ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

回想 ― 金曜、深夜、布団、イヤホンで関西と関東の違いを知る

April 28 2020

ここ最近の政府の「家にいろや」路線のせいか、Mixi以来あまり見る事のなかった「バトン」がSNS上で飛び交うように。
いわゆる「昔の写真をあげましょう」的な物で、けっこう楽しませてもらってますがそれと同時に色んな事を思い出したりします。

自分はあまり幼少期の写真が手元にないのですが、回ってきた物の中に「ラジカセの写真」がありました。
そういえば、小学校1年になる際にカセットテープの教材?みたいなもんがあり、それの再生機がいるってんで片方しかスピーカーが付いてないラジカセを買ってもらいまして。

結局、それはラジオ。それも深夜放送を聞くためのデバイスに成り下がったのですが(笑)

親が寝てから、白い片耳イヤホンをラジオに挿して布団に潜りこんで必死に笑いをこらえる。
まあ、子供ですから結局日付変わるぐらいには寝てしまうんですがね(笑)
80年代初期、といえばAMラジオの深夜放送がめちゃめちゃ活気づいてた頃。
個人的には「MBSヤングタウン」そして「ABCヤングリクエスト」の2本をよく聞いておりました。

土曜はヤンリクを聞きながら寝てしまい、翌朝イヤホンからの皇室関連の放送で目覚めます(笑)

過去の記事でも深夜放送の事を書いてたようで。

ふいに蘇る深夜放送の記憶 – 80年代のMBSヤングタウン

その「ヤングタウン」。
曜日によってパーソナリティが違いまして、その曜日による特色の違いも顕著でした。

自分が最初に聴きだしたのは水曜日。
先ほどの過去記事にも書いてありましたが「じゃんけんぽんでスッポンポン」といういかにも頭の悪そうなコーナーが大好きでした(笑)
原田伸郎、大津びわ子、笑福亭笑光、伊東正治の4人だったのを覚えてるので1978-1980年。
・・・・・まだ小学2年生やった頃か・・・
今の長男と同じ年の時にすでにもう深夜放送を聞いてたって事になる。
長男に「何時やと思てんねん。はよ寝ろや!」って言えませんなこれは(笑)

そして次は金曜日。
いわゆる谷村新司、ばんばひろふみ時代で女性アシスタントが佐藤良子→岩崎良美→三田寛子まで変わったのを覚えてるので1985年まで聞き続けていた事になります。
中学2年ぐらいまでは聞いてたって事やね。

その金曜ヤンタンに「思い込んだら」というコーナーがあり、そこから「洋楽の曲にこう聞こえる物がある」という投稿から派生して「聞き込んだら」というコーナーに発展しました。

いわゆる今の「空耳アワー」の元祖、というか映像なしバージョンになりますが、AM深夜放送のノリというか結局は下ネタ路線に突っ走って行く事になるわけです(笑)

なんと今回、その第1回から4時間にわたる録音をYoutubeで発見。

https://www.youtube.com/watch?v=zXV_Ebwamas

初回はビートルズの「イエロー・サブマリン」の「おっさんが屁をこきまっせ」だったのか(笑)
これを聞いていくと「赤いスイートピー」を33回転で聞くと和田アキ子になる、という今では考えられない遊び方をみんなしてたんだなあ、と。

そして「関西3文字」「関東4文字」というワードと共に下ネタ路線に走って行く経緯もこの4時間の中で記録として残っています。
これはもう立派な文化記録ですな(笑)

考えてみればこのコーナーの常連だったクイーン、ジャーニー、TOTOなどの洋楽もこの下品なコーナーで最初に知ったのかもしれません。
自分で覚えてるのはヒューイ・ルイス&ザ・ニュースの「アイ・ウォント・ア・ニュー・ドラッグ」の「関西3文字フェイス」で爆笑してシングルを買いに行った事ですな(笑)
Youtubeにあがった録音の中に下ネタを探すためにラテンを本気で聴き始めた、というアホな人もいます。
ま、きっかけはなんでもいいですからね音楽はw

イヤホンつけて布団に潜り込んで、親にバレないように笑いをこらえてプルプルしながら眠りに落ちる。
そんな小学生だったのか、と思い返すとその成れの果てが今ってのに妙に納得する昨今でございます。

修復 ― コロコロキャリーのキャスターのタイヤのみを交換する

April 26 2020

2年前ぐらいに買い換えた俗にいう「コロコロキャリー」。
最近はエフェクターも予想に反してちっさくなってしまい(当時はGT-8からHelix Floorに乗り換える予定だった)別にこのデカさでなくても良くなったんだけども、ここ最近の「ライブ配信」機材が増加したために結局サイズダウンが出来ないという(笑)

