ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

XREA,CoreserverにWordPressを設置する際の注意:セーフモード

July 20 2011

※2014/5/22追記。
Wordpressのバージョンアップに伴った改訂版をこちらに書きました。
https://blog.g-fellows.com/web/wordpress/4019/

——————————————————

XREAとかCORESERVERにWordpressを設置する際に
いっつもこのやり方を忘れてしまうので、引用しながら記述しておきます。

この二つはPHPがセーフモードってやつで動くので
CGIとして動かさなきゃいけないんだけど、ルートで全部CGIで動くようにしちゃうと
エラーが出たりするプラグインがあったりするとか。

で、「必要なファイルだけCGIで動かそうよ」って事で
wp-adminディレクトリに以下の.htaccessを設置するだけでOKなのです。

管理画面で必要なファイルだけを指定しています。
これでアップロード、自動アップデート、そしてプラグインのインストール・削除が
セーフモードでも動くようになります。

<Files ~ "^(async-upload|update-core|update|plugins|plugin-install)\.php$">
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

参考にしたのは
WordPress カスタマイズ様のこの記事。
セーフモード対策(XREA ・ CORESERVER) http://memo.mkmin.com/wordpress/?p=6

プラグインインストールなどのtmpディレクトリを作成

ダッシュボードからプラグインをインストールする場合などの際
解凍する際の作業フォルダを作成し、その後にwp-configに追記してやる必要があります。

wp-configの

define('WPLANG', 'ja');

の部分を

define('WPLANG', 'ja');
define('WP_TEMP_DIR', ABSPATH . 'wp-content/tmp');

と書き換えてアップロード、そしてwp-content内にtmpフォルダを作成して
パーミッションを707にしてあげるとOK。

これで忘れる事はないだろう・・・・
あと、なんかあった気がするけど、多分db-managerとかの関連で。
いいや、思い出したらまた書こうっと。

IS11CAその2:トップ画面のカスタマイズ

July 19 2011

色々といじっては「ほほう」と感心しているandroid携帯、IS11CA。
設定も終えて、アドレスも移して、さあ使用開始。

やっぱそうなるとアプリケーションを色々使いたくなる。
ゼニをかけずに。
重要なテーマでございます。

この携帯を買う1ヶ月ほど前にiPod Touchを買っていることもあり
そっちの操作に慣れてしまうと色々とめんどくさい事が。
まず、iPod Touchはハードキーがたった一つあるだけですが
このandroid携帯は3つのハードキーが存在します。

左はメニューを出すボタン。PCで言えば右クリックみたいなもんです。
真ん中はホームボタン。
右は戻るボタンとなっています。

・・・・・・これなあ。右と左は逆にして欲しかったなあ。
「戻る」って左側のイメージあるし、メニュー出すのも右クリックなんだから
右側でいいと思うんだけども、まあそれはそれで慣れないとね。

iPod Touchには常に下方に4つのアイコンを並べれるようになっており
(多分、Mac OS XのDockと同じもの)
これに1ヶ月慣れてしまってたせいか、androidにもこういうのが欲しい。

カスタマイズの幅の広さではやはりandroidに軍配が。
ホームのカスタマイズできるアプリを色々試しました。
その中で一番気にいったのが、Zeam Launcherというアプリケーション。
https://market.android.com/details?id=org.zeam&hl=ja
もちろん無料です。

アイコン変更とかの機能はありませんが、
■下方にDockが欲しい。
■キビキビ動いて欲しい。
というこっちの要望にはベストな選択だったと思います。

詳しい紹介は「andronavi」さんのこの記事におまかせしましょう。
http://andronavi.com/2010/07/27615

さーて、次はお気に入りの編集だなあ。

スマートフォンに変えました。G'z One IS11CA

July 18 2011

「もっさりの最高機種」「ドM御用達」などと呼ばれ・・・たかどうか定かではありませんが
アドレス帳ボタンを押してから4秒のウェイティングが発生という
素晴らしく機敏な動作をするCasio W62CAを使い続けて3年。

まあ、慣れというのは素晴らしいもので
最近では特に不便を感じていなかったのですが、
スマートフォンサイトなどの注文もボチボチ入り出しておるので
確認環境を得るため、と自分を納得させて発売されたばっかりのIS11CAを買いました。

色は3種類(赤、カーキ、黒)とあったのですが
赤買うと世代的に「シャア?ねえ、シャアなの?www」とか周りに絶対言われるし
(確かにサザビーっぽい感じだけども)
W62CAは黒を使ってたので、ここはちょっぴりミリオタの素養もあるカーキをチョイス。
(バトルフィールド1942をするためにXP環境を死守している、という噂が流れていたり)

