ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

鍋 ― 市販スープ「ミツカンとんこつしょうゆ鍋つゆ」を試す

November 09 2017

この冬からトライしているシリーズも今回で3度目。
前回のチャレンジはこちら。

鍋 ― 市販スープ「ミツカン濃厚鶏白湯鍋つゆ」を試す

今回もやはり同一ブランドでよかろう、と買ってきたのがこちらの鍋つゆ。

おお。背景をぼかすとなんとなくそれっぽい。
ちなみにこれはXperia XPのカメラアプリについてる「背景ぼかし」を使って撮影したもの。
ついてるとはいえ、追加ダウンロードしなけりゃなりませんがね。

とんこつしょうゆ鍋。
書いてみるとますます一体なんやねん、という思いが強まる一品ですわね。
少なくともラーメンな味であろうという事がめっさ予想出来るわけですが。

今回は小学1年の娘が全行程にチャレンジ。
なんせ鍋をスープに入れて、あとは材料を切るだけですから今回は材料だけ並べてあとはまかせてみました。
キャベツ、にんじん、しめじ、豆腐、豚バラ肉のスライス。
出来上がった物はこちら。

ネギのみじんぎりだけ手伝いましたが、これで完成。

食べてみると・・・・・・

めっさ横綱。これはもう横綱

名古屋から大阪にかけての人であればきっと誰もが知ってる「ラーメン横綱」そのものの味。
さすがはとんこつしょうゆ味。
例の如く、材料から出る水分を見越して鍋のスープはかなり濃いめの塩味です。
今回はそのままじゃ少し辛い気がしたので、カップ1ほどの水を足しました。

これはもうシメはラーメン以外は考えられないのでおとなしくラーメン追加。
鍋物、というジャンルで言うとちょいとこれは「キワモノ」的な味に思えました。
ラーメンで締めるための好みで言うと前回の「濃厚鶏白湯鍋つゆ」の方が好きかなあ。
鍋物に純な「和風」を求めるのであれば、最初の「アゴだし鍋つゆ」が良いと思います。

さて全10種類のうち、3種類まで試しましたがあと7種、この冬の間に完走出来ますかね(笑)

子供にごはんを作ってもらって気付いた事

今回、小学1年の娘が全行程を作ったのですが食べる時にもうすぐ5歳の長男が
「えー、このキャベツきらいー」と発言しよったわけです。
すると「あかんよ!ちゃんと嫌いなものでも食べないと」なんて事を発言。
いつもなら無条件に自分も嫌い、と右にならえしてるのが作る側に回るとやっぱり残されるのは腹が立つみたいなんですなあ。

そういう意味でも食事作りに参加させる、というのは良い事なんやなと思いました。
この市販鍋スープはなんせ材料切って放り込むだけなので味付けもなんもいりません。
後ろから見守ってあげるだけで小学生でも全然大丈夫なので、食育の教材としてのご利用も可能ですぜ(笑)

テーマとかプラグインのPHP対応状況をチェック出来る「PHP Compatibility Checker」

November 07 2017

WordPressも今やPHPの推奨環境が7.0以上になりました。
レンタルサーバも最近は管理パネルからVer7以上に簡単に変えれるようになっていますが、勢い余ってサーバのバージョンをアップすると、画面真っ白・表示されないなどのトラブル多発。

さて。ここで「なぜエラーが出るのか」をじっくり整理する。

WordPress本体はVer7以上をオススメしている。
という事は本体以外のファクターが動作を妨げている、という判断に簡単にいきつきますわね。

WordPressを動かす物は本体、そして「テーマ」「プラグイン」。
この後から追加されるこの2つが対応していなければエラーを吐くって事ですわね。
かといって、一つ一つの中身をチェックしていくのは非常に手間。
それなら前もって何が悪いのかがわかれば色々と対策も練れるという物。

それをクリック一つでチェックしてくれるのがこの「PHP Compatibility Checker」というプラグイン。
Wordpressの「プラグイン」→「新規追加」から簡単にインストール出来ます。

インストールしてプラグインを有効化した後は管理画面の「ツール」→「PHP Compatibility」に移動すると下記の画面が。

PHP Versionを「PHP7.0」にチェックして下記の「Plugin / Theme Status」はどちらでも。
上は「現在アクティブになってるプラグインとテーマのみ検索」。
下は「現在インストールフォルダに存在するプラグインとテーマ」をすべて検索するという設定です。

検索すると以下の表示になります。
いくつかのサイトで試しましたが検索結果が出ないサーバやWordpressもありましたね。
なんでなのかは原因は不明です。

と、こんな感じでプラグインの中でPHP7.0に合致しない部分がリストアップされます。
なので、問題のあるプラグインやテーマのみをオフにしてサーバ側でPHPのバージョンをアップするという切り分けが出来る様になります。

