況がグラフで現れるという
なんとも「データ収集大好き」な人に取ってはたまらないインターフェイスになってます。

さて、とりあえずこれで「悪い子」を探し出すことにしますかね。

久しぶりに三宮から元町をウロウロしてみました。

May 17 2012

寝入って3時間ぐらいしてから娘の泣き声でむくりと起きた目覚め。
外を見ればとても良い天気でした。

本当は郵送でも済む用事だったんですが、早く済ませてしまいたい事もあり
その用事を済ませに三宮に一人で向かうことにしました。
いつもなら車を使うのですが、寝不足だったせいもありバスと電車を使っての移動。

結婚以来、三宮に電車で向かうのはたぶん初めて。
JRに乗っても大阪駅でいつも降りてしまうのでなかなか新鮮でした。
高校を出てすぐに六甲道に住んでたので、その懐かしさもプラスされてたかも知れません(笑)

三宮に着いたのは午前10時過ぎ。
久々に歩くセンター街。
SEIDENの「夏・冬ボーナス2回払い」でエアコン買った当時をなぜか思い出しながら
目的地への病院へとテクテクと歩きます。

それこそ用事は10分で済んだので、あとは適当に散策。

中華街もまだ人はまばら。
朝から何も食べてなかったので、屋台で「角煮バーガー」を買うことに。
どの屋台でも売ってるんですが、やはり一番別嬪さんの中国娘がいる店を選ぶのは
昔からまったく変わらない習性だったようです(笑)

すでに真ん中の広場では、老祥記の豚まんを求めての行列が。
個人的に老祥記の豚まんはあんまりおいしいと思わないので、
行列に並ぶ人をぼーっと眺めながら角煮バーガーを喰らう。

通りを歩いてると鼻孔をくすぐる八角や五香粉の香りがたまりません。
これはやはり中華街ならではの香り!
今回は欲しい調味料もなかったので、東側入口に出来たビル1階にあるエクセルシオールへ移動。
ここで1時間ぐらいぼーっとタバコ吸いながら外を眺めてました。

ちょうど昼時になってきたので、元町駅方面に向かって散策開始。
さっきの角煮バーガー一つだと余計に腹が減るので昼飯を食って帰る事にしました。

元町といえばやっぱり・・・・・

丸玉食堂ですよね(笑)終戦直後からずっと営業してる老舗の大衆台湾料理店です。
入口にあったサンプルガラスケースが撤去されてました。
このお店、中に入って「メニューを見せて下さい」というと
「ないよ。表で見てきて。」っとあっさり言われてしまうのですが、
サンプルがないということは、厨房の後ろに書かれたちっさい文字を見るしか・・・・

とはいえ何度も来てるこのお店(今回は7年ぶりかな。結婚前に嫁さんと来たはず)なので
いつもの「肉めし」を。

ああ、全く変わってません。
味のうっすい(というかしない)このモヤシスープも、この見てくれなのに味が薄い肉めしも!

これで550円なのも多分変わってないんちゃうかなあ。

でも変わらないものがいつ行ってもそこにある、というのは嬉しいもんですね。
さすがにメニューだけはそろそろ置いて欲しいもんですけど(笑)

これを食べてすぐにJR元町駅から電車に乗って帰宅しました。
ほんの少しですが旅行気分、そして昔の想い出に浸れたいい時間でした。

丸玉食堂元町店の食べログはこちら

Docomo新機種発表~消えていくものたち

May 16 2012

NTTドコモが2012年夏モデルの新機種を発表しました。

http://www.asahi.com/digital/mobile/TKY201205160604.html
なんとスマートフォンが16機種も出てくる上に、びっくりしたのが
ガラケーと言われるi-mode搭載携帯の新機種がなかった事ですね。

[browsershot url=”http://www.nttdocomo.co.jp/product/2012_summer_feature/lineup/index.html” width=”250″]すでに公式サイトで一覧表が出ているのですがまさに百花繚乱という感じで華やかではあります。しかもシニア向け携帯の「らくらくホン」にまでスマートフォンが登場するという事はNTTドコモは本当にスマートフォン主体にしていこうという意気込みなんでしょうか?

もちろんOSは全てAndroid4.0搭載端末になっているようで、16機種の内12機種は高速通信「Xi」に対応しています。この辺はこの時期に発表される端末としては当然の事でしょう。

らくらくスマートフォン(ちょっと笑ってまう言い回しではありますが)には専用プランが用意されていて、月額2980円というプランを用意。

ドコモ社長曰く・・・

「シニア層もスマホに興味があった。使い勝手が悪いことと料金が高いことが課題だったが、これで克服できた」と語った。らくらくフォンの加入者約900万人のうち、今年度に約50万人が乗り換えると見込む。

っちゅう事なんですが、Googleアカウント不要で使える様にしたのはいいですな。
誰も彼もがスマホに乗り換えて、電源入れた瞬間に「はあ?」ってなってるのを
目の当たりにしてるだけにこれはとてもいい着眼点だと思います。

しかし・・・・・ガラケーはどうなるのかという疑問はさっきの記事に

今回のラインアップにガラケーが含まれなかったことについて山田社長は「冬モデルではいくつか出したいが、今後は(ガラケーの新機種発表は)1年ごとにぐらいにしたい」と述べ、ガラケーの縮小路線を明らかにした。

うーん・・・これはもうi-modeも終わりなんかもなあ。
iPhoneの販売が現段階では難しいという事情もあるんでしょうけど、
それにしてもスマートフォンの現在の普及率を考えたら、
ガラケーの新機種がないというのもかなり思い切った感じがします。
率先してスマートフォンの普及率を上げていこうという目論見なんですかねえ。
それともiPhoneに対してヤケクソになっているのかもしれませんが(笑)

あ、そうそう。
NOTTVに続いてauも月額315円弱で映像見放題ってサービスがはじまるみたいですね。

KDDI、月額590円で映画が見放題の「ビデオパス」と月額315円の音楽サービス「うたパス」
http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/23274/?rm=1

NOTTVもNAVERまとめでひどい有様が暴露されています
どう考えてもバッテリーの問題は避ける事ができないでしょうね・・・・
普通に使っても「全然もたねーな電池!」って思うのにストリーミング再生なんて
正気の沙汰とは思えないってのが僕自身の本音ですねえ。

充電しながらNOTTVを見てても追いつかずに電源切れるという報告もあるぐらいだし
それに加えて、またネットワークに負担かかりまくるのも目に見えてるから
これからの携帯電話業界はホント、見てて楽しいというか「大丈夫か??」と思います。はい。

« Aug 2018 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30