ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

激突!― 深夜の国道372号線で思い出す映画とは

July 08 2017

毎月のお楽しみであるダブルキングカフェ姫路での演奏でした。
譜面を用意してちゃんとリハーサルまでした新しい演奏曲が、リクエストの都合で演奏出来なかったのはとても残念でしたが、4回ステージはとても楽しかった。

前回に感じた音の変化は、やっぱり気のせいではなかったようでそれも嬉しかった事の1つ。
なおさら家ではアコギだけを弾いて過ごそうかな、と思った次第です(笑)

ライブを終えて撤収するのがいつも深夜1時頃。
ライブ後のテンションもあって、いつも下道のドライブを楽しんでいるのですが
国道372号線はほとんどが片側一車線。
深夜の山道なので、車どころか人間すら見かけないのがほとんどなんですが、たまーに速度の遅い大型トラックにぶち当たる事がありましてね。

その際、ハザードを点けて「追い抜いてね」と減速して左に寄ってくれるドライバーさんもいますけども、大抵はマイペースでそのまま走り続けはるんですわね。

もちろん、こちらとしてはも少しペースを上げて走りたいが故に様々な方法(もちろん道交法上アカン方法も含めて)を利用して追い抜こうとするわけです。

たとえば信号待ちの角にコンビニがあると、その駐車場を抜けて横方向の信号に出たりとか。
赤信号停車の際、右折レーンがあるとそこに並んで一気に抜き去るとか、ね。

たまにその瞬間に猛烈にライトをアップにして、スピードを上げて追っかけてくるトラックが。
これはもう恐怖。つーか、なんでそういう気持ちになるんかわからんのやが・・・・
自分ならそりゃあ仕方ないよな、って思うだけなんですがね。
黙って後ろをそのまま着いてきやがれって事なんでしょうか。

まあ、信号3つ分ぐらい離しちゃうと諦めはるみたいなんですが、こういう時に思い出すのが昔テレビで見た「激突!」って映画の事。

乗用車に乗る主人公がタンクローリーを追い越したらそのタンクローリーに追っかけまわされるという映画。
ラストシーンは自らの車をタンクローリーにぶつけて破壊するという物。
テレビで何度も見たこの映画ですが、あのスティーヴン・スピルバーグが26歳の時に作った物なんですね。
撮影期間が16日間、そして編集作業から放送まで3週間というムチャ過ぎるスケジュールで作られた映画ですが、タンクローリーの運転手を一切登場させない、というアイデアがすごいなあと感心しながら見てた記憶。

夜道を一人で運転してる時にこういう事に遭遇すると、ほんまに怖いんやなと実感しますな・・・
久しぶりにまたこの映画を見たくなりましたけどねw

もちろん事故もなく無事に帰りました。
帰る前には久しぶりの松屋亀岡店で食事を。
ネギ玉牛丼っていうのを食べてみましたが、ネギが乾きすぎててあんまり美味しくなかったです。

ベランダでの家庭菜園、初の収穫

July 07 2017

今年の春からそれなりに真面目に家庭菜園に取り組んでいる。
今までは朝顔とか適当に植えては伸びすぎて途方に暮れる、という具合の「なんとなく」的な匂いのする取り組み方でしかなかったベランダ菜園。
まさに私の人生そのもの感が出ておりますな。

今回は「収穫して食べれるもの」という事を念頭に置いた。
それでいて栽培の難易度が低いものを前もってリサーチ。

その目線で選んだ「枝豆」がいよいよ収穫になりました。

植えてみて思ったのだけど、こんな高い場所でもアブラムシが発生したりとかで、それなりに毎日向き合ってやらないとあっという間に枯れてしまうんだなあという事。
無農薬野菜、とか簡単に口にすることは出来るけども、それを実践しようとするのはものすごい情熱がいるという事に気付きました。
そして、それを実践されてる人達って本当に熱意があるんだなあ、という事ですわね。

オクラも種を植えた段階からは1つ枯れてしまいましたが無事にこうして花を。

そのオクラが枯れた後にはバジルがこうして育っています。
バジルはイタメシ風のメニューの際にはとても助かっていますね。

今の所は無農薬、無肥料って事でうまくいってますけどもどうなりますか。
枝豆は塩ゆでして食べましたが、ちゃんと枝豆の味がしました(笑)
子供達にとっては、簡単に店で買える物が出来るまでにこんなに時間がかかるという事がわかったみたいですね。

枝豆の後は何を植えてみようかな、とぼんやり考えています。
そして、自分にはこういう作業にはけっこう向いているんだなという実感も(笑)

造形授業26時間目 ― 地道な作業開始、ズゴックシャコシャコタイム

July 05 2017

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も26時間目。
前回までの経緯はこちら。

造形授業25時間目 ― ズゴックのパーツがランナーから全て外れる

さて、ここからは写真が増える事もない地道なペーパー掛けという作業。
一度組み上がったものを再度バラして400番から順番にペーパーをかけていきます。
この際はあえてノンBGMで。
シャコシャコという音しか聞こえない感じがとてもストイックな感じ(がする

シャア専用ザクとは違って濃い赤のパーツの比率が高いので、ペーパーを当てない部分の修正もそれなりに大変そうではあります。。

60分、400番のみをかけ続けてチャイムが鳴って今日は終了。

うーん、けっこうキレイに仕上がるまではあと2回ぐらい時間がいるかもなあ。

今組んでいるキットはこちら。

3 / 50912345...102030...最後 »

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31