ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

NHKスペシャル「原爆死~ヒロシマ 72年目の真実~」を見て

August 08 2017

毎年、8月になると太平洋戦争関連の番組が放送される。
NHKはさすがと言うか戦争関連の番組は力を入れており、昨年はCGで広島に原爆投下された直後の様子を再現したりしてましたが、今年はいわゆる「ビッグデータ」を活用して、航空地図に反映させるというプログラムでした。

https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586953/index.html

世界最大級の“戦災ビッグデータ”がある。昭和20年8月6日から今日に至るまで、広島市が蓄積してきた55万人に及ぶ被爆者たちの記録「原爆被爆者動態調査」。NHKは今回、この元データを初めて市から入手、最新のビッグデータ解析技術を駆使し、時系列に並べて地図に落とし込んだ。人々は最悪の兵器によってどのようにして亡くなっていったのか――。原爆投下から72年、知られざる被爆の新事実に迫る。

データをこのような航空地図に反映させて色々な事を検証していくという試みでした。
被爆した人が亡くなった場所で何が起こっていたのか?という事を、こうして地図に反映してデータを取っていくと色んな事実がわかるんだな、と興味深く見ていました。

例えば映画にもなった「黒い雨」ですが、降った地域を地図で反映させるとこうなります。

この雨の降った地域の人が放射線の影響で死に至ったのかも、という事がわかるとか。

国が発表した事と実際に起こっている事のズレを指摘している人達がいる事実にも触れ、なかなか見応えのある内容でした。

特に原爆の光を浴びると、血管内の血が沸騰して水蒸気が発生して血管が破れ、それによって皮膚の壊疽が始まって剥がれ落ちるという部分は見ててとても恐ろしく思いました。

確かに「戦争を終わらせる」為に投下されたとされる原子爆弾ですが、このようにどう考えても「軍事施設」を対象にしたものではなくて、落とす場所を含めて完全に一般市民を相手に実験をする意図があったと言われてもおかしくはないですな・・・

こんなものは二度と人間に使ったらダメだというのを再認識出来る番組でした。
そして、未だに苦しんでいる方々がいるというのもよくわかるし、それを忘れてはいかんのだなとも思いましたね。

嵐の中の焼きハラス

August 07 2017

久々に大阪直撃コースか、と期待された今年の台風5号(ノルーさん)ですが
和歌山~奈良を通って彦根市に達しているようです。
さすが大阪、ATフィールドを持つ街としてネット界隈では一部噂になるだけはある。

台風5号(ノルーさん)の進路。見事に大阪を避けている。

なんにせよ大災害になったらかなんので、これは喜ぶべき事なんしょうけども
外側の雲による大雨には引き続き警戒は必要みたいです。

昨夜は夜勤でしたけども、ちょうど朝帰って来た時にベランダのプチトマトが折れてないか確認し、その後洗濯して部屋干しの後で眠りについたんですけども、起きてもそないに嵐って感じではなかったですね。

ちょうどお米の配達を夕方に指定してたので、大変恐縮しながら受け取ったんですけども
今日はちょうど家で仕事をする日だったのでもう家から出ませんでした。
他の家族は夏休みって事ですでに広島に帰省しており、向こうはすでに晴れてるとか。

家にひとり、だからといってコンビニ飯とかは味気ない。
なので、焼きハラスをたっぷりと独り占め。

最近は土井善晴先生の「一汁一菜でよいという提案」(良書!)を読んだ影響もあり、
まずは適当に何でも放り込んだ味噌汁を作って、気分が乗ればおかず追加という思考になりました。
この本は「別にご飯と具いっぱいの味噌汁でいいじゃない」と頭をリセットさせてくれる本。
毎日メシ作んのめんどくせーって思ってる人はぜひ読んで楽になってほしいです。

ちょうどメシ食ってる時には雨が止み、セミの声が鳴り響いてました(笑)
大阪に住んで長いですが、台風はなんというか「どうせ今回も大した事無いわ」っていう油断があるような気がします。

前日の夜勤交代の時に年配の方に台風について聞いたら
「第2室戸台風以来、台風を怖いと思った事がない」と言うてはりました。
小学校で習った台風の御三家(伊勢湾台風、室戸台風、第2室戸台風)の名前に感動しましたけども、第2室戸台風って昭和36年なので、ワシまだ生まれてないんですよね(笑)

さて、明日はちょいと早めに出かけなきゃならないので今日は早く寝とこうかな。
明日は良い天気になればよいですね。

多様性 ― 大きな祈りを妨げる小さな志

August 06 2017

昭和20年8月6日、朝8時15分。
広島上空に原子爆弾が炸裂したあの日以来、この時刻には1分間の黙祷が捧げられてきた。
大きな大きな祈り、二度と繰り返さないという決意と共に。

しかし、どうやら70年も経つとそんな儀式を何とも思わない人達が出てくるようで。

原爆ドームの真ん前で「安倍を監獄へ」のノボリを立てて。
戦没関係のイベントで黙祷をせずにこんな小さな志を掲げたりして一体誰の支持を得られるんでしょうね。
多様性を認める、という事はきっとこういう人達をも許容するって事なんでしょう。
しかし誰かを攻撃する事によってしか、欠けた物を埋められない人達とまともに会話出来るかとなるとちょいと厳しいかなあ。
正直に言うと「君の言いたい事はわかった。しかし関わりたくない。」って感じですかね。

そして、こんなツイートを投稿する参議院議員さん。

政治生命をかけて個人を引きずり降ろすというのを目標にしている、のかな。
それに原爆慰霊碑に書かれたあの文言を持ちだしてくるのも、個人的にはスッキリしない。
でも一定の人達からの支持を受けたからこその議員さんなんでしょうしね。

色んな人達がいてこその世界だ、と心底理解する事はきっと難しい事なんだろうけども
せめて、あの大きな祈りが込められたイベントでの1分の黙祷ぐらいは出来ないもんでしょうか。

忘れる事が出来るのも人間の良いところではあるんやけどね。
正直、9日の長崎での式典には来ないで欲しいですが、来ても黙祷は捧げて欲しいですね。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31