そして、どうしてもそのエラーが出ているプラグインやテーマを使いたければ自力で書き換えるなり、本家の配布元のフォーラムなどから情報を引っ張ってくればよいです。

プラグインの中にはWordpressの自動アップデート(いわゆる公式のダウンロードサイト)から撤退して、Githubにて開発を続けている開発者さんもいたりしますので、注意が必要ですわね。
Wordpress側が色々とウルサいので撤退してやったぜ!っていうのをどこかのプラグイン作者さんがボヤいてはりましたw

やっぱり更新が止まってるテーマやプラグインはPHPのVer7以上ではエラーが出る物が多かったです。
なので、このPHPのバージョンアップを機会に中身の色々を見直すタイミングって事なのかもしれませんね。

[どうでもいい]毎日使うものだから全力で食器洗いスポンジを語る

November 06 2017

毎日いつも手にしている物はもちろん気に入ってる、という感情があってこそ。
だからこそリピートしてしまって新しいものを試せない。
よしんば試したとしてもやっぱり戻ってきてしまう事もしばしば。

これはギターのピックみたいなもんで、新しいモンを次々乗り換えるってのはなかなか難しいのだ。
「これは!」というモンに出会えただけでも幸運。そしてめったにそれはない。
ギター弾いて30年以上になるけども、ピックのブランドを変えたのはたった3回である。
「いつも使うからこその安心感とはなにか」を頭をひねってひねって考えた結果、「好みかな」という所に落ち着くかもしれませんが、そんなどうでもいい事を全力で語りたくなる時もあるよね。

そんな今日は何かというと「食器洗いスポンジ」である。
これこそ毎日使うものの筆頭。
ヘタすりゃギターピックよりもずっと手にする事の方が多いよね。まず生活あってのものだものw

愛用の食器洗いスポンジはスコッチブライトの「キッチンスポンジ 抗菌 リーフ型」という製品。

100円ショップで売られてるやっすいもんから始まり様々な物を使いましたが、やっぱりこれに戻る。
「ああ、やっぱりこれじゃないとね」っていう安心感と価格バランスの良さがコイツにはあるのだ。

ネットで覆われているタイプ食器洗いスポンジのデメリットとは

よくあるのが「ネットに覆われているタイプ」の食器洗いスポンジでありますが、あれはね、アカン。
なぜならあっという間にネットがズタボロになってきよるのです。

ネットのせいで泡立ちが良いかもしれませんが、あのボロボロになるスピードだけは耐えきれん。
これは自分の使い方が荒い、というせいもあるかもしれませんがもうちょい長持ちせえよ、と思うのですな。

スコッチブライトにも同じようなスポンジネットはあり、試しましたがこいつも長持ちはしませんでした。

ネットがついてるからといって汚れが落ちやすいかどうかも使ってみて微妙な感じ。
そんなわけで「ネットタイプ」は個人的には除外なのだ。

大事なのは「適度な硬さ」こいつが明暗を分ける

ネットをつけないネイキッド・スポンジがフェイバリットというのが判明すれば次は「硬さ」。
これが柔らかすぎるとね、本体もボロボロになるのが早いし汚れも落ちにくい。
それこそ少し焦げ付いた鍋やフライパンを洗うとあっという間にスポンジが負けてしまう。

かといって固すぎるのも困るんですわね。コップとか洗う時に奥までスポンジが入らんし。

この「キッチンスポンジ 抗菌 リーフ型」はこのようにウレタンスポンジとナイロン不織布が貼り合わせてある。
しかもこの両面も微妙に硬さを変えてあるっぽいが、個人的にはわかりません。
洗ってる時はそんな事を気にしてる場合ではありませんので(笑)
グッと握りこんでも簡単には小さくならない感じの弾力性。これがいいんだよなこれが。
少々の焦げぐらいなら負けそうにないこの硬さが安心感を与えてくれよるのですよ。

安いものでもこの手の貼り合わせたやつはありますが、やっぱり安いだけあって剥がれてきよりました。
あと、こいつはヘタってきてもケバ立ったりせずに見るからにみすぼらしくなったりしません。

片方は角張っていて片方は丸い、というこの形状も洗う時には非常に楽です。
これに慣れた今では、無意識にスポンジをひっくり返してコップの底を洗ったりしている自分にびっくり。
そう、こいつは洗い手側のスキルが上がるとどんどん手が馴染んで来よるのですよ。
仮にもし明日から洗い場で働け、と言われたらコイツを持参していきたいぐらいの勢いです。

っと、いつもホームセンターとかで探してたんですがAmazonの「あわせ買い対象」製品にあるがな。
ベストセラー1位なのは個人的には超納得。しかも2個セットで268円は安いぞ。
しかしレビューでは「固すぎてダメ」って人もちらほらいるからやっぱり人を選ぶグッズなのかもしれないですねw

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30