ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

玉子 ― 胆汁なし、そしてアレルギーを乗り越えての7年ぶりのメニューとは

November 28 2019

思えば胆嚢摘出したのが7年前になりますか。
襲い来る胆石発作の強烈な痛みに何度も悩まされながら、「何を食ったら痛くならないのか」という実験を毎日繰り返しながら手術日まで耐えたのを思い出します。

胆石その3~ともかく胆嚢は摘出されました。

あの日々の実験の中で食べたらアカンものとしてよーくわかったのは「脂っこい物」そして「生卵」でありました。
胆嚢を摘出した今でもチャーシュー麺を食べた翌日は腹壊します(笑)
幸い、生卵ぐらいは何ともなくなりましたが。

生卵といえば我が家の子供らも小さい頃からいわゆる「アレルギー」がありまして。

玉子 ― アレルギーとのお付き合いについて

この記事を書いたのが2年ほど前。
今ではたまごかけご飯も食べれる様になりましたが、たまに口の周りが赤くなったりの反応(長男のみ)がありました。

脂っこいもの=肉、生卵といえば。
そうです。すき焼きです。スキヤキ。上を向いて歩こう。

胆嚢摘出して以来、徹底的に避けてきたメニュー。
ましてや子供らが卵アレルギー持ち、って事だとまあ普通は晩ご飯のメニューにはチョイスしませんわ。

しかし、もう大丈夫ではないだろうか?と恐る恐る7年ぶりに復活させてみました。

我が家の作り方は「割り下」を使わずに、肉を焼いてから醤油・酒・砂糖で味付けをする「関西風」。
小学生の時の修学旅行で食べた割り下を使うタイプのすき焼きに違和感を感じたのをすごく覚えてます。
ま、これは「文化の違い」であって良い悪いの問題ではありません。
ただの好みの問題であります。

生卵に浸けて食べる、という食べ方に子供らは「なにそれ??」と驚いておりましたが、一口食べると「おいしい!!」とバクバクと食べ始めまして。
・・・・こっちからすると口の周りが赤くなったりとかなんぞ発作が起きないかヒヤヒヤでしたが、幸いなんの異常もなく晩飯タイムは終了。
なんせ長男は過去、バナナ食べた瞬間アナフィラキシーショックで入院した過去もありますし。

長男、再入院~バナナでアレルギー発作

関空からオーストラリアに帰るはずだったが、急に飛行機が飛ばなくなって急遽泊まりに来ていた義妹が参加しての、楽しい晩ご飯。
いわゆる「遅延補償」で多大なる食費の援助、という側面もありましたがね(笑)

後は明日、自分が腹壊してなければオールオッケイなのですが、まあそれは我慢出来る範疇ですわw

漆黒 ― 昔に習った事が実は間違いだったというのを知る(ワックス掛編)

November 24 2019

昨日はLisa&The Five Caratsで初のいわゆる「営業ライブ」でイオンモール日根野へ行ってました。
ショッピングモール内でのバンド演奏依頼、というのはここ最近では珍しく(大抵は営業店舗からうるせえ、と言われる)大丈夫かいね、と思ってたら案の定サウンドチェック終了後に店舗側から「音量を下げてくれ」と要望が(笑)
めっさ抑えめで演奏してたつもりなんですが、それでもまだダメですかw

だいぶと前になりますが近鉄百貨店の入り口前にて演奏した事があったんですが、
イベントとして依頼されて演奏しているにも関わらず警察が来て「今演奏してたんはお前らか」とお前ら呼ばわりされた事もありましたなあ(笑)

とはいえ、本番ではたくさんのお客さんが見てくれましてとても楽しく演奏出来ました。
搬入~2ステージ~搬出という非常にバッタバタしてた感ありましたので写真も1ステ開始直後のこれしかありません。

なんともほんわかした感じでした。
もともとここは1995年にジャスコシティとしてオープンしたとか。

一夜明けて本日。とても良い天気なのですが翌日に雨が降る、との事。
前から気になってたのが今の愛車ヴォクシーが汚えのでなんとかせにゃいかんねという件。

前々車のRVR時代はそれこそワックスなんぞも掛けてたんですけども、その次のスパシオに至ってはもう洗車機の撥水ワックス洗車だけでずっと済ましてたんです。
ガンメタ系のカラーだった事もあり、汚れも全然目立たなかったので。

ところが今のヴォクシーは黒色。しかもミラーなどはメッキパーツ。
洗車機だけではどうも薄汚れた感が拭えませんや。
なので、どっかのタイミングできっちりと固形ワックスやコンパウンドで磨いたらんと、と思てたんです。

ちょうど日曜日だったので娘と二人でカーショップへ行って10年ぶり以上の固形ワックス購入。

なかなかレビュー評価が高かったこのウィルソンの「超防水ダーク&メタリック」を購入。
少々コンパウンドも入ってるみたいで、今回の目的には合致。しかも安い!
そこは王道のシュアラスターちゃいますのん、とは思うんですが高いのよあれは(笑)
横の黄色い瓶は油膜取りなら超定番の「キイロビン」。

今や濡れたままスプレーして吹き上げるだけの物が主流なのは知ってましたが、なんとなくね・・・
固形ワックスを塗り塗りしたくなったんですわね。

色々調べてみたら、どうやら一方向にまっすぐ塗るのが正解みたいですね。
若い時、ガソリンスタンドの正社員だった頃に先輩に教えてもらった小さな円を書く様に広げていくやり方ではないというのがびっくりしました。
今回は細かい傷を取る、というのも目的だったので「円を描く」方法でワックスを掛けましたがやっぱり車体がデカいとしんどいっすわね(笑)

後は天井のムーンルーフのガラスに恐ろしいぐらいの油膜が付いてたのでこれをキイロビンで除去。
そして各ガラスにガラコ加工という工程でしたが、家族総出で2時間ぐらいかかりました(笑)

長女はどうやらこういう作業は嫌いではないらしく、ワックスの拭き上げを喜んでやってました。
しかも、拭き残しがあると我慢できないみたいで「ここ残ってる」と指摘されまくるオヤジ。
長男はどうもアカンみたいで、しょっちゅう脱線して車内で寝転がったりしとりましたが(笑)

しかし、やっぱり固形ならではのツヤというのはええもんですね。
本当は鉄粉取り用の粘土とかで下地をキレイにしてから、とかの方がええんでしょうけどもそこまでするパワーありませんわ。

車がキレイになると気分がよいのは確か。
こうして手を掛けてやる、というんも車に対する愛情なんかな、と思いつつも細かい傷や凹みぐらいはなんも気にならない性格なのでその辺のバランスがキモってとこですかいね(笑)

さすがにボンネットに「チンコ」って彫られた時は凹みましたけどね、ええ。
(一番最初に乗った車の際、マジでやられた事があります。)

長男が7歳になりました

November 19 2019

この前1年生になりよったで、と思ってたらあっという間に7歳になりよりまして。
朝、起きた時から「今日はオラの誕生日!」と最近夢中なクレヨンしんちゃん口調でテンション高め。
まあ、きっと子供ならではの「誕生日プレゼント」への期待が9割やとは思いますが(笑)

自分が1年生の頃といえば1978年、ですか。
ちょうどスペース・インベーダーが世の中に出た時ですね。
その頃の自分は何をプレゼントに欲しがってたのかはもう覚えてはいません。
その2年後にはゲームウォッチが発売されて、幾多のLSIゲームが乱発されますからそれらをもらってたのを覚えてます。

前年と同様にご所望なのは現在放送中の「仮面ライダーゼロワン」のベルト。

長男が6歳になりました

この「仮面ライダーゼロワン」、自分は初回放送しか見ていません。
前年の「仮面ライダージオウ」も途中でドロップアウト。
というか、昨年と比べて連続ドラマを見る時間を取ろうとしていないのに気付いています。
「いだてん」も面白いな、と思ってたにも関わらず録画だけが溜まっていっております。

きっと、これは優先順位の上位に「譜面を書く事」が踊り出たせいでしょうね。
今までの蓄積によるレパートリーだけでの演奏仕事を減らした代わりに、自主主催イベントである「京ノ夜会」やGEKOでの定例ライブが一気に増えてるので仕方ないと言えましょう。
あ、でも「全裸監督」は8話を一気に見てたからこれには当てはまらないのかな(笑)

その、なんやようわからんライダーのベルトを購入しました。
最近のベルト商法ではよくありがちの「そのセットにしか付かない他変身アイテムとホルダー」のセット売り(ベルト単体よりは値が張る)を前もって指定してきたあたりが、7歳なりに知恵を付けたって事なのでしょう。

変身する際にまずカードをかざして認証させてから差し込まないとエラーが出る、という設定(いわゆる二段階認証方式)が、オモチャにもそのまま反映されてて、ちょっと感心しました(笑)

このデザインのモチーフ・・・もしかしてグラフィックボードなのかね?

前年の「仮面ライダージオウ」のジクウドライバーはベルト本体がキラキラ光ってとても綺麗でしたが、それに比べてすこし地味、かなあ。
そんな親のオトナ視点は子供には一切関係なくて、長男は大喜びして早速変身しまくってました。

が、やはりテレビの主人公みたいにはカッコ良くいかない。
まずカードをかざす時にベルトを見る所からNGを出す親父。
いや、そこはやっぱり見たらあかんでしょ。見ずにピタッと当てないと。

1段階目の認証を終えてから、そのカードを開いてベルトに差し込むんですが、その開き具合が中途半端なので差し込む際にガチャガチャと何ともブサイクな結果になるのが最高に笑えるんですわね。

ま、しばらくはベルトを見ずに変身するという事に熱中してくれる事でしょう(笑)

これで我が家には変身ベルトが6つ目、という事に。
いつまでこれを手元に置きよるんかなあ、と先が楽しみでもあります。

手巻き寿司は我が家のパーティーのもはや定番。

全ての人に優しい男の子であれ、と願う親父でした。

ロケフリ環境を構築すれば、少しは録画の消化も楽かなあと思いつつもそれが面倒くさいんよね(笑)

« Nov 2019 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31