ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

時間 ― 年を重ねて失っていくもの

September 29 2018

本日はダブルキングカフェ姫路に出演でした。
最近放置していた赤いストラトの方を使おうとチェックしてみるとボリュームポットがガリってまして。
ここ数年ずっと愛用している8クリックのポット(8の所で一旦軽く止まる仕様)は常にストックしてあるので交換をば。

面倒くさいといえばとても面倒くさいこの作業ではありますが、最近はだいぶと慣れてきました。
ハンダ離れの良いコテを買ったおかげではありますが(笑)
弦高、オクターブチューンと細部の調整を経て久しぶりの赤ストラトでのステージでした。

7月のダブルキングカフェの出演時も「帰りの時間あたり台風がヤバい」という状況。
あの時はちょうど直撃中に新名神高速道路を走っていましたが横風がとてもエグかった。
そして、今回も台風24号(チャーミー)が列島縦断というタイミングでの姫路でしたが、まだ帰りの時間帯では雨も風も全く問題なく帰って来れて良かったです。

変わってしまったのは周りではなくて自分自身という事

今回、姫路でのステージで演奏したクールスの「Mrハーレーダビッドソン」。
昔から曲は知っていましたが、演奏するのは初めてでした。
参考として送られて来たのがこの動画。

https://www.youtube.com/watch?v=tWCCkBiChhM

1994年のライブ映像ですが、原曲のファルセットではなくて地声で歌ってるのは驚きでした。
Youtubeにはコメントが付けられるのですが、こういういわゆる古い曲の動画にはこんなコメントがよく付いてるのを見かけます。

クールスがリアルタイム時代に中学生だったて事は、もう50代以上の方でしょうな。
懐かしいなあ、で良いものをなぜ「今の歌手」をやり玉にあげたりするのかな、と。
で、自分と同世代のリアルタイムだったBOØWYの動画にもこのようなコメントがよくついてます。

そういえばウチの親父も「勝手にシンドバッド」で出てきたばかりのサザン見て「なんじゃこいつらは!」と怒ってましたな(笑)
でもね、そのガチャガチャやってる若い子らのファンもその時の自分達の様に、コレが最高やと思って向き合ってるだけじゃないですかね。
音楽に対する情熱やかける時間が若い頃より少なくなってしまうのは仕方ない。
何も責任を持たなくてよかった頃の想い出は色んな事に忙殺される現状よりも輝いて見えるのも仕方ない。

でも、だからといって今現在頑張ってる人達をわざわざ引き合いに出さなくてもいいんじゃないですかね。
ちょっとだけ耳にした、テレビで見たぐらいの時間のかけ方でこういう言い方するのなら特に。
それならまだ「今の(流行の)曲を理解する時間も若さもすでに失ってしまったなあ」と口にする方がよっぽど潔いと思いますな。

自分はすでにレディオヘッドあたりで躓いてますけども(笑)
名盤と言われてる「OK Computer」を一生懸命理解しようと何度も聴いてますが、きっと自分のアンテナ錆びてるんやわな。

流木 ― 水槽内の色合いがなんか行ける気がする!の巻

September 28 2018

「水槽をちゃんとしなくちゃいけないんだ。そしてそれは今じゃなければならない。
初心者なのに無作法なのは知ってる。けど今じゃなければならないんだ。」
「やれやれ。」

と春樹風に書いてみたんですが、アクアリウム系のグッズも魚も「ちょっと帰りにふらりと買える価格帯」なのが危険だなあ、と思っているわけです。やれやれ。

と、水槽内にアクセントとして使う為の色んな「流木」が売られております。
高温殺菌など施してあるやつもあったりしますが、大きいのはなんと1万円近くするものも。
「流木」ですからね。それこそ山のふもとに住んでる自分にとっちゃあ、ちょいと川の上流に行けば手に入ったりしそうなもんですが。

これをそのまま水槽内に入れると水が茶色く濁ってしまうらしいので「アク抜き」をせねばならんと。
バケツに水を入れ、このアク抜き剤を溶かして流木を丸2日漬けておきました。
もうね、水がコーヒーみたいに濁ってましたわ。
そのまま水槽に放り込まなくて良かったです。

で、2日経った後も水道水の中に1日漬けてみたんですがもう水は濁らなかったので水槽の中に投入。

これが

こう。

なんとなく茶色が真ん中に入るとよいアクセントになりますな。
この流木の周りに高めの水草とかを配置してみたくなる→またなんか買ってくるのループになる予感。

水草 ― ああ、堕ちていく堕ちていくのよアクアリウムの沼へ

September 25 2018

明日金魚を持って帰るね、という娘のいきなりの無茶ぶりで購入した水槽。
持って帰って来た金魚は10匹という数でしたが、あらゆるロードを経て疲れ果てている金魚だけに・・・
この一ヶ月あまりの戦いで総人口・・いや魚口の半数を死に至らしめた。

自らの行為に恐怖する事は別にないのだけど、現在生き残っているのは5匹。

水槽 ― なにもかもが久々でよく覚えてないがいきなり水が濁った話

水の白濁も無事に取れて、今は1週間に1度の水替えを頑張っております。

これが昨日までの水槽の様子。
フェイクの流木チックな置物とフェイクな岩にフェイクな水草。
・・・・・・・なんや味気ないな、と思ってしまったのが運の尽きでございますよ。

近くのEXPOCITY内にも近くのホームセンターにもなかなか充実したアクアリウムのコーナーがあり、しかも単独の熱帯魚専門店まであるという我が家の環境。

遠い過去、水草をあっという間に枯らしてしまい、水槽内がナウシカの腐海みたいになった経験もあります。
そして今ならインターネットを駆使して色んな情報が得れるに違いない、と。
知らなかったんですな、水草を育てるには光をある程度あてっぱなしにしなきゃならない事に。

ポチってしまいました。

そう、今はLEDが主流になりつつあるんです。
LEDでは水草が育たない、と言われていた時代もあったそうですがそんな事はないようで。

このLEDライトは赤、青、白の3色の切り替えが出来る上に40センチから52センチまでの水槽にスライドで対応出来る優れモノ。
ウチの水槽は50センチというちょっと規格外な幅な為にこれしか選択肢なし。

もちろんライトを導入すると水草も買いたくなりますわね。
とりあえずは背の低い水草を3束買いましたが、名前は忘れました(笑)

流木(本物)も買いましたが、現在はアク抜き中です。

全てをセッティングしたのがこれ。

水槽だけに電源が3つも必要となりました。
今から冬にかけて水温がどうなるかわからないので水温計も導入。
そして、きっとサーモスタットヒーターを導入する事になるんでしょう(笑)

底面お掃除担当としてコリドラスかヤマトヌマエビを飼ってみよかなーと思う本日です。

« Sep 2018 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31