ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

姫路 ― DV MARK出動と権現湖PAリニューアル

April 13 2019

本日は月に一度のダブルキングカフェ出演。
ベーシストは夜会でも一緒のSHINさんって事で家で待ち合わせて1台で向かう事に。
相変わらずの色んな話で盛り上がる車内。

新名神高速道路を通り抜けて山陽自動車道へ。
休憩はいつもの権現湖PA。

と、本日はどうも様子がおかしい。

そういえば前にココでカツライス的な何かを食べた気が・・・・

土曜の午後、仕事で車を走らせていたらかつめしに出会った日

と、5年前??そんなわけはない。
あれは確か、つい最近の事だったように思うがと再検索。

姫路 ― ダブルキングカフェにてお誕生日を祝うライブ

と、三ヶ月前の記事を見つける。
どうやら5年前にかつめしを食べた事を忘れていて、この三ヶ月前に立ちよった時に「はじめて食べた」と記しているあたり、これはもうボケが始まってるのかと落胆する想いである。

その権現湖PAがリニューアルして片側に松屋、もう片側に松のやが出来るという。
あのかつめしはもう食べれなくなるのかな。
このひっそりと寂れた感のあるPAが好きだっただけに、賑わうのもなんか違う気がする。
ここでは運転で固まった身体を伸ばしただけで、そのままダブルキングカフェに移動。

最近、ステージでエレキを弾く事はグッと減ったのでたまのエレキはもはや「イベント事」です。
とても軽量化されたマイアンプをまたも持ち込んでみました。
本番でのセッティングを詰める、という意味もあります。

どうやらこのアンプ、クリップしそうになると最大音量を抑える、という挙動をするようですな。
思い切り弾いても音量は上がらずにディレイで設定しているスラップエコー音だけ上がる、というのを確認したので、エフェクトのアウトボリュームとアンプのボリュームのバランス調整がキモになりそう。

こればかりはさすがに自宅で爆音テストは出来ませんので、試行錯誤が必要になります。
音色自体はとっても気に入っているんですがPA、モニターがある場合はアンプの音量を下げてモニターで返してもらう、という事をした方が良いかもなあ。

本日は2ステージ目が「日本語曲」ばかり、というちょっとしたチャレンジだったようです。
最近は自分も「極力クリーントーンでロックする」という事をやっていたりするので、それに乗っかって納得したり「こらアカン」と思ったり(笑)

楽しく4ステージを終えて、色んなお喋りでアフターステージの余韻をば。

それにしても・・・・
一生懸命に「それはやったらアカン事やで」と説明した事を、結局また繰り返してるというのを聞くと、あの時間はなんやったんやと無力感半端ねえ。

でも、それはもしかしたらこっちのやり方が向こうにとっては窮屈だった、って事かもしれんなとも。
良い悪いの意味ではなく、ただ単に「縁がなかった」と流してしまうのがお互いのためかもね。

そんな自分も5年前にかつめし食ってた事を忘れてたわけやし、そりゃお説教じみた事なんてさっさと忘れたいわな(笑)

最新 ― auキッズケータイ Mamorino5を導入してみて

April 10 2019

我が家では小学1年になった時点でキッズケータイを持たす様にしています。
2年前の娘の時はMamorino3でした。

今回長男が1年生になったって事で我が家は2台目のキッズケータイ。
で、やっぱり同じのにしとく方がよかろう、とMamorino3の白ロムを入手しておったんですが3G回線の新規契約は昨年の11月ですでに契約が出来ないって事でして。。

https://www.au.com/mobile/charge/featurephone/

※ 2018年11月7日(水)をもちまして、本ページに記載の3Gのケータイ/スマートフォン/データ通信端末など向けの料金プランの新規お申し込み受付を終了しました。
(3Gのケータイ/スマートフォン/データ通信端末など向けの料金プラン内での変更は、引き続きお申し込みいただけます。)

あーあ、知らんかったのでせっかく入手した白ロムもゴミって事に。
というわけで、最新機種であるMamorino5になりました。
3に比べて一回りぐらいサイズが大きくなってるのがちょっと個人的にはどうかな、と思いつつ。

3に比べて大きく変わったのはハードボタンがなくなってタッチパネル式になった事。
普段から親のスマホをイジってるので、この点はなんの問題もなくすっと使えておりました。
上部のストラップを思い切り引っ張ると100dbの防犯ブザーが鳴る事や、登録している電話番号以外に着信・発信不可、防水IPX5/IPX8、防塵IPX5というタフネスさに加えて、前面パネルはアクリル製。
壁にぶん投げでもしない限り大丈夫そうな強靱さは相変わらず引き継がれております。
Webの閲覧は不可、但しGPS機能は搭載されていて、スマホやPCから「安心ナビ」という機能を利用して現在位置を特定可能。

