ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

溶連菌 ― 「ちゃんとしなければいけない」という呪縛

June 07 2018

長女が発熱、そして吐き気が止まらないとの事でとりあえず病院に連れて行った。
食欲もなくほとんど何も食べてなかったので、こりゃ風邪とは違うっぽい。
しかし、朝まで仕事してそのまま向かったのでけっこう眠いのである。

診察してもらった結果は溶連菌。
なんじゃそら、と思ったけれども便利なのはインターネッツ。
すぐに検索してみる。

http://www.shionogi.co.jp/wellness/diseases/contagion/streptococcal.html

症状の代表的なものは、発熱(38〜39℃)と“のど”の痛みです。しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないと言われています。そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします(イチゴ舌)。そのほかに頭痛、腹痛、首すじのリンパ節の腫れもみられます。急性期を過ぎますと、発疹のあとには落屑(皮むけ)が認められるようになります。風邪と違って咳や鼻水が出ないというのもこの病気の特徴です。この病気には潜伏期間があり、実際に感染してからだいたい2〜5日で症状がでます。

こいつあビンゴ。
抗生物質を出してもらったけれど、症状が治まっても飲みきらないとアカンっぽい。
それがいちご味の粉薬で長女は「やったー」と喜んでおるw
昔は粉薬言うたらもうイヤでイヤで仕方なかったもんですが。

原因がわかったらなんとなく安心。
二人で家に帰ったものの昼食まであと2時間もある。
「食欲あるけ?」「もう大丈夫!」「なるほど」
ああ、あと2時間起きてなんぞ作らんといかんのだね。薬も飲まなきゃならんしなあ。

テレビを付けると例の5歳の女の子の事件について流れていた。
あまりにも痛ましい事件で詳細を知る度に胸が痛む。
今でこそなんとか子供の親をやれてるけども、昔はほんと子供って苦手だった。
20代の頃は「自分とは関係のないもの」という認識で自分から遠ざけてた所もあったし、
結婚してからも子供を持つ、という事が怖かった時期もあります。

結果として自分の所に子供が二人も舞い降りてくれたからか
無理矢理にでも自分毎になりますわね。
そうすると全ての子供が可愛く思えるようになったし行動も変わりましたな。
保育参加でわっさーってチビ達に囲まれてる時なんてそりゃもう幸せですわ。
西郷どんではないですが「子は国の宝じゃあ」って叫びたくなります。

子供が苦手だった自分の延長線上をふとイメージしてみると今とは違う姿も見えます。
「ちゃんとしなければいけない」という観念に囚われながらなんとか日々をこなす姿が。
そしてふっと目の前がモノクロになって「もうええわ」と投げ出してしまう。

きっとそれは今の自分とも常に背中合わせなんやろなとも。
「かわいそう」「ひどい」だけで終わらせてしまったらアカン気がしますな。

「親だから」の呪縛。子どもを放置して死なせた親は、育児を”頑張っていた”
https://www.buzzfeed.com/jp/akikokobayashi/haru-sugiyama

自分だけのスタイル、他人には何も言わせんというのを確立するのは難しい。
自分の中での折り合いも周りの環境も全部が絡み合って生活は回っていく。
そして人はあまりに弱すぎるのだ。

「そろそろお腹すいた!」
「おう。えーとだいぶ眠いんでそうめんでよい?」
「うん」

そうめんを黙々と食う娘の顔を見る。
もうすぐ8歳、か。
なんとかここまで来てるやんね、とぼんやり思う。

「えーと、もうそろそろ寝てかまへんかな?」
「あかんけど仕方ないのでいいよ」

7歳に仕方ない、と言われながらも。

年長 ― 我が家ラストの保育参加に参戦!

