ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

IEEEカードのトラブル発生(解決編)

May 27 2011

ちょっと前に「IEEEカード買い換えたのにDVカメラ認識しねえ」という記事を書いたんですが
なんやかんやと忙しくてそのまま放置しておりまして・・・・

とはいえ、そろそろこれをきっちり治しておかないと、思い立って
Amazonで「ポートを増やしタイ(CIF-FW4P3)」という
なんとも素晴らしいネーミングのIEEEカードを購入。
これはTexas Instruments社製TSB43AB22Aチップを積んでいて、しかも実売1700円程度。

そしてあっさりとDVカメラ認識ww

これからはIEEEカードを買うときにチップが何か見るようになりそうです。

こういうのも「相性」っていう事で片付けられるんでしょうかねえ。
なんか納得いかんのですけどもね。

WPtouch Proを使ってみました。

May 14 2011

今回、Wordpress+WPtouchでスマフォサイトを作る機会がありまして
まずはフリー版のWPtouchを手に入れて色々いじっていたのですが
触っていくうちにつれて色々と問題点が出てきました。

フリーで配布されているWPtouchには自分から見て以下の問題が。

■テーマファイルを選択できない。
設定画面にはテーマ自体を選ぶ項目がありません。
背景のパターンやH2タグのフォントなどを選べる項目はあるのですが
本当にほんの少ししかいじる事ができないのです。
それじゃあ、直接フォルダ内のファイルいじったらんかい、と思って
熱くいじり倒していたのですが、ふと冷静になって
「待て待て待て、これプラグインアップデートされたら終わりやん」と
我に返ってしまいました。

テーマが入っているフォルダを複製して、
wptouch.phpの記述(default、と書かれた部分でフォルダを指定している)
を変更する、という手もありますが
「めんどくさい」という言葉でブログ内検索かけたら、オニの様にHITする
このワタクシめの事ですから、絶対に忘れる事すでにプロミス済み。
というか、自分でこれだから管理権限を誰かに渡すなんて絶対にできませんw

■WordpressのTOPページが固定ページの場合のスイッチリンクの挙動
今回これを導入したWordpressはマルチサイト環境で動いており
下層に複数のブログが動いているのですが、困ったのは
「親ブログのTOPページが固定ページ指定」という事なのです。

フリー版のWPtouchには「ホームページリダイレクト」という項目があり
そこで作成済みの固定ページを選んで設定する事ができます。

PC版トップの固定ページにはPC表示に合わせた画像や、
いろんなモンがひしめき合っている状態で、まずこれを指定する事は無理。
んじゃあ、スマフォ用のTOPページを作って、PC版のメニューから外して
「ホームページリダイレクト」でそのページを指定すればいいじゃん、と
思って作業してたんですが・・・・・・

WPtouchのテーマのフッター部分には
「PC版」と「スマフォ版」の切り替えスイッチが表示されるんですね。
で、PC版をタッチしてみると・・・・・・
そう、スマフォ用に作ったページが「PC版」として表示されちまうのです。

子ブログは全部ブログなんで、わざわざこんな事をしなくても
そのまますいすいとスマフォ表示に変換してくれます。

うーむ、それじゃあトップページの切り替えスイッチは非表示にして
強制的にスマフォ表示に固定するか・・・と思ったのですが
「ブログに付いてるスイッチさあ、トップにもつけてくれる?」って言われるやん絶対。

・・・・・・・・・・・・・・心折れました、ここで。

しかしぃ!そのWPtouchフリー版の管理画面で知った
有料バージョンの「WPtouch PRO」!

