ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

生活保護関連での騒ぎがえらい事に

June 01 2012

税金を払うのは国民の義務。
一度払ってしまうと、それは国の持ち物であって自分のものではないから
どういう風に使われようと文句は言えない、というのが真理なのでしょうけど
そこまで人間出来てるわけではおまへんので、
やっぱりニュース見ながら悪態ついてしまうのが、自分の器なわけですよ。

それにしても、片山議員から始まったこの騒ぎがエライ事になってますね。
[browsershot url=”http://matome.naver.jp/odai/2133521122017585801″ width=”200″]河本準一の母が生活保護不正受給騒動まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2133521122017585801

家族までをネタにするという芸人さんの事情は痛いほどわかりますが、ここまでの騒ぎになってしまうと、もうどないもならんですね。

生活保護が必要な家庭に対して実際に行き渡っているのは30%にも満たない、と言われている中でのこの騒ぎは不公平感を増幅するには充分なニュースだと思いますが、一番懸念するのは「これによって生活保護という制度を利用している人達への感情」がすべて一元化されてしまう事だと思います。

河本氏に続いてキングコングの梶原氏の母に対する生活保護受給も発覚。
しかもこちらは、息子名義のマンションに住みながらの受給が発覚して、
それを本人が会見で「不正受給という感覚はありません」と言ってしまったもんだから
今、全国の福祉事務所は大変な事になっているそうです。

「それならうちももらえるはず!」生活保護問題で全国の福祉事務所に問い合わせが殺到中
http://news.livedoor.com/article/detail/6616160/

記者の問いに梶原は「親族が、マンションを担保にお金を借りていて」と返答。「仕事柄、収入も安定せず苦しかった」と話したが、関係者によると梶原の年収は推定2,000万円以上。毎月40万円の支払いでも苦にならないことから、経済的な余裕がうかがえる。

梶原本人は「不正受給という感覚はありません」と断言、これについてテレビのワイドショーに出演した大学教授も「このケースでは受給が可能」と発言したため、福祉事務所には問い合わせが殺到した。

そりゃあメディアでこんな発言したらそないなりますわ。
なんでこんな番組を放送するのか、正直首をかしげますね。
テレビ局はもはやプロダクションの機嫌取りにまで成り下がったのかとため息が出ます。

もうこうなったらもはや「財テク」と同じ感覚になってしまった感がありますが
多分、こういう事はつつけばいくらでも出てくる気がしますね。

「もらえるもんはもらっとけ」「とったもん勝ち」とは
大阪に住む自分としては、それこそ普段の会話でもナンボでも口をつくフレーズですが
それは心の奥底に潜む本音だとしても、世の中の流れが
「もらえないのはお前のやり方が悪いせいだ」という論調になるのはとても嫌ですわね。

本当に必要な所にちゃんと行き渡る制度の確立、
そして制度を利用する人のモラルが向上し、みんなで助け合える世の中になる事を願って
色々な税金を納めたいと思う小市民でございます。はい。

またもやaxeがやってくれました。ツボをおさえたキャンペーン!

May 27 2012

axeと言えば男性用化粧品。
Web界隈でaxeと言えば「常に男心をくすぐるキャンペーンサイト」
そして「最新技術を煩悩の為に惜しげも無く使用するサイト」として
すっかり定着した感がありますな。

いつぞやの「自画像をアップすればおねーちゃんが品定めしてくれる」サイトなんぞは

「これ、一体どうやって作ってんだ?」とみんなでワイワイ言ってたものです。
(このサイトは海外のみで国内で正式公開はされていません)

そして、今回はなんとWebカメラを使っての「顔認識」そして「仮想空間」を実現。
こっちの顔を動かすとそれに画面が追従して動くわけですよ。

らばQーなんという桃と谷間のパラダイス…!AXEが紳士たちのけしからん夢を叶える
http://labaq.com/archives/51746917.html

男の煩悩をくすぐるのが相変わらずウマイですねえ、ここは。
女の子の楽屋風景に入り込んで視線を動かせるという、なんとも嫁さんや娘に
遊んでいるところを見られたくない感が満載のキャンペーンサイトです(笑)

そりゃ、ハシゴ登ってる女の子が映ってれば下から覗きたくなるわね。
親父が「アップダウンクイズ」で優勝者に賞品を渡す際にタラップ上がっていく
ミニスカのスチュワーデス(当時)を「おおー」と言いながらのぞき込んだり
「宇宙刑事シャイダー」のアニーの格闘シーンが終わった瞬間に
チャンネル代えやがるんで、いつまでもシャイダーの変身後を見れなかった
幼少の頃の想い出が浮かび上がってきます。