June 05 2018

長男も気付けばもう年長組。
来年は小学校!そろそろランドセルやなあ、という話題が家の中を駆け巡る。
あの「オカンがおらんとどうにもならん」かった長男が最近ではもう自分と二人でも普通にお出かけ出来るという事実にちょいと驚いてます。
(それでも2時間おきぐらいには『お母さんは?』という問い合わせが入る)

そんな長男のラストの保育参加に行ってきました。
思えば、長男のクラスは年少組からずっと参加してるのでもう出場3度目。

保育参加1日目 ― 意外に味が濃かった給食

そして次が年中の時。

長男のクラスの保育参加(出場2回目)

改めて読み返してみると、去年の段階でもまだエグエグ泣いてたんやな(笑)
今年はとてもスムースに「はよいこう!」とやる気満々でした。

保育園の校庭に到着するとワラワラと走り寄ってくる年長さんたち。
さすがに3度目の出場となるとみんな覚えてくれてるようで。
私生活では全くモテた試しがありませんが、6歳児にはモテモテ。

さすがは年長組、長女の保育参加の時もそうでしたが
女の子はもうすっかりレディというか、聞いてくる内容が決まってみんな
「何の仕事してるの?なんで昼間に先生として来れるの?」みたいに
藤川並みの剛速球投げてきよるんです。
しかも「私のお父さんのお仕事はね、バイト!」って、おい、それ聞いたらアカンやつちゃうかと思いつつも、ヘタな事を言うと家に帰って即保護者ルートに伝わる事を考慮して
「お仕事はね、パソコンでお絵かきとかしてる」と4割ぐらいの真実を織り交ぜて伝える。

「どんな絵?!」「いっぱいボタン付いてる四角い絵が多いよー」「へんなのー」

これなら嘘じゃない。

さて、今日は工作の授業を見学でした。
ハサミをうまく使えなかった長男の進化っぷりに驚く。

ちゃんと型紙に沿って円を描いて、それを切り抜いてるのに驚きでした。
自分も次男だからよーうわかりますけども、やっぱり2番目って若干放置気味なんですわねw
一人目の時のオロオロしながらの子育てとは違いますからなあ。
手取り足取り、っていう感じじゃないからどうしても細かい所のフォローが出来なかったりしてるので、色々と気にはなってたんですな。

いつもなら給食も食べて帰るのだけれど、長女が具合悪くて家で待ってるために今回は早めに帰宅。
もうこれで我が家は保育参加する事は無くなりますが、小学校にあがっても気軽に声を掛けて欲しいな。

P.S.
早速今日の様子が子供→保護者→ママ友LINEグループに流れてきてるぞ、と嫁さんが教えてくれました。
怖いわー。ネットの発達怖いわー。

Instagramの「SuperZoom」の音が出ない問題を解消する(Android版)

May 28 2018

インスタね。
一応非公開アカウントでけっこう前から使ってはいますが、あらゆる宣伝に向いてるのかは正直疑問。
エロを廃除した健全世界が建前である以上、おっさん向けとしてはほぼ効果ないんじゃないだろうかと。
拡散機能も通知機能もないので、ごく限られた(というより元々知名度がある人間や店舗)ケースでないと集客には繋がらんわね。
元々のユーザーへのリピート狙い、という目的であれば有効な気はしますが。
ハッシュタグいっぱい付けて投稿してもスパム業者に収集されるだけな気しかしません。

画像のエフェクトを簡単に利用出来るからと使い出したのやけど、いつの間にか「キラキラ」なるネーミングでカテゴライズされた人達の承認欲求を満たす為の世界になってたのは驚きでしたね。
若さってのはそれだけで評価される、って事をいずれ年を取ってからしみじみと感じる様になる。
きっと必ず、だ。
その時には自撮りなんていう物はなんの輝きどころか腐臭しか残らなくなってる事にも気付くんだよ。
カメラを起動した時、なんかの弾みで反転されていてそこに映るなんの心構えもしてない自分を見た時、そのままスマホを壁に投げつけたくなるからね。

さてと。今回の本題はそのInstagramの機能である「SuperZoom」について。
この「SuperZoom」、4種類のプログラムされたオートズームに音楽が自動で付く動画を撮影出来る機能である。
これをなんで知ったのか、というと以下の動画がきっかけ。

家族全員でハマリにハマっている「仮面ライダービルド」のキャスト達のオフムービー集。
各キャストがInstagramなどで配信したムービーを集めた物。
これの中にInstagramの「SuperZoom」を利用した物がたくさん収録されているのを見た子供達が
「あれやりたい!」と言い出したのである(笑)

