ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

テレビのアナログ放送が終了。

July 25 2011

2011年7月24日のイベントと言えば「アナログ放送が終了」。
歴史が変わる瞬間を見ようと、目覚ましまでかけて起きてテレビ観てたのに
我が家は集合住宅ごとケーブルテレビに加入しておるようで
「デジアナ変換」という事で、正午すぎても普通にテレビ見れました(笑)

なんじゃーい、おもんねー!と思いつつも
よく考えればカーナビで見ればよかったのね。
ちなみにクルマでテレビを観たことはたったの一度もありません。
ミュージックサーバー機能、というのも搭載されているわがHDDカーナビですが
iPodをCDチェンジャーと認識させて接続しているので、0バイトのまま。
正直、こんな機能いらんからもっとカーナビの値段下げろや、とも思ったり。

それにしても、もっと移行でゴチャゴチャしたり
各局がもう鬼のような特番組んだりするのかなあ、とも思ってたんですが
ほんとあっさりアナログ放送は終わってしまったんですね。
時代が変わる、ってそんな大げさなものでもなかったのかも知れませんね。

管轄のケーブルテレビはデジアナ変換を2015年3月末まで続けるようです。
普段、ほとんどテレビを見ずにラジオばっかり聞いてる我が家としては
たぶん壊れるまでこのブラウン管テレビを使い続けるのかも知れないです。

自分が年をとったせいなのか、それとも本当に今のテレビがおもんないのか
それを客観的に見るのはとても難しいですが
最近はどのテレビ見ても芸人が食いもん喰ったり、クイズに答えてる気がします。

子供の頃は「何曜日にはコレ!」とある程度のレギュラー番組が
頭に入っていたような記憶もあるのですが、最近はこれもゼロに近いです。
「これだけは外せない!」という思い入れのある番組を見いだすのも難しい。

愛用のPCには地上デジタルチューナーをつけてあるし
どうしても見たい番組があればPCで録画して、
それをネットワークメディアプレーヤー、もしくはPSPやiPod,android用に変換すれば
番組を見る事ができる環境もありますので
本当に必要性を感じない、というのもありますね。

僕が小さい頃には本当に「夢の箱」だったテレビ。
今ではとてもそう呼べる物ではなくなった気がします。

テレビ愛媛停波の瞬間。

お疲れ様、アナログ放送。

日本のテレビ放送に尽力、アナロ熊さん死去 58歳

お疲れ様、アナロ熊さん。(記事は虚構新聞により作成された物で、一種のシャレです。)

IS11CAその3:さてブラウザ何使おうか。

July 24 2011

電池の減り具合に少し唖然としつつも
「いや、これは触りまくってるからだ。きっとそうだ。」と言い聞かせてます。

お風呂に入りながらネットできるのってやっぱすごい。
恐る恐るチャポン、っと湯船の底に沈めてみたけど全然大丈夫。
さすがG’z、何ともないぜ!

さあ、それでネットするのにはやっぱブラウザって事なんですが
もちろんandroid端末、デフォルトでブラウザが搭載されてるんですが
お気に入りのフォルダ管理ができない、という仕様にはちょいと困りました。

縦にずらーっと並んだお気に入りってのはどうも性に合いません。
なので、色々とダウンロードしてみました。
まずはPC環境で使っているfirefoxのandroidバージョン。

■Firefox for android http://mozilla.jp/firefox/mobile/
うーん、Firefox SyncなどでPCとの同期出来るのはいいんだけれど
いかんせん重すぎて話になりません。
しかもFlashプラグインもまだ使えない、って事なのでこれは評価できない状態。
なのでこれはスルー。

■Opera Mobile 配布元
引き続き試したのはOperaのスマートフォンバージョン。
・・・・・・あら、ブックマークのインポートもなし?
下方にまとめられたメニューはとても使いやすくて好感もてるんですが
いまいち使用感がしっくりこないので、こいつもパス。

■Dolphin Browser HD 配布元
結局落ち着いたのはこのブラウザーでした。
ブックマークのフォルダ管理できるのもよかったですが、
左右のフリックでブックマーク、そしてアドオンバーを即座に出せるのが気に入りました。
タブなどのUIもChromeに近い感じでわかりやすいです。
設定項目も存分にあり、無料のアプリでここまでできるのは文句なしです。

スマートフォンを持ってみて、意外だなあと思った事が
めったにネットサーフィンをしない、って事ですね(笑)
ソーシャル系のサイトにはほとんど専用アプリがありますし
ブログの更新にしたって、Wordpressにも専用アプリが。
なもんで、ブラウザを立ち上げることが少ないんですわこれが。

でも、いざって時に使いにくかったらイヤだしねえ。
しばらくはこのDolphin Browser HDを使ってみようと思います。

娘が生まれて1年。SOHOとしての生活様式の定着はいつだろう。

July 23 2011

娘が生まれて無事に1年過ぎまして
健康にすくすくと育ってくれてる事がなによりありがたいことです。

家の中に仕事場があるSOHOワーカーとしては
どうすれば家の中の環境がうまく回り、また妻の負担を減らせるのかというテーマに
色々と試行錯誤しながら取り組んできました。
もちろん、色々と怒られたりもしましたが・・・・・・

妻は妊娠が発覚して退職し、専業主婦になりまして
家の中には仕事場にこもってる私と、リビングで育児をする妻という環境。
最初は、「オレはこれが仕事、妻は育児が仕事」と割り切って生活してたのですが
なにぶんお互い初めての事なもので、どうすればストレスがなくなるのかわからず。
色々と話し合ったり喧嘩もしたりしました。

「家にいる」という事実と「仕事をしてる」という事実に
どう折り合いをつけるのか、という部分にかなり悩んだのですけれども
最近は娘が寝てから、さあ仕事開始だ、という感覚でいる事にしています。

朝7時頃に寝て、昼頃に起き、昼食をみんな一緒にとります。
その後も仕事をするのですが、妻が手を離せない時などは
そっちを家事・育児を優先してヘルプをするようにしました。
娘の離乳食などは妻が作りますが、夕食は私が全面的に作るようにしています。

だいたい8時頃に妻と娘は就寝しますので、そっからお仕事という感じです。
(寝る場所は別にしています。)
で、朝6時過ぎまで仕事をするという感じですか。
ちょうど12時間ずれた感じの生活スタイルですけども、すれ違ってる感覚はないなあ。

どんなスタイルが正しいのか、それは正直わかりません。
これからも試行錯誤が続いていくことは間違いないでしょうし
今のスタイルも、自分はよかれと思っても、妻がどう思ってるかもわかりませんしね。。

3人の人間がいる家の中、やはり優先順位は自分で何もできない娘かな、と。
日々の成長をすぐ隣で見守れるというのは、
SOHOワーカーとしてのメリットだと思っています。

もう少し娘が大きくなったらまた事情は変わるでしょうけど
それはその時になったら考える事にしましょう(笑)

人生、これすなわち勉強なり。
試行錯誤がおもしろいと思える内は色々と試していきたいですね。

« Nov 2017 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31