しかし、そのキャリー。
どうやら4本ある内のタイヤが1つ、エラく片減りしてしまってて破損寸前なのを指摘される。
ひっくり返して見ると・・・

もはや「タイヤ」の形をしておらん・・・・

さて、これは交換とか出来るもんなのか、といろいろと調べて見ると根元から交換となると一箇所5000円ぐらい取られるとか。
そんなもん本体買えてしまいますやん。
しかし、このコロコロキャリー。大きさといい収納ポケットの数といい気に入っているんだけど同じ物はもう見つからない。
このタイヤ部分以外はどこも壊れてないだけに、捨てるにはあまりにも惜しい。
以前のヤツはそれこそ破れるまで使用し続け、その結果その破れた隙間からiPad miniを落とすという失態をやらかしたんだが・・

じゃあ、タイヤ部分だけを交換してしまえば良い。
残る他の3本のタイヤからまず大きさを測定して検索する。

全く同じサイズの物が見つかったのでこれを発注。

しかし、元から付いてるのは車輪を通したビスの片方をリベットで打ち込んで潰してある。
なので、そのリベットを電動ドリルで押し込む、もしくは糸鋸でビス自体を切断するしかない。
我が家には電動ドリルってもんがないのですが、これのためだけに買うってのもなあ・・・・
近くのコーナンでは作業場で工具を貸してくれるサービスがあるのですが、このコロナ騒ぎにてそういう空間の貸し出しは停止中。
ならば、工具の貸し出しをと思ったらなんとドリルは現在貸し出し中との事。。。。

しゃーない。

買ったよ鉄用ノコギリ。274円。

届いたパーツはこちら。

元々付いてたヤツよりも結構しっかりしてそう。
ビスの両方は六角レンチで留めるタイプなので後々緩んできそうではありますが、交換してしまえば後々交換などのメンテも楽そうなので、この際もう4本全部交換する事にする。

早速、ビスをノコギリで切る、という初の試み。
・・・・・・そりゃなかなか切れませんわね。
なんか牢屋から脱走するために鉄格子を看守の目をかいくぐって切ってる気分になってきます。

5分ほどギコギコしてたらようやくビスが切断。

ここまで来るとあとは新しいタイヤを通してビスを締めるだけである。
もう勢いにまかせて他の3本もギコギコしてビスを切断しましたが、手に水ぶくれが出来ました(笑)

両側から六角レンチで固定して後は思い切り締めてやるだけで交換は完了です。

実際に4本とも交換してみた所、前よりも音が静かになりました(笑)
ま、こうして壊れた所を交換すると以前では目がいかなかった所に目が行くので、見逃す事はもうないでしょう。
六角レンチもキャリーのポケットに放り込んでおくことにしました。

キャスタータイヤが壊れた、という方はぜひ参考に。
その際はタイヤの直径よりもまず「幅」に気を付けて下さいね。
幅が大きいと、タイヤは装着出来ても回らないという致命的な状態になります故。

あと金属ビスを4本、ノコギリで切断するという苦行が好きな方もぜひ♡
(ドリル買えばいいんですが)

冷静 ― ステイホームよりまずはステイクールじゃないだろうか

April 23 2020

世界は相変わらずコロナでエラい事になってるし、収束する気配もない。
大きな目線を家の中に戻してみれば、新学期が始まらない子供らが退屈そうにしている。
テレビの電源を入れてみた所で、ワイドショーはつるし上げる材料を探しながら不安を煽っているしなあ。

漠然とした不安感に包まれているせいなのか、そういう内容の番組の方が好まれるのかな。
それにしてもコロナウィルスに感染したからといって、なぜに謝罪せねばならんのだろうか。
「自分はこうなってしまいましたが皆さんも気を付けて下さい」でいいやん、と思うんやが。

マスク2枚、給付金についても遅いな、とは確かに思うし、もうちょっとどないかならんかいねとは思う。
でも、そんな政府をもちろん応援している人らもいますわね。
その応援している人達に対して集団で叩きに回る事は人としてアカンのでは。
きっと自分達がイジメや差別される側に立った事のない人達なんだろうな、と。

10万円の給付金ももらって使って経済を回せばいいだけ、のはずやのにもらわない事が美徳だの、ああいう連中にやる必要はないなどなどと別によろしいですやん本当に。

コロナウィルスよりも一番怖いのはやっぱり「人間」だなあ、って思うのです。
ステイホーム、お家にいましょうなんていうお題目はいちいちお前に言われんでもわかっとるわいと。
ドヤ顔で書き込んでいるそのパソコンやスマホに供給されてる電気、そしてネット回線もこのご時世の中で、メンテナンスと称して走り回ってる人達がいるから我々は生活出来るわけですわ。

それそれ個人が出来る事をめいっぱいやるしかない。

夕暮れの公園は行き場をなくした子供達で溢れていました。
そりゃずっとお家にいろって難しいよね。

これがいつまで続くのかわからないからこそ、自分は務めて冷静でいたいなと思います。
自分と違う考えの人がたくさんいる、ってわかってるからこそ、ね。

« May 2020 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30