ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

葉巻 ― ラッキーストライクシガリロが発売されたので購入してみました

August 09 2019

タバコに関してはなんやかんやと長いお付き合いです。
長いお付き合い、というよりも「これぞ」というのを探す旅とでも言いましょうか。
最初に吸ってたRJRキャメルがアメリカ本国以外はJT生産になり、トルコ葉のあの香りがなくなってしまった以降、好みの味の銘柄を探す旅が続いているというのが近い感覚。

結局あの時は一番味が近かったラッキーストライクFKに移って今に至ります。
ラッキーストライクに移ってからもナット・シャーマン(廃止)、ポール・モール(廃止)、カズベックオーバル(廃止)などなど気に入ったもんがなくなるという歴史は未だに続いております。

久しぶりの庄内 – カズベックオーバルをようやく試せた

ラッキーストライクも青い箱の新製品がちょっと前に出ましたけどあれもダメですわ。
もしかしたらFKがなくなってアレに統一されたらどないしよ、と思ってたんですがそれは大丈夫だったみたい。

そして、そのラッキーストライクから2019年8月6日に新製品が出ました。
ラッキーストライクシガリロ10,そして6という製品名でいわば「シガー」に分類されるものです。

値段は20本入りで350円。タバコとは税金が違うのでこの価格が実現したそうで。
でもシガーでこの値段ってなるとエライ安いよな・・・って思ってました。

FKと比べてかなり細身。シガーって事なのでタバコの葉で巻いてあるようです。
咥えた時点でかなり濃厚な香りがしてるので期待大・・・!

しかしシガーとしてはやっぱり値段なりと言いますか、ちょいと物足りないなあ。。
これならVAPEでチョコレート系のリキッドの方がまだマシかなと思ったり。
きっとこれはもう買わないと思います。

ラッキーストライクは2003年に1916と1942という1年半で消えていった限定銘柄がありましたが、あれを復活させてくれると一番嬉しいのだけども。
特に1916はめちゃめちゃ好みの味でした。
キャメルもそういえば先月、トルコ葉を使用したJTインターナショナル製の物が発売されてたなあ。

パッケージが・・・・なんだろこのダサさ。

そういえばRJRとBATって合併するんだっけ。
時代は変わっていきますなあ・・

何男 ― 平成ライダー最後の劇場作品で仮面ノリダーに出会った日

August 05 2019

このクソ暑い夏、もともと今日は日本海に海水浴でも行くべえかと言う予定だったのだけど、ちょいと皆さんバテ気味で100km以上往復ドライブ、プラス泳ぐという行為はしんどいんちゃうか、と。

まさに抜けるような夏の青空。

いつも人がいない海、海の家のない海で泳いでるのがデフォな我が家。
個人的に海水浴場に行くと水着のお姉ちゃん達が見れる、という楽しみもあったりするのですがそれらをさっ引いても「しんどいわ」という決断をしまして。

本日は月曜日。そっかイオンシネマは映画が安いぜ。
エアコンがバリバリ効いてる所で映画でも見るか、と出かけました。

我が家としては初の男女組に分かれて映画鑑賞という事になりました。
もはや小学校3年生になり、「12歳。」の漫画を読んでカレカノとかほざきだしている長女は「俺は魔王になる!」と宣言する痛い仮面ライダーを見る気にもなれぬようで。

最近はRADWIMPSなどを聴くようになり「君の名は。」などを見ているので今話題の「天気の子」を女性組で。
そして男性組は現在公開中の「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」を見るという事に。

とは言いつつも、自分も実は「ジオウ」は23話ぐらいで録画消化が止まっている状態。
なんやかんやとバタバタしてるせいか、最近はテレビを見る事が出来てないんですわね。
何の予備知識もないまま、スクリーンの前に座る事になりました。

お、始まったか。と思って見ているとどうやら「リュウソウジャー」の劇場版との同時上映のようで。
ライダーすら見れてないのに、毎年大根揃いの戦隊モノを予備知識なしで見るのはかーなーりーキツい!
隣の長男は食い入るように見ていましたが、当方はなんとなくぼーっと見てました。
覚えてるのは佐野史郎出てたなあ・・・・って事ぐらい。

さて、ジオウが始まりました。
今回の敵は「平成」という歴史をいったんリセットしてやりなおす、という目的のようで。
なので、平成ライダー全ての存在を消し去るっちゅうやつですね。
「そもそも設定も何もかも不揃い過ぎるんだ」みたいなメタ的なセリフにちょっと笑いましたが。
で、主人公のソウゴ君は平成ライダーの力を集めるための替え玉だった、ちゅうストーリーで途中牢屋に投獄されてしまいます。(ちなみに【本物のソウゴ】を名乗る敵は主題歌を歌うDA BUMPのISSAが演じてました)

牢獄の中で泣き言をもらすソウゴ君。
すると、隣の牢獄から・・・・・「ぶっとばすぞう・・・」という呟きが・・・・
え?ぶっとばすぞう・・・・?何かすっごく聞き覚えが。

スクリーンに登場したのはまさかの仮面ノリダー、木梨猛!!!

