ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

配信05 ― ZOOM L-8導入!そしてその驚異的な便利さが浮き彫りに

May 17 2020

今回でライブ配信実験も4回目。
前回の模様はこちら。

配信04 ― ミキサーからのライン入力に成功!しかし・・・・・残る課題とは

前回の記事の最後に「ZOOM L-8を導入」という事を書きましたが、早速導入(笑)

ZOOMが2019年に投入したこのミキサー、前からGEKO内では「これは便利かも」という話題で持ちきりでした。
なんせ、今のミキサーはボーカルのリバーブを切るのに「ツマミをゼロにする」という超アナログ方式で、よく演奏始めてから「あ」と気付くトラブル多し(笑)
その点、このミキサーだとEFX RTNのMUTEスイッチを押すだけでいいので少しは短縮出来る、かも。
なんせオペレートしながら演奏もするというスーパー家内制手工業なもので(笑)
願わくば、フットスイッチに対応してくれればもっと良かったんですが、今回は配信用の機能に惹かれての導入なので。

このミキサーの使い方を前もって調べるべくGEKO1号のお宅にお邪魔しました。
そして、自宅でのリハーサルが終わった後にそのまま1号のPCからライブ配信してみよう、というのが今回の眼目。

機材面について

まだ届かぬWebカメラ・・・なので転がってたスマートフォンをWebカメラに

クオリティ高いライブ配信をするぞ、と決めてからすぐにWebカメラを発注したGEKO2人ですが、未だに届きません(笑)
5月の頭にメールが来て「入荷は未定です。次のお知らせは6月の予定です。」という事らしい。
Amazonには見た事もないようなメーカーのWebカメラがいっぱい出てきてますが、それを買うのも怖い。

という事で考えついたのは「余ってるスマートフォンのカメラをWebカメラとして使用出来ないか」という事。

調べてみるとWindows環境であれば「iVcam」
https://www.e2esoft.com/ivcam/

Mac環境であれば「Iriun Web Cam」
https://iriun.com/

が使用出来る(Iriunに関してはWindowsも利用出来る)との事なので使ってみる事に。

今回、1号の自宅のパソコンはiMac(mid 2010)なのでIriunを使用しましたが、無料版だと左上にロゴが入ります。
これを課金するとロゴが消える、という仕組み。
Wi-FiとUSB、どちらでも使えますが充電の事もあるので今回はUSB接続にて使用。

家に余っていたスマートフォンはVAIO PHONE A。
リアカメラの有効画素数は1300万画素なので、まともに動いてくれればかなりの画質になるはず。
実際、PCに繋いでみると無事に認識。Full HDでも遅延もなく動いてくれました。

今回、ようやく音声と映像のラインがきっちりと分かれる事に

自分のノートPC、そしてFocusriteのオーディオインターフェイスとZOOM Q2nだとノイズが乗りまくってどうしようもなかったのですが、ZOOM L-8とiMac、そしてZOOM Q2nだとノイズが発生しない事が判明。

うーん、これは自分のオーディオインターフェイスが原因なのか、もしくはノートPCなのかがまだ分かりませんな・・
というわけで、今回はこれで初めて「映像と音声のラインがきっちりと分かれる」事に。

そして、先ほどのスマートフォンカメラもそのまま繋いでみてもノイズが出なかったので「複数カメラ」も達成

今回の配線図はこちらになります。

1回目に比べたらなんとグレードアップ、そしてなんとややこしくなった事かww

ZOOM L-8の驚異的な便利さに驚きの連続

この配線図を見るとわかりやすいですが、ZOOM L-8はPCに送ったミックスとは別に3系統の別ミックスをそれぞれ別のヘッドフォンに出力出来る、というのがなんとも便利。

例えば自分ならちょいとギターを大きめに欲しい、とかボーカルはモニターはリバーブ切ってくれとかそういうヤツです。
そして、その全部の設定を「シーン」として7つまでミキサー本体に記憶出来る、というのも便利。
これなら現場毎に記憶させておくとセッティングが圧倒的に楽になる。