へええ、そんな機能あるんかとInstagramを起動して項目を探すとあったよ「SuperZoom」。
で、使ってみたんですけどね。

動画を撮影しても音が鳴らない問題が発生

確かにオートズームによる動画は撮影出来る。
しかし、音が鳴らないのである。
もしかして撮影時だけか?と思って再生してみても鳴らない。
動画に音声自体が録音されていないのである。

自分のスマホはXperia X Performance(SOV33)で確かにもう2年前の機種なのですわね。
「ああ、スペック不足なんかもねー。iPhoneアプリではちゃんと動くんやろねー」と
「アカンわ、お父さんの電話古いからちゃんと動けへんわ」で逃げようとしたけども
そんな理由で子供達は許してはくれませんわね・・・・

なので、原因究明の旅に出ることになったのだ。

再起動、キャッシュクリアなどなどを試すが解決せず。

アプリの調子が悪い時には?みたいなのにはまずは再起動。
そしてアプリのキャッシュクリア、そしてアプリの再インストールと。

しかし、これでも問題は解決せず。
相変わらず動画の音は出ない。

手持ちに古いiPhone(5S)があったので、それにもInstagramをインストールしてみたけども同じ状況。

ただ、問題の糸口として

  • 再インストールしてすぐは「SuperZoom」の項目自体がなかった事。
  • SuperZoomの項目がしばらくしたら出現したが、使おうとすると「接続を確認中」というダイアログが出た事。

という事は・・・・何かバックグラウンドでダウンロードをしてんのか?と。

キャッシュ内に「SuperZoom」の機能がある様子

アプリをもう一度再インストール。そして起動しないまま機内モードにしてみた。
この時点でキャッシュはゼロ。
「フィードをリフレッシュ出来ませんでした」というダイアログが出るも無視してカメラを起動。
「SuperZoom」に切り替えようとしても項目がない。

これで確信。
最初は最小の構成でアプリをダウンロードさせてインストールさせる。
そしてその後バックグラウンドで「キャッシュ」として追加機能をダウンロードしとるなこいつ。

機内モードのまま30分ぐらい放置しても「SuperZoom」は画面上に現れず。

機内モードを解除して、カメラの画面のまま数分放置するとひょっこりはんと「SuperZoom」の項目追加。
しかし、この時点で撮影をしても相変わらず音が鳴らなかった。
もう3分ほど放置を続行。
4つのモードの音が徐々に鳴る様になってくる。

全ての音が鳴る事を確認した上でキャッシュの容量を見てみると・・・・・

ユーザーデータ、キャッシュと共にダウンロード時に比べて150MB以上をバックグラウンドでダウンロードしている事が判明。

という事は「SuperZoomが使えない」という時にキャッシュ&データクリア、再インストールは「初期化を繰り返すだけで意味がない」というこっちゃね。

やり方のコツとしては、例えば「ビート」ならシャッターボタンを押しっぱなしにして15秒撮りきる→左上の×で消すを3度くらい繰り返すとだんだん音が鳴るようになってきます。
これを4つの各モードで繰り返していく、という感じ。
ただし、これはアプリを終了させるとどうやらまた戻ってしまう現象も確認したのでこの辺は改善してほしいですな。
通信を切ったローカル環境でも使える様な仕様にしてほしいもんやけど、アプリサイズの問題とかもあるんかね。

それにしてもバックグラウンドで150MBも追加機能をダウンロードしてるって、なんか時代を感じますね。
ISDNの時でもけっこう時間かかりまっせこれは(笑)

なのでAndroidでよく見る「再インストール」や「キャッシュクリア」ってのは、最近のアプリだとあんまり意味がないのかもね。
Android8からは「アプリキャッシュの一括削除」が出来なくなったのもこういう仕様のアプリが増えたからなのかなあ。

AndroidでInstagramのSuperZoomの音が鳴らない、という場合は参考までに。

2 / 58012345...102030...最後 »

« May 2018 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30