ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

日帰り鼻茸摘出手術:その1

December 14 2011

ここ8年以上、左の鼻は常に詰まっています。
空気が流れることはほとんどない。

鼻の中に鼻茸というポリープができているのです。

自分としてはもはや「日常」なのでなんとも思わないのであるが
ここに至るまでの経緯を簡単に記すと

ちっさい頃から青ッパナを垂らしてるガキンチョだったわけでして
小学生の頃から副鼻腔炎(俗に言う蓄膿症である)と診断されていました。
中学時代に最初の鼻茸の摘出手術(この時は日帰りだった)、
そして、中学を卒業する際に蓄膿症の手術をしたのですが
当時の蓄膿症の手術は半月以上の入院が必要な大手術でした。

人間の上唇をめくった所にメスを入れると、
目のあたりまでペリーっとめくれあがるそうでして、
目の下辺りの頭蓋骨にノミで穴を開けて、中の膿を掃除する
というざっといえばこんな手術。

僕は当時、それをなにも知らなくて
目隠しされて、しかも局部麻酔(意識があったという事)で手術室にいました。

医者:「じゃあ、穴をあけますねー」
僕:「は、はい」

ガンッ!ガンッ!・・・・・・・・

なんと言いますか、音が耳からじゃなくて内側の骨から直接響くような感覚。
2発目までは覚えてますが、どうやらその後に気を失ったようで
起きたらベッドの上でした。

そしてお医者が言った言葉は・・・・

「来週、反対側だからがんばろうね!」

そう、左右の鼻孔を同時に手術はできないそうで
この苦痛が2回に分けてやってくるのですよ。
さすがに怖くなった15歳の僕は「よかったら全身麻酔で・・・」と申し出ましたので
次の手術は気づけば終わってましたが。

しかし術後、顔は風船の様に腫れ上がるし
鼻の中には数メートルはあろうかというガーゼが詰められてるし
本当に大変だった想い出しかない、この蓄膿の手術。

最近では器具の発達もあって、内視鏡手術がほとんどらしいですね。

その数年後には鼻茸の摘出のために1週間の入院。
大きい病気をほとんどしたことない僕ですが
鼻だけはずっとなんらかのトラブルを抱えて育って来たわけです。

そして、それから20数年ぶりに耳鼻科に。
なんでも最近は「日帰り手術」をウリにしている医院があって
費用もそんなに膨大じゃないそうなので、今回の摘出を思い立ったのです。

今日はまず診察、という事で鼻の中を見てもらいました。
お医者さんが「これは・・・・・・・けっこうキテますね(苦笑)」と言うぐらいの状態。
そりゃあ、20年以上放置してたわけですから。
自分に取っては日常なのであまり苦痛に感じないというだけのお話w

しかし診察の段階でわかったんですが、機器の発達はすごいです。
内視鏡カメラみたいなのですぐさま撮影して、
まだ診察台に座ってる僕に、鼻の中の写真を手渡してくれました。

写真はこちら(若干グロ。すいません。)

赤丸で囲んでいるのがポリープです。
右の鼻孔はまだマシなものの、左は完全にふさがっていて
指で触れるぐらいに飛び出してきており、しかも喉の方まで垂れ下がってるらしいです。

で、あっという間に摘出が決定されて麻酔のパッチテストを。
・・・・どうやらアルコールに対して反応が出てるらしい。
お酒飲めないのもそのせいなのかなあ・・・・・

20年前の手術では、先に輪っかがついたワイヤーで
ブチブチとこのポリープを取っていたのを覚えていますが
さて現代はどんな機械でやるんでしょうねえ。

心配だったのは鼻の奥にガーゼを詰められている期間。
確か1週間近くガーゼを詰められてた記憶があったので
その間に演奏の仕事とかがあったらとても困るからです。

ところがガーゼは翌日に取るそうで(笑)
なんじゃい、余計な心配やったんかい!!

手術は来週の月曜日です。
20年ぶりの「鼻、全面開通」に向けてのカウントダウンが開始されました。
いろんな意味で楽しみ、そして不安です。。。

本日の金額: 初診料こみで2,610円でした。

PC、スマートフォン、携帯サイト。さて、どう振り分けようか。

December 13 2011

最近のWeb制作の大きな柱となるのが
■PCサイト
■ガラケーサイト(フィーチャーフォン、だっけ)
■スマートフォンサイト
の3つでありますが、
そりゃ同じHTMLでCSSで切り替えるって事もできたりもします。

そしてiPhoneの総本山とも言えるAppleは
実はスマートフォン専用サイトを作っていない。

pxt|考察:Appleはスマホサイトを作らない。
http://www.pxt.jp/ja/diary/article/257/index.html

小さな画面でありながらページ上の構成要素の全体を一目で把握して、
自分が必要な情報に、直感的なダブルタップの操作でフォーカスできる。
興味の順に次々読み進められるし、斜め読みだってできてしまう。

これが、Appleが掲げたモバイルサイトのデザインであり、
Mobile Safari のUI設計の本質なのではないだろうか。
実際に「スマホサイトがないことに今まで気づかずにいられた」のは、
このデザインで特にストレスを感じなかった証拠でもある。