もしかして、オマエなら・・・・この哀れなボブを救ってくれるのかい?と
Buyなうしちゃいました。39ドルです。十字路で悪魔と取引した気分でした。

サイトでお金を払ってメールアドレスを登録すると、
ログインパスワードが贈られてくるので、ログインしてファイルをダウンロード。

早速Wordpressに適用してみました。
・・・・・・・・まあ、なんていうのか、すさまじいほどの充実機能でした。

マルチサイト環境にも普通に対応しており、
設定項目はフリー版と比べてどう見ても10倍近くはあります。

■デフォルトテーマは2種類あって、複製して使える。
(しかも複製したテーマは別の所にインストールされ上書きの恐れナシ!)
■スイッチリンクをタッチした時のジャンプ先を設定できる。
この時点で上記の問題は軽々とクリア。

親ブログのWPtouch Proの設定画面には
子ブログのWPtouch Proの設定画面に表示させる項目を選ぶことができる
何とも安心な仕様になっていて、変にいじられなくて済みます。
最初はほとんどDisabledになってるのでオンにしてやる必要があります。
子ブログで別のテーマを使いたい場合、初期設定のままでは
テーマブラウザが表示されないからです。

なんとも便利なのは「デバッグモード」を搭載している事。
cookieを使って、今作業しているブラウザのみ
iPhoneなどで見た時と同じレンダリングで出力してくれるのですよ。
これとFirebugを組み合わせたら最強の開発環境になります。

他にもフリー版と違う所は・・・・
■フッターコンテンツをHTMLで組む事ができる。
■ヘッダーロゴのURLを挿入できる項目がある。
■body周りのCSSをそのまま管理画面で設定できる。
■iPadに対応している。
■ヘッダー部分にカスタムURLを3つまで設定できる。
などなど盛りだくさんです。
これは各テーマの仕様に基づいて変わります。
最初に付いてるClassicというテーマで本当に十分!

一応、管理画面を日本語にもできるのですが
これが完全ではない上に、日本語も少々おかしいです。

いやーそれにしてもこれは本当にありがたいプラグインです。
3000円弱でここまで出来るのなら最高の価値ではないでしょうか。

Blogn+(MySQL)の受信メール用ユーザーIDの文字数を増やす

May 12 2011

友人達のブログを作ってあげた時に、Blogn+のテキスト版を使ったのだけども
datフォルダの中にlock(ランダム文字列)というファイルが出来ると
コメントから投稿から何から出来なくなってしまう、という症状に
ずっと悩まされてました。
(というかその度に電話がかかってきて、めんどくさいww)

正確に言うと、lockという元々あるファイルが何かの拍子にリネームされちゃう。
パーミッション変えれば大丈夫、ってのを見て試したりもしたけども
いかんせんこれが効果がない。

ただこれはMySQL版で構築しちゃうと、lockファイル自体存在しなくなるので
このトラブルとは無縁になる・・・って事だ!

Blognをいじり始めた頃は、正直「データベースって・・・・・何?」っていう
チキンなスキルで満ちていたので、どうしようもなかったんだけども
最近はWordpressなどをいじってるし、それなりの知識もついたので
この際、どれもこれも全部MySQL版にインストールしなおす事にした。

で、記事のインポートなどもうまくいって、
モブログ用の設定(記事以外の設定はエクスポートもインポートも出来ないw)を
カチカチとしていたんですが、不思議な事が。

受信メール用ユーザーID、という項目が
(モブログ投稿用のPOPアカウントにあたる項目)
どうやら全角20文字までしか入力できないみたいで
設定しても20文字以降は尻切れで保存されてしまうのである。

これは困る。
その為だけにメールアドレスを取るのも変えるのも嫌だし
何より使ってる友人達にそれぞれ伝えるのが・・・・
めんどくさい。

今の環境をそのまま移行するのが一番、と
MyPHPAdminでデータベースにログインして色々眺めてると

blogn_userlist というテーブルに
receive_mail_user_id という項目を発見。

そこに20という数字があるので、それを直接変更したら
長いメールアドレスも保存できるようになりました。

これで・・・・・・「また動かへんようになってるで!」って電話から
解放される気が、ほんの少しだけしています(笑)

« May 2019 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30