例えばTideでのライブ演奏と配信の場合、メインミックスとは別に会場スピーカーから出すミックスをMix Aで作成すればいいのですな。

そして、チャンネル8はスマートフォンのヘッドフォンジャックで接続すると通話音声をそのままミックスに出せます。
しかもループバック機能付なのでいやーなハウリングも起こりません。

PC内のサウンドもチャンネル7.8にはループバック機能付きで取り込めるのでこれを応用する配信も可能・・・やなと。
もしかしたらLINEとかメッセンジャーでのワイプ出演、なんかも可能かもしれないです。

なので、今回はライブ配信中に電話ゲスト実験としてTideマスター、そしてダブルキングカフェ姫路店長トシさんに電話しました(笑)

配信面について

ここで問題になるJ:COMのアップロードの遅さ

GEKO1号の自宅のインターネット回線はJ:COM。
J:COMはアップロード速度を極端に絞ってる、というのは有名ですが今回測定してみるとなんと1.5Mbps・・・・
ADSL並の遅さにびっくりっすわ。
なので、今回の配信は画質を諦めて1500kbpsに設定。

いわゆる5G時代になればテザリングでの高画質配信も出来るんやろうけども、お金が(笑)

やけど、まあおっさん2人が高画質になってもしゃーないので音質だけはキープって事で。

今回配信された物はこちら。

もうちっとボーカルにリバーブ感があったら、と思うのと後はボーカルのバランスですかね。
その辺はZOOM L-8の扱いに慣れていくと改善されていくとは思います。

なんといっても「2カメラ配信」がようやく達成出来たのは嬉しい限り。
今回は左下ワイプを使って実験程度でしたが、これとミキサーのループバック機能を上手い事利用して「映像でのゲスト出演」を達成してみたいなあ、と思いますね。

でも、やっぱり目の前にお客さんがいるライブとは全くの別物、かな。
ラジオ番組やってる、という感覚でこちらも続けて行ければなと。

投資 ― MIDIキーボード、そしてタブレット端末で楽譜表示を

May 09 2020

ライブ活動がなくなり、家で過ごすことが多い中音楽関連でちょっとした設備投資をば。

まずはMIDIキーボード。
DTMやるやる詐欺も甚だしい年月を重ねてきましたが、ここでちょいと本腰を。
もういつか覚えてないぐらい昔に買ったYAMAHAのMIDIキーボードを引っ張りだして来たんですが、MIDIケーブル2本、そしてACアダプターと3本も繋がなきゃならないのはやっぱり面倒くさい。

あれから10年以上は経ってるし、もうUSB1本でバスパワーとか行けるんちゃうん、と調べてみたらやっぱり今はそれが主流のようで。
それならと色々物色してちょうどよいな、と思った物を購入しました。

AKAIのMPK mini mk2です。

鍵盤数は少なくなりましたが、8つのパッドそしてツマミが8つ増えました。
パッドに関してはドラムの打ち込みに便利かな、と思ったのとあとはDAWのミキサーとかにつまみ割り当てたら便利そうやなーって思ったのがきっかけ。
1万円を切る価格ってのも「失敗した時に凹まない」優しい金額設定。
いざ、届いてみて机に設置するとこれがまたちょうど良いサイズでした。
やはり、USBケーブル1本繋ぐだけってのはめちゃめちゃ楽ですね。

そして、もう一つはタブレット端末。それも10インチ以上の。
これに関しては子供達のオンライン授業の兼ね合いもありまして、なんぞ大きめの端末いるやろうと。
その際に、最近は増えすぎてエラい事になってるGEKO用の譜面を電子化出来ぬものか、という側面も。

紙ベースだと曲終わりに譜面を下に落としたりして見栄えが悪いのと、後はライブ終わりに譜面がちらかり放題になってしまうってのがありました。
そしてファイルケースに全部突っ込んである以上、現場でセットリストを決める際に「ア行」からばっかりになってしまったりするのもアカンなあと(笑)
演奏可能な曲を「ケースから引っ張りださんと確認出来ない」というのはやっぱり不便。