そして、「血はあらそえない」という事なんでしょうか。
バカボンパパと同じ41歳のおっさんが、モニタの前で頭をブンブン振っているその姿。
ああ、なんと滑稽ナリよ。

しばらく、好きな視線でおねえちゃんが動き回るのを見ていられるのですが
画面が急に切り替わり、自分の画像(かなりボカされてはいますが)の
サーモグラフィーが現れ(これはさすがにネタでしょうけども)自分の頭の移動距離が
ピクセル単位で表示されます。。
この瞬間、「げーー!」って我に返る紳士も多いでしょう。
はいそうです。撮影されてるわけですよ、Webカメラ使ってんだし(笑)

そして「発汗指数」が表示されて、「こんなに動いて汗かいたんなら・・・・」と
男性用デオドラントスプレーが表示される、という流れ。

この発汗指数等をFacebookやTwitter、そしてMixiに投稿できる機能も
ちゃんと装備されており、キャンペーンサイトとしてはとてもいい出来になってますね。

ここまできっちりとターゲットを絞り込めてるのも、ある意味素晴らしいですねえ。

やっぱり毎度axeは「男の妄想」を刺激するのはとてもうまいし、
何よりも「女の子のチョイス」が素晴らしいと思うんですわね。
ケバクもないし、清楚すぎでもない、その「元気感」っつーんスか?そんな感じw

さあ、この記事を読んでる変態紳士のみんなも、Webカメラ付のPCで
axeのキャンペーンサイトにアクセスしようじゃないか。

・・・・・・・まだまだ枯れはしないぜ!
でもニオイには気をつけようね。

[browsershot url=”http://www.axeeffect.jp/dry/index.html” width=”530″]

スペインと言えば・・・闘牛、なんですけども

May 26 2012

仕事中、過去に嫁さんと行った沖縄旅行でハブとマングースの戦いが
見れんかった事をふと思い出してしまった。

昔、戦いの場だったであろうコロシアム的な所で
映像を見せられて終わり(しかも外にはなにも書いてなかった)という
なーんか損したなオイ、みたいな気持ちがすごく大きかったんである。

これも動物愛護の精神から来たものなのかなあ、と思って
次に意識が飛んだのは高知県の闘犬。

[browsershot url=”http://www.tosa.or.jp/index.html” width=”200″]土佐闘犬センターという所があるみたいで、ここではまだ見れるみたいですね。

ただ闘犬自体は県によってはすでに禁止されてる所も出てきてるようで、東京都、神奈川県、富山県、石川県、北海道は闘犬取締条例ですでに禁止されており、アメリカに至っては全州で完全に禁止されてるみたいで、重犯罪として扱われてる様子。

さすがはアメリカ、こういう部分での一致団結力はすごいものがある。

そうなると次に意識が飛ぶのはやっぱりスペイン。
スペインと言えばマタドール・レッドのマントをひらひらさせて
牛とのガチンコバトルを行う、あの競技。
一昔前ならばマタドール(闘牛士)は英雄として扱われた、というぐらいの
いわばスペインの国技みたいなもんなんですが・・・・・・

なんと今ではすでにテレビ中継もすべて無くなっており
スペイン本土にあるカタルーニャ自治州では闘牛禁止条例が可決されたそうです。

カタルーニャ自治州、闘牛禁止へ スペイン本土では初
2010年07月29日 09:11 発信地:バルセロナ/スペイン

スペイン北東部カタルーニャ(Catalonia)自治州の議会は28日、闘牛を2012年1月1日から禁じる条例を賛成68、反対55、棄権9で可決した。

可決の瞬間、議場には歓声が沸き起こった。闘牛は1991年にスペイン領カナリア諸島(Canary Islands)で禁止されているが、スペイン本土で禁止されるのは初めて。

動物愛護団体は、他州もこれに追随するよう求めている。

闘牛はスペインの国技とも言われ、闘牛士は英雄のように扱われてきた。だが近年は、若者を中心に、闘牛人気が急速な衰えを見せている。2007年のある世論調査では、国民の4人に3人が、闘牛には興味がないと回答した。

同州では人気の低下が特に顕著で、州都バルセロナ(Barcelona)で稼働している唯一の闘牛場における前年のシーズンチケット保有者数は数百人程度。首都マドリード(Madrid)最大の闘牛場における2万人を大きく下回った。

同州は、独自の言語と文化を持ち、スペインからの独立を求める声も多い。闘牛禁止条例は表向きは動物愛護のためとしているが、独自のアイデンティティーを強調する狙いがあるとの見方もある。

すでに若者に対しての求心力がなくなっている、というのにもびっくりです。
これも世の流れなんでしょうかねえ。

皆さんはどう思われますか?

と少しイケハヤっぽく今日の記事を終わってみる。

http://www.youtube.com/watch?v=MpeCF4jngYE

« Oct 2018 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30