初めて触るandroid携帯、(iPod Touchは先日購入して妻にプレゼントした)
心はウキウキ(死語)、実はドキドキ。

まず驚いたのはこれを買う時に「アドレス帳の移行は自分でやってね♪」と
ショップのお姉さん(巨乳だった)にニコッとして言われて
「ははっ!大丈夫ですよ!(キリッ」と目を見ずに胸を見ながら言ってしまった事。

旧携帯からアドレスを移動させる、事なんてフツーのおじさんには
正直かなり難しい作業だと思うんだけども、これを店頭でやらないんですねえ。
SDカードすら付いてない機種をずーっと使い続けて、
旧電波帯の停波をきっかけにスマートフォンにする人とかどうするんだろ・・・・・
もはや手打ちでしか方法はないと思うんだけども・・・・

まず電源オンすると「初期設定しやがれ」との事で
■au One IDが必要との表示。
・・・・・・そういえばあったねえそんなサービス。
確か、ezwebメールをGmailと同じインターフェイスで使える、みたいな。
しかし結局は送信元は「パソコン」扱いになるので、なんでえ使えねえな、と
一瞬で使うのをやめてしまった記憶があります。
(携帯以外のメールを受信拒否されると届かなくなる、のです。)
なんとかIDとパスを思い出し、ログインすると

■Googleアカウントを入力してください。

なんと。
そんなモンまでいるんかい、と一瞬眉間にシワがよりましたが
よう考えたらandroidってGoogleですやん。
確かにGmailは持ってるけどなあ・・・と考えながらふと思い立ち
Google Appsで運用している独自ドメインの方のメアドとパスワードを入力。

すんなりと通りました。

「さーて、電話帳かあ・・・・」と電話帳アプリを開いてみると
すでにいくつかの見慣れたアドレスが登録されておりました。
Googleアカウントの連絡先と自動で同期するんですねえ
さすがはクラウド化の昨今でございますな。

もうこの際、Google Appsの中に全部のアドレス帳をバックアップ兼ねて作っちまえ、と
W62CAのアドレス帳をSDカードにバックアップして、
vcard形式のファイルをGoogle Appsの連絡先にインポート。
元々Appsの連絡先にあったメアドのみのアドレスと、
電話番号のアドレスを手作業で一つ一つ修正していきました。

忘れたらいけないのが「ふりがな」を打つ事。
エクスポートしたデータは「名前(フリガナ)」という項目にフリガナが入ってるのに
Appsの編集画面上ではなぜか表示されません。
編集画面上は「名(フリガナ)」と「姓(フリガナ)」という項目で追加できます。
この辺はもうめんどくさいので適当に処理しておきました(笑)

もちろんグループ分けも可能ですし、それもスマートフォン側に反映されます。
ただし並び順までは変えられない模様。

数時間かかって、アドレス帳を作り直してスマートフォン側に無事移行完了。
その刹那、友人からメールが(ezweb.ne.jpに)届いたのですが
名前が表示されずにメールアドレス表示になってます。

「えー、ちゃんと反映されてんのになんで?」と思ってよく見ると

本体の電話帳とは別に「Eメールアドレス帳」というのも存在するのを発見。
(この名称もややこしい・・・・Ezwebメールアドレス帳にすればいいものを)

要するに、本体の電話帳からこのEメールアドレス帳に
エクスポート→インポートしてやらないとダメ、という事みたい。

たぶんこれはandroidに後付けでキャリアメールを積まないといけないという
日本独特の事情でこういう事になってしまったんだろうけど、これはこれでとてもややこしい。

そしてタイミング良く「携帯変えました」という友人からのメールが。
メール開いてそこに書かれた電話番号をクリックして、「本体電話帳」に保存可能。
Eメールアドレスをクリックすると「Eメールアドレス帳」に保存可能。

・・・・・・・・おい待てや。
クラウド化されてる「本体電話帳」に変更されたメールアドレスをどうやって保存すんのよ。
「新規登録」なら「本体電話帳」に保存できるんですが
「元々電話帳に入っている人のデータ」に追加するメニューがない!

Eメールアドレス帳側からエクスポートする機能もなさげだし
これはもう手作業でコピーするしかないのかも知れません。
今回はPC側で手作業でメールアドレスを書き換えました。

これでアドレス帳の移行はなんとか終了。

「ある程度の知識がないとスマートフォンは難しい」とは本当みたいです。
個人的には初めてのスマートフォンなので、いじっててとても楽しいですけどね。

今は色んなアプリをダウンロードして試しているところです。

また続きは次回の記事で。

« Jan 2018 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28