ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

最後の優しさを見せてくれた相棒はもう動かない

January 17 2013

先日、手放す事に決めた7年半を共にした愛車RVR。

朝方に仕事を終え、まだ暗い街を走りぬけて
僕の家に続く長い長い一本道(上り坂だ)を登っている時に事件は起こった。

「バン!」という鈍い音と共に点灯する警告灯。
そして急激に重くなるパワーステアリング。
家まであと数十メートルでの出来事。

ヒイコラと両手でハンドルを回しながら駐車場に車を入れてエンジンを止め
ボンネットを開けてエンジンベルトを見てみると、見事にベルトが外れていた。
切れているわけではなく、外れているのは恐らくウォーターポンプの周りの何かが
折れたりしたんだろう。

確定した事実は相棒はもうここから動けない、という事。

車がないと事実上生活する事が困難になるこの地域、とりあえず車を確保せねばならぬ。
とりあえず、風呂に入って頭の中を一生懸命整理する。
何をして何をすべきでないか、この数日間の予定をクリアできるのかどうか。

8時になった時点で近所のレンタカー屋に電話を入れてみるも
今すぐ、しかも長期のレンタルできる車はない、との事。
諦めるわけにはいかないので、片っ端から検索してコールする。
まさにインターネッツの申し子。Googleアドワーズに金払ってる人にとっては
まさに金を絞り落とすかの行動に等しい。

ようやく長期レンタルできる手頃な車が見つかった。
しかしそのレンタカー屋は東大阪市だった。ここからはかなりの距離。
仕方がないので16時に東大阪まで行く事にして、すこし眠った。

14時。バスに乗って電車を乗り継いでいる間に色々考える。
あのベルト外れがもし、仕事に行く最中に起こっていたら・・・
もし家族が乗っている時の高速道路上だったなら・・・・・
夜明け前の帰り道、しかも家の数十メートル前まで相棒は耐えてくれたのか、と
考えたらなんか涙が出そうになった。

「あー、もう無理。ごめんね。あと数メートルで家だしもういいだろ。先に行くわ。」

16時。相棒より2回りは小さいであろう軽自動車を運転しながら思う。
あれは相棒の最後の優しさだったのかも知れない、と。
つくづく自分は恵まれている。
勝手にそう思わせてもらうのは、かなり身勝手なのかも知れないけど
結果的に僕自身も誰も傷つかなかったのだから。

17時。家に帰り着いた。
家への階段をあがる時、ちらりと駐車スペースに視線を向ける。

最後の優しさを見せてくれた相棒はもう動かない。

哀しいけれどそれが今の事実なのだ。

さよならRVR。7年半もの間、本当にありがとう。

January 16 2013

結婚したと同時に買った我が愛車、三菱RVRスポーツギア(平成9年モデル)。
過去ブログの記事を見ると、2005年8月31日に納車されたらしい。

先日、LLCの漏れを発見して以来、水漏れとの戦いでしたが
どうやらウォーターポンプ周りがすべて具合悪くなってしまったらしく
修理の見積りをとると、とんでもない金額になってしまいました。

本当は今年の9月の車検切れまでは乗ろう、と思っていたんですけども
もうここらで限界が来てしまったようです。

思えばRVRというのは本当に変わった車で
20歳過ぎのころ見た時はなんじゃこれ、と思いましたけども
その変わった風貌がずっと心に引っかかっていて、車を買おうと思った時に
なぜか最初に思いついてしまったんですよね。

仕事上、機材などを積むこともありますから
ある程度のサイズの車が必要だったんですけど、RVRのサイズは
デカすぎもなく取り回しも非常に楽でした。

あの頃は夫婦二人でしたから、これに乗って本当に色んな所に行きました。
下呂温泉から日本海に抜けたりとか、色んなシーンを思い出します。

そして気づけば我が家は4人家族。
さすがに片側スライドシート、ハイオク仕様という燃費の悪さ、窓が開かない後部座席、
市街地で雪も降らない所の4WDは今ではすこぶる嫁さんには評判が悪くて(笑)

とりあえず今はホルツのラドウェルド(水漏れ防止剤)で漏れは止まっていますが
所詮こいつも応急処置でしかありません。

走行距離64000kmで我が家に来たこいつもすでに164000km。
本当にいっぱい一緒に走りました。

RVR

2006/11/15 高原川流域にて

7年半もの間、本当にありがとうでした。
こうして記録に残すぐらいしか出来ないけれど、絶対に忘れないよ。

iPhone5とTouchでベビーモニター環境を構築完了しました。

January 15 2013

我が家にやってきたiPhone5、そして手持ちのiPod Touch。
この2つでなんとかベビーモニター環境を作ろうじゃないか、という事で
いろんなアプリケーションを試してみました。

まず、AppStoreで目に付いたのが「Baby Monitor Plus」という無料アプリ。

Baby Monitor Plusこれはモニタリング環境はなくて、アラートを電話番号、もしくはSMSメールを送信するものですが、iPod Touchにはもちろん電話回線発信機能はないので、Touchにインストールした時点でサムネイルに表示されている電話アイコンは消えてしまってました。

一応SMSでiPhone側のメールアドレスを指定して、動作確認してみるとちゃんと動いたのですけれど、やっぱりメールの着信音では気づかないケースもあると思って、このアプリの採用は見送りました。

一旦、頭の中を整理してみると・・・・・

  • やっぱり音声通話での着信は最低ライン。
  • しかし、iPod Touchに電話番号への発信させるとなると・・・・・
  • ・・・・・Skypeか!!

再度、Skypeとの連携機能が付いているアプリを探してみるものの
これがほとんど見つからないのですね。

もう一度、頭の中の整理・・・・

  • Skypeがダメか・・・・なんぞ音声発信での発信・・・・
  • ・・・・・・FaceTimeがあるじゃないか!!

そうです。Apple純正のFaceTimeを忘れておりました。
OSに紐付いてる機能ならば、絶対に連携しているアプリがあるはずだと思い
探してみると、CodeGooが開発した「Baby Monitor」というアプリがありました。
ただし有料アプリです。450円也。

mzl.evgkasij.320x480-75右下にはっきりと「FaceTime」の文字があります。

早速450円でStoreから購入。
発信先を設定する際には、予め「連絡先」アプリに発信先を登録する必要があります。

アラート発信の設定項目は

■起動から監視開始までの秒数
■センサー感度(お任せ、or スライダーで設定)
■トリガー回数(1回から5回まで)

で、割と細かく設定が可能でした。

設定した感度で、回数がカウントを越えるとFaceTimeが立ち上がって、iPhone側に発信します。

もちろん、その際はビデオ通信になるので簡易ではありますが、モニタリングも可能になります。
好きな時に映像を見たり、カメラを動かしたりなどはできませんけども、設置する際に赤ちゃんを映るようにしておけばアラート時に姿を見ることが出来ます。
我が家は夜間外出しないので赤外線カメラ機能も必要ありませんし、これで大満足です!

そういえば設定していて思ったんですけども、FaceTimeってIDにハイフンが含まれていると使えないんでしょうか。

自分のドメインはハイフンが含まれているんですけども、
FaceTimeで発信する際にはそのハイフンが抜け落ちてしまい、「発信先が見つからない」
という事態になってしまうんですよねえ。
FaceTimeは着信するためのメールアドレスを追加できますので、それで対処しました。

これで少しは育児が楽になればいいんですけどねえ。
さてさて、どうなりますやら。

« Dec 2019 January 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31