で、色々と端末を物色してたんですがiOSはやっぱり個人的にあんまり好きじゃないのと、そこまでのハイスペックはいらないな、という事でAndroidの中古端末を探しました。

メモリが3GBあって本体が32GBのストレージさえあれば、後はSDカードで何とかなるやろ、と探し出したのはXperia Z2 Tabletの中古。

13000円で買えました。バッテリーも思ったよりはヘタってなくて良い感じ。
今はそれこそROM焼きとかで色々いじれるらしいけども、きっともうそこまでしない(笑)

譜面管理ソフトは前から色々記事で見かけていた「MobileSheets Pro」を購入。
これがまた思った以上に高機能で、アタマに描いてた懸念はこれで全て払拭されました。
一番の懸念だったのが2ページ以上の譜面の場合、演奏しながらどう対応すんねんって事ですがこれもBluetoothペダルでどないか出来そうです。

デメリットとしてはやっぱりA4サイズよりは小さくなってしまう事なんですが、それは視力が衰えてから考えりゃいいかな、と(笑)

これで一気に譜面の電子化を推し進めようかと思います。
この「MobileSheets Pro」、なんとChordPro形式のファイルだと移調も可能だって事で。
ええ加減、譜面ファイルも書き出したファイル形式ぐらい統一して欲しいもんですけどね。

せめて移調ぐらいは出来る形式で統一してくれりゃあ楽なのになあ。。

狙撃 ― 飛び石被害にてスライドドアが割られるという事件勃発

May 01 2020

コロナ騒動の最中、とはいえ食料は買い出しに行かねばならない。
朝、起きて冷蔵庫の中を確認してあれこれ足りないのう、と確認した後ちょっと遠くのスーパーへ向かう。

けっこう長い信号待ちの列に並びながら「まあまあ車多いねえ」とふと左側を見る。
歩道の端に草刈り機を持ったおじいさんが一生懸命草刈をしている。
へえ、大変やなーと思いつつもすぐに目をそらして信号が変わるのを確認するために視線を前に戻す。

その刹那、車内に「ミシッ」という今まで聞いた事のない音が響く。
「なんじゃあ?」と思ったけど、何が起こったのかはわからなかった。

しかし、左後ろを振り向いてみて驚愕する。

うおおおおお、割れとるがな!!

まるでゴルゴから狙撃を受けたような。
すぐさま車から降りて、草刈をしてた人に声をかけた。

ゴネられるかな、と思ったけども幸いそんな事もなく認めてくれた。
一応警察も呼んで事故証明を出してもらったけども、このケースの場合車VS車ではないので介入は出来ないとか。
この時の警官の話によると、相手がややこしい系の業者で弁護士とかついてると泣き寝入りするしかないパターンが多いそうで。

そりゃ「どの石が飛んで割れたのか証明しろ」言われても無理やもんなあ。。。

Googleで「除草作業 飛び石」で検索してみると、同様のケースがけっこう多い事にびっくり。
いや、もう30年近く車に乗ってますが、こんなケースは初めて。
車のガラスが割れる時ってあんな音するんだね・・・・

その場で入ってる保険会社の代理店の方に電話して、修理工場と代車を用意してくれましてその代車に乗って無事に帰ってきました。
GW中って事でどこのディーラーも休んでたから、これは非常に助かりましたね。
ただし加入している保険ではこのケースではお金が出ないそうで、実費修理になるようで。
こういうご時世やし高齢の方から・・・とも思いましたが、このコロナ禍で困ってるのはこっちも同じやしねえ。

さて、まさかここからゴネられるとは思いませんけども早く自分の車が戻ってきて欲しいもんです。

前向きに考えるとして「こんなめったにないケースに当たったから、なんぞ良いことあるかも?」と思うしかないですね(笑)
もし、車の窓が開いていて子供に当たったりしてたら、と考えたら恐ろしい物がありますが。

« May 2020 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30