アラフィフぐらいの大人だけが声出して「ぶははは」と笑う館内。ぽかーんとしてる子供達。

「お前はいいじゃないかたまたまでもライダーに選ばれたんだから。俺は選ばれなかった。」
という木梨猛のセリフも熱い。
あのノリダー放映当時、一切本家に許可を取らずにやったもんだから東映のエライさんが怒ったそうで。
そのせいか長らく再放送もされてなかったんだけども、2013年になって東映が「仮面ノリダー」を商標登録したのを皮切りに、お互い歩み寄りを見せる流れになって、今回の出演になったとか。

ちょうど高校生ぐらいですかね、ノリダー見てたのは。
本物のおやっさん(小林昭二氏)に本物のナレーター(中江真司氏)、喫茶Amigoに「赤い~ミャーフリャウ~♪」と怒られそうな子門唱法の主題歌(笑)
それなりにリキ入ったパロディで毎回楽しみにしてたのを思い出します。

今回の映画ではノリダーに変身はせずにこの牢獄の中だけでの出演でした。
ラストの平成ライダー全員揃っての「平成ライダーキック(このネーミングもどうかと・・・)」は各番組のロゴが一斉にキックするというシュールな描写(笑)
そして、蹴られたラスボスが小渕さんよろしく「平成」の焼き文字を持って爆散するという「おいおいやりすぎやろ」という衝撃ラスト。

でもあれかな。
こんな不揃いだけどもそれが「平成ライダー」の魅力なんだよ、っていうテーマなのかなと。
正直、平成ライダーは「ビルド」になって初めて見て「電王」「ディケイド」「W」ぐらいしかまだ見てませんが、それぐらいしか見てない自分でもとても楽しめた映画でした。

で、最後。
令和初のライダーである「仮面ライダーゼロワン」が戦闘シーンを見せるんですが、あーんまカッコイイとは・・・ねえ。
でもジオウも最初見た時に「なんじゃこれ」って思ったけど慣れてしまってるので慣れるのかないずれは。

とりあえず「ジオウ」の録画消化しなきゃだなあ。

彦根 ― 演奏旅行2日目。看板の剥がれたダンスホール

July 31 2019

目覚めると午前6時。
エアコンで身体が冷えてるので熱めのシャワー浴びて近所を散策へ。
この習性もあのNTT出張仕事の時のクセが残ってます。
あの時も沖縄出張の時、帰りの飛行機を一番遅くにずらして朝からレンタカーで走り回ったりしてました。
枕が変わるせいなのか、どうしても朝は早く目覚めてしまうんです。

昨日見かけて気になってたのがホテルの横にある古そうなダンスホール。

この看板の感じ・・・!いかにも昭和40年代からありまっせ的な。
中はどんなんなんやろなあ、思ってふと見るとフライヤーが貼ってある。

2019年8月・・・?未来の日付やん!
このダンスホールは「紅花」という名前で土日だけレンタルホールとして使用出来るみたいです。

良い感じの会場なんやろなあ、思いつつももちろん中は見れないので散策開始。

昨夜は歩き回る事をしなかったからか全く気付かなかったんですが、立派な飲み屋街の様子。

さすがは城下町、というかこの辺りはもともと袋町遊郭だったみたいです。
明治9年に創設されていわゆる公娼廃止指令(1946年)から、売春防止法の施行(1958年)を経て今に至る感じなのでしょう。
街並みのあちこちにそれを感じる建物がありました。

きっとこの建物も今は営業してないんでしょう。
奥に見える土手に向かって作られている階段もまさに花街だった名残では?

こういう建物が綺麗に残っているのも大したもんだなあ、と。
この盛り場、駅から微妙に遠いので再開発の波が来なかったせいでこの街並みが残っているのかも知れません。

3Fから上は看板がないビル。
いや、この残っている看板も営業してるかどうかは定かではない・・・
しかしこのMKビル、調べてみると1989年に建てられた物だとか。
しかも住居としての部屋もあるみたい。
https://www.century21.jp/mansion/shiga/25202/detail/161701-734

1LDKで228万円。隠れ家として押さえたくなるロケーションです(笑)

もちろん潜入したくなるのが廃墟好きの悪いクセ。
ビルに入った瞬間に賑やかだった時代にそのままワープしてちょっと当時を見てみたいもんです。

そんなこんなで朝食の時間が来たのでホテルに戻る。
どうやら4時ぐらいまで飲んでたメンバーもいたみたいでまだフラフラな人がいました(笑)

10時にホテルをチェックアウトして一路大阪へ。
途中、大津SAで休憩した際に撮影した写真はこちら。

「恋人の聖地」だそうです。

知るかボケ!!

« Jul 2019 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31