実はAppleは、スマホサイトをしっかり作っていた、というわけだ。

とはいえ、ニッポンにはまだまだガラケーのユーザーがいるのも事実。
そのガラケーですらDocomo,au,softbankの仕様はおろか
各機種の画面サイズやらブラウザのバージョンやらでもうムチャクチャな状態だ。
しかし、これは無視できない。
最近はだいぶと仕様が各キャリアで近づいてきているが
やはり一番クセのあるDocomoの仕様で合わせて制作するパターンが多い。

PCサイトをWordpressで構築して、WPTouchやKetai Styleなどの
プラグインを駆使して制作する手もあるにはあるが
固定ページがTOPページだと色々と手を入れないとけっこうキツい。

なので
■PCサイトは静的サイト
■ガラケーサイトはDocomoに合わせたインラインCSSで3キャリアをカバー
■スマートフォンサイト(iPhone,android)は兼用で制作
と、各自3つのサイトを制作して振り分けるケースを考えてみました。

まずは.htaccessを使ってガラケーからのアクセスを専用ディレクトリに転送する。
ルート下にmbというディレクトリを作ってそこにガラケーサイトを設置した場合、
HTTP_USER_AGENTを使って移動させるための記述。
(正確にはmb以外にアクセスしてくる端末を強制的にmbに飛ばす、って感じ)

RewriteEngine on
RewriteCond %{REQUEST_URI} !(^/mb/)
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ^(DoCoMo|KDDI|DDIPOKET|UP\.Browser|J-PHONE|Vodafone|SoftBank)
RewriteRule ^(.*)$ /mb/ [R,L]

次はスマートフォンですが、こいつはPCサイトも普通に見れるので
強制的に飛ばすよりも、ユーザーに選択させる方が吉、と思い
PCサイトページにjavascriptを使って、バナーを表示させる事にする。

spというディレクトリにスマートフォン専用サイトを設置するとして

 if ((navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0 && navigator.userAgent.indexOf('iPad') == -1) || navigator.userAgent.indexOf('iPod') > 0 || navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ) {
document.write('<p align="center"><a href="./sp/index.html"><img src="./img/tosmart.jpg" width="600" height="140" /></a>');
}

この記述のjsファイルを作って、bodyタグのすぐ下でscriptタグで読み込ませると
iPad以外のスマートフォン端末がPCサイトのTOPにアクセスしてきた場合に
600×140ピクセルのバナーを最上部、中央配置で表示させる事ができます。
PCで見てもこれは表示されません。

後はスマートフォンサイトのフッターにPCサイトへの切り替えスイッチを設置。
これでユーザーがPCサイトとスマートフォンサイトを
行ったり来たり出来る様になります。

それにしてもあと3年とかで、なにもかもが大きく変わってそうですねえ。
だからこそ、この仕事はおもしろいんですけども。

友人がCDをリリースしました。

December 10 2011

もう長い事一緒にバンドをやっている光井さくら嬢がこの度CDを作りました。

光井さくらのWebサイトはこちら

今回レコーディングした曲は4曲で、いずれも彼女のライブではお馴染みの曲達。

とはいえ、今回は録音には一切参加はしておりませんが(笑)

その代わりと言ってはなんですが、ジャケットデザインおよび業者とのやりとりを

主に担当させていただきました。

まあ、電脳販促物制作が主業務とはいえCDのデザインなんて初めてで

彼女と顔をつきあわせてあーでもないこーでもないと制作し

そして業者さんに電話口で色々と教えていただき

請け負っといてなんですが、ええ勉強をさせてもらったと思います。

今回は1枚物の見開きなんですが、次回はブックレットとかにも挑戦したいですねえ。

改めて届いたものを見ると感無量です。

特に盤面印刷のルールは自分にとってとても勉強になりました。

Webサイトの方にもJQueryとSWFを使ったプレーヤーを設置したので

収録曲4曲の一部分を聴くことができます。

特に3曲目の「私は祈る」はライブではハイライトとなる名曲です。

これを機会に全部のコード進行覚えておいて

「いざ」という時にそなえとこうかなあ(笑)

以下、「私は祈る」の歌詞を引用しておきます。

(手元には版元があるのです)

CDもいいけど、ぜひ彼女のライブでこの曲を体験してほしいですね。

情景を浮かび上がらせる彼女の歌声は、直接感情に触れてきますから。

私は祈る チョコの付いた指であちこち触る 子供達のために

私は祈る くすぐられるのが大好きな 子供達のために

私は祈る 晩ご飯の前におやつをぱくぱく食べる 子供達のために

私は祈る 汚れた口でキスしてくれる 子供達のために

祈り続けたい 祈り続けたい 同じ星の下で

私は祈る 算数のドリルを真っ黒に塗りつぶしてしまう あの子達のために

私は祈る 歯磨き粉を歯ブラシに山盛りつける あの子達のために

私は祈る 麻薬から身を守る術を持たない 人々のために

私は祈る ドレッサーの周りに飾る写真のない あの子達のために

祈り続けたい 祈り続けたい 同じ星の下で

私は祈る 「いってきまーす」と出かけて給食費を忘れる 子供達のために

私は祈る 犬と一緒に眠り死んだ金魚を土に埋める 子供達のために

私は祈る 盗むパンさえ どこにも見当たらない あの子達のために

私は祈る 有刺鉄線の向こうからカメラマンをじっと見てる あの子達のために

祈り続けたい 祈り続けたい 同じ星の下で

Ah Ah 同じ星の下で

あの人と この街で この国で祈り続けたい

« Apr 2019 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31