そしてVoLTE対応という事でMamorino3からも料金プランが変更されています。
これは前機種のMamorino4から導入された「ジュニアケータイプラン」という物で2年契約(自動更新)だと月額500円の基本料金。

https://www.au.com/mobile/charge/juniorphone/

Mamorino3の場合、プランEシンプルの他にEZ WIN契約が必要でした。
なので基本プランだけでも、家族割適用で1050円程度かかるのでこれは半額近くになっとりますな。
(契約した際は端末代ゼロ円でした)

ただし、EZ WINプラン自体がMamorino4以降ないって事なので、キャリアEメールアドレスがもらえない上に、端末自体にEメールの機能がありません。
EメールとCメールを分けて使えたMamrino3とは違ってMamorino4以降の端末はメッセージはSMSのみ、という事になりましたが子供には充分でしょうこれで。

これにauならではの故障紛失サポートが月額380円かかってくるので、端末代16500円を分割(最長36回)にしても月額1500円弱で運用が可能。
・・・・・・・という事は、端末代金を払い終えてる娘の3を機種変更してもあんま料金的には変わらんって事よね。

端末自体の性能は3に比べてどうなってるか、と色々いじってみましたが
まずタッチパネル式になったせいか日本語入力がフリック入力対応になってました。
これは将来的にスマホをいずれは持つ事になる子供達にとっては「慣れておく」という意味では良いかもですな。

電話の音声はVoLTEなのでめちゃめちゃクリアです。
やはりMamorino3とは比べものになりませんな(笑)

そして「安心ナビ」による現在地検索がめちゃめちゃ早くなっております。
3の際は表示されるまでにヘタすると2分ぐらいかかる場合がありましたが、5は10秒程度で表示されます。

新機能としては「おうちだよ通知」が地味に便利。
自宅のWi-Fiルータのアクセスポイントを登録しておくと、そのエリア内に入った時に保護者にメール通知してくれます。

長男はたいそうケータイを入手したのが嬉しかった様子。
これに搭載されている「録音機能」を使って、自分の歌を録音しまくってました。
いや、そんな使い方ちゃうねん(笑)

自分も小学校1年の時、たまらなく欲しかったのが「トランシーバ」でした。
離れた相手と通話出来る、ってのは当時めちゃめちゃ魅力的やったな。
ハムの免許を取ろうかと思って勉強したのがそっから3年後ぐらいやったかな?
結局それは興味を失っていって、免許は取らずじまいやったんですが。

そして長女がこの「5」を見て「あーいいな」ってやっぱり言いよりましたね(笑)
フリック入力の事もあるし、実際機種変更しても払うお金は今と変わらんし、3Gは2022年に停波しよるし・・・

うん、長女のんも「5」に機種変更したろうかいね。

懐古 ― 初登校・下校とストリートファイター2

April 08 2019

今日は長男が初めての小学校登校。
相変わらずなんやかんやとグズってはいたものの長女と一緒の登校班なのでなんとか登校しよりました。

さて、1年生って事で「慣らし期間」があるのか給食が始まるのは17日から。
それまでは毎日昼前に帰って来よるし、昼食も用意せねばならない。
これはなかなかハード(笑)

しばらくは先生に引率されて帰宅って事みたいで、ゴキゲンに帰宅しよりました。

一人で出かけて一人で帰ってくる。
・・・・これだけでも成長しよったなあと思います。

ピンボールの魔術師 – もうすぐ1歳の長男、後追い真っ最中!

こういう過去記事を見たりすると余計にそう思う。

帰宅した長男が「スマホにゲーム入れて!(インストールせよ、の意)」と言い出した。
なんのゲームよ?と問うと
リュウとケンが戦うやつ!」と。
リュウとケン・・・・・・・?もしかして「ストリートファイター2」か?

「え、それって『波動拳!』とか?」
「それー!」

なんでそんなん知っとるんよ、と思ったけども例の如くYoutubeでヒカキンがやってたと。

そんなもん別にスマホに入れんでも家にあるがな、とプレイ開始。

最初のダルシムにフルボッコされる長男。
あまりに負け続けて泣きよるかな?と思ったけども、意外と楽しんでやっとりました。

「波動拳ってどうやって出すの?」との事やが、説明するのも難しいし小学1年にはまだ無理やろと。
(キャラが右向きの際は+パンチボタン)

そして代わりにプレイしてみた親父は昇龍拳(→↓↘+パンチボタン)がすでに出せなかった(笑)
昔はガイル使いでそれなりに遊んでたのだけどソニック・ブーム(←タメ後→+パンチボタン)のコマンドを忘れているという体たらく。

なんとか投げ技などを覚えつつバルログまで進んだ長男はここでギブアップ。
6ボタンをゲームパッドに無理矢理振り分けてある操作体系やからちょいと難しいかな。

それなりにこれに慣れたら次は「鉄拳3」でもやらせてみましょうかね。

ストリートファイター2、ソニック・ブームと言えば思い出すのがエドガー君の名作動画。

Youtubeになにげに投稿された下記の動画から凄まじい数の関連動画が制作されよりました。

この動画が出回ってからもう13年も経つんやな・・・・ヤーウェーイ!

« Mar 2019 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30