ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

弾納 ― 一人ツインリードで奏でる姫路クリスマスナイトでした

December 23 2019

夜会から明けて土曜日。
本日はダブルキングカフェ姫路に出演でした。

とはいえ、ベースがShinさん、ドラムがミッキーというメンバーだったのでほぼ昨夜と変わらないメンバー(笑)
ある意味とても気が楽、といいますかツアー気分みたいな感じの当日。

もちろん、この時期のライブなのでクリスマスソングがたくさんあって嬉しい限り。
昨年からここのレパートリーに加わったのが松任谷由実さんの「恋人がサンタクロース」。
この曲は松田聖子さんもカバーしてリリースしてるんですが、個人的にはそっちが好み。

それについては過去に記事を書いている模様。

「恋人がサンタクロース」とインテリジェントピッチシフター

数年前、京都グリースのハウスバンドにヘルプで行ってた際は松田聖子さんのバージョンで演奏してましたが、ダブルキングカフェ姫路で渡された音源は松任谷由実さんの方。
イントロの尺が若干変わっているのだけどアレンジはほぼ同じ。
ギターソロはユーミンの方は普通のギターソロですが、聖子ちゃんの方はフランジャーを大胆にかけたループフレーズ。

リハーサル時に聞くと昨年に比べてギターソロを半分カットする、という事になったそうで。
なので、あえて全て聖子ちゃんのフレーズで押し通すという暴挙に出ました。
イントロ(厳密に言うとユーミンの方はオクターブ上で演奏されている)の尺だけをユーミンで乗りきると後はフリーダム。

このサンタの衣装、毎年の様に着てますがなんとも暑い(笑)
いつかの「トナカイ」よりはマシですけども。

トナカイに変身する恒例行事

全4ステージとアンコールでライブは終了。
そして、2019年の弾き納めでもありました。

全ステージ終了直後の鏡自撮り。疲れとるな(笑)

今年はGEKOで色んな所に出ましたが、来年ももっと新しい場所で演奏出来ればなと思います。
改めて、ギター弾くのはやっぱり大好きです。

夜会 ― クリソン交えた冬の「夜会」7回目の開催と課題点

December 20 2019

なんやかんやと定着イベントになりつつあります自主開催イベントの「京ノ夜会」。
本日は7回目の開催で、初のクリスマスシーズン開催でございました。

ギターを持って出かけると雨が降る、というのは最近ではなくなりつつあります。
しかし、どうやらそれはアコギ限定という事らしくてエレキ持って出かけたら8割は降っております(笑)

京都に着くと虹が出ていました。って事は雨が降ってたって事ですわね。

ジョニーエンジェル京都に到着してリハーサル。そして開催まではあっという間の時が流れます。
バタバタしてていっつもご飯食べるのを忘れてしまうんですけども(笑)

今回のセットリストはこちらでした。

1st Stage
1.愛が止まらない(Shin)Wink
2.(You Make me Feel Like a)Natural Woman(Chiharu)Carole King
3.冬のリヴィエラ(Eddie) 森進一
----MC
4.ワインレッドの心(Shin) 安全地帯
5.かりそめのスウィング(Eddie)甲斐バンド
6.The Water is Wide(Chiharu) Karla Bonoff
----MC
7.はじまりはいつも雨(Lucky) ASKA
8.美女と野獣(Shin&Chiharu) Ariana Grande,John Legend
----MC
9.Somewhwre in Brooklyn(Shin) Bruno Mars
10.太陽と埃の中で(Lucky) CHAGE&ASKA
11.インフルエンサー(Chiharu) 乃木坂46

2nd Stage
1.ラスト・クリスマス(Instrumental)
----MC
2.いつかのメリークリスマス(Shin) B'z
3.Winter Song(Chiharu) Dreams Come True
4.Jingle Bell Rock(Eddie) Bobby Helms
----MC
5.HANABI(Chiharu) Mr.Children
6.スケッチ(Eddie) MOJO CLUB
7.Just the Way You Are(Shin) Bruno Mars
8.SAY YES(Lucky) CHAGE&ASKA
----MC
9.Marvin Gaye(Shin) Charlie Puth
10.I Feel The Earth Move(Chiharu) Carole King
11.WALK(Lucky) CHAGE&ASKA

Encore
1.馬と鹿(Chiharu) 米津玄師
2.雪が降る街(Eddie)ユニコーン
3.銀河鉄道999 (Shin) ゴダイゴ
4.YAH YAH YAH (Lucky) CHAGE&ASKA

今回はチャゲアス担当のLucky氏が冬場初参加。
冬場は仕事が忙しくていつも不参加だったので、ステージでTシャツ半ズボンの「正装」はさすがに見られず(笑)

ライブは楽しく終了したのですが、帰って動画を見るとここ2回ほどクオリティが下がりつつあるな、という印象が。
合同リハーサルから本番までのインターバルが短かったり、カホンのリズムバリエーションなどの楽器編成のマンネリ化、そして限界などなどたくさんの問題があるな、とシビアにプレイバックを見てました。
今回は正直、どれも丸ごとYoutubeで公開出来るような内容ではなかったなと反省しています。

仲間内でだけ盛り上がって楽しけりゃいいや、っていうのはやっぱりダメだなと思うので
来年からはちょいと見直していかなけりゃなと思います。
せっかく時間とお金使って足を運んでくれるのに、やっぱり大満足で帰ってもらってまた来てくれる様な演奏をしないとね。
もちろんそれは我々演奏メンバー、一人一人の緊張感が大事だし、主催者としては鬼にならんとアカン事も出てくるでしょうなあ。

次回は4/17(金)に第8回が決定していますが、そこで今まで以上のクオリティの底上げを図ります。
ぜひぜひお楽しみに。

売却 ― オベーションが旅に出ました

December 19 2019

長らく我が家のメインエレアコだったオベーションですが、この度売却しました。
メインのエレアコ買って以来、全く弾かずにホコリ被ってる状態だったので、それならば弾いてくれる人の所にお嫁に行く方がよかろう、と。

思えば18年ぐらい前に参加していたバンドの人からタダでもらったモンでしてね。
持っとけばいつか使うやろう、と言いつつもけっこうな期間、部屋の隅で眠ってましたが(笑)

Lisa&The Five Caratsを組んでから、もう一回再調整して使い始めたんよね確か。
その時に同時にZOOM A3を購入したのも覚えています。

アコギをアンサンブルの中で初めて奏でた夜

そっから友人のエピフォンのエレアコを調整がてら使用したり、その内自分でもエレアコを買ったりしたのでオベーションはどっちかというと邪魔、という感覚に(笑)
そもそもサウンド自体がもう自分の好みじゃなくなってきましたし。
座って弾いてたらツルツルすべってしまう、あのボディ形状も辛かったし(笑)

この年末で営業終了する京都ケントスの壁に並ぶギター軍団。
Lisa&The Five Caratsの時のお馴染みの光景でしたね。

オークションにて売却しましたが、行き先は関東の方みたいです。
きっちりと現場で弾いてたギターなので、きっと役に立ってくれる事でしょう。

これを元手にして、さあエレガットギターでも買いますかね(笑)

« May 2020 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30