ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

学習 ― スマイルゼミのタブレット学習をはじめました

March 04 2020

新型コロナウィルスによる休校が急に決まってしまい、子供らは長い春休みに。
これはこの先、どうなるのかわからんのですが、さあこれは困ったぞと。

一応、学童保育として受け入れてくれるものの結局はお弁当を持たさないとダメですし、その受け入れシステムはやっぱり本当に困っている人達が使うべきだろう、と。

幸い、我が家は当方が夜型で動く業務体系なので、妻とは入れ違いでなんとかなる。
しかし、やっぱり遊びに連れて出るわけにはいきませんわね。
なんせ今は何をやったらアカンのかすらはっきりしとらんわけですし。

かといって家でゲームやYoutube三昧ってのも、なんかちゃう。
参考書を買って与えたとしても、まあやりませんわな。
自分が子供だった頃の事を思い返してみても(笑)

そんなわけで、ゲーム的に勉強をこなせる何か、があればいいんじゃねえのかと
「スマイルゼミ」のタブレット学習を取り入れてみました。

Android機の専用タブレットを貸し出してくれて、それぞれの学年に応じたコースが用意されておりました。
何よりびっくりしたのが、届いてから初めて知ったんですがあの「一太郎」「ATOK」のジャストシステムが提供してたことでした(笑)

勉強の成績に応じて、ゲームで遊べる時間が増えていくという「アメとムチ」システムもよく出来てます(笑)
あと、親子でのコミュニケーションツールも用意されており、保護者用の管理画面からは学習内容・点数・学習時間などなど細かいデータを閲覧出来ます。

そして「あ、どうもこの教科が苦手っぽいな」と思ったら、翌日のミッションを手動でその教科に出来たりも。

我が家の長男(小1)はかなりこのシステムが気に入った様子(というよりも自分専用端末を持った、という喜びの方が大きい)で、1日の勉強ミッションを全てやり切っても「もっとやらせろ」と(笑)

長女(小3)も楽しくこれを使ってますが、お絵かき端末としての側面が気に入ってる様子。
色んな絵を描いては親子間のグループトークに投稿してきよります。
いや、君もうちょい勉強しようや・・・・

どちらのコースも簡単な英語教科がコース内に含まれているのも良いですな。
(本格的なものは別途オプション料金がかかる)

もちろん、端末でYouTubeを見れたりはしないしアプリもインストール出来なくなってるので安心。

さあ、これをいつまで飽きずにやりよるか、ですな・・・

「スマイルゼミ」に関してはこちらの公式サイトから詳しい情報を見れます。


12 ― 「狭心症:横紋筋融解症」 人生初の栄養相談へ

March 03 2020

心臓の病気っつーのはどうやら血液の状態をきっちりとケアせんといかんらしい。
それは今回の手術~入院でよくわかったのだけど、いわゆるコレステロール値ですなまずは。

それを下げるための薬によって横紋筋融解症という副作用になってしもたわけですが、
違う薬を飲め、と言われてもまたあんなひどい目にはあいたくない。

じゃあ生活習慣~食事でなんとかせにゃならん、という事で病院の栄養相談を受けてくれ、と。

で、本日。病院に行ってきたわけです。
まずは今の血液の状態を見ながら、色々と尋問されるわけですよ。

幸い、中性脂肪値とLDLコレステロール値が前回は若干オーバー気味という結果だったんだが、
ここで意外な事実が発覚する。

なんと、心臓の痛みを覚えて救急外来に行った際、この2つは正常値だったという事。
それ以降はこの2つは計測されてないみたいで、前回の外来受診の際のみのデータが残ってた。
それがちょいオーバーな数値として計測されていたんである。

という事は、毎日の食事や生活習慣でどないかなるやもしれん、という希望が。

幸い、外食はめったにしない生活習慣、そしてほぼ自炊という事なので
それを先生に克明に伝えると・・・・

  1. 水分補給量をもっと意識してくれ
  2. 夜勤務の際の仮眠を取る場合、食事後から2時間以上時間を取れないか
  3. 麺類のスープは残せ

と、この3つを提案される。

水分に関しては自分用のウーロン茶を沸かして冷やしているのでそれを1.5リットルは意識して飲もうと。
食部終わってから仮眠に入るまで、時間をどうしても取れないなら風呂に入るのが良いらしい。
まあ、それも立派な運動になるって事か・・・

麺類のスープに関しては、いっつも飲み干すタイプだったのでこれをやめなければ。

もっと色々怒られたりするんかな、と思いきや意外に大丈夫でした(笑)

次回の外来受診は今月の26日。
さて・・・・血液の値はどうなってますかねえ。

 

復帰 ― 観光客が激減した京都にてライブ2デイズでした

February 29 2020

退院後、GEKOの定例ライブで座ってアコギは弾きましたがこの週末二日間は立って演奏。
先日の検診結果にて、血液の値も正常に戻っていたので足の痛みは心配ない。
後は5ステージ×2日というまあまあハードな日程をこの身体が耐えれるのか、というね。

久しぶりにエレキを積んで京都へと。
連日のコロナウィルスによる騒ぎ、そして急に発表された学校が急に休みになるという政策により、なんだか世の中はてんやわんやになっております。

京都に着いてびっくりしたのが観光客がめっちゃ減っていたという事。

金曜日の夕方5時の花見小路通り。ちょい前ならもう信じられない光景である。
これはもう月曜日の朝9時ぐらいの光景ちゃうやろか(笑)
少なくとも納品はしやすそうであるw

二日間、お世話になるのはスペース・ジオン(旧京都ケントス)のYellow Jackets。
副作用が長引いたおかげで先週金曜日は急遽休んでしまったのできっちり2週間ぶり。

本日は新しい試みを。
いつもはギターアンプの所にぶら下がっているマイクのケーブルを抜いて、Ge300のXLRアウトへ。
そして、このXLRアウトからの信号だけにキャビネットを通してみました。
あのマイクで拾ったギターアンプの音がモニターから返って来た時の音が好きじゃなくて、ライブでは自分の足元モニターには「いらない」というタイプなんですが、この方法だとメインからもモニターからも嫌な音が返ってこない、はず。

Ge300の便利な所はメインアウト、XLRアウト、そしてヘッドホンアウトと独立してボリュームノブがあり、グローバルEQもそれぞれ独立している事。
自分の好きな部分をそれぞれいじれるのが強みなのである。

結果としてはとてもやりやすい環境を構築出来ました。
大きいステージでもこの方法だと、ストレスなく手早くモニター環境を作れそうで安心。

ライブに遊びに来てくれたお客様には「ほんまに大丈夫なん??」とたくさん心配して頂きました。
大丈夫なんですもともと腰から上は(笑)
その副作用の足の痛みもなくなりましたし、心臓はステントにより血管は開いてるから少なくとも・・・2週間前よりは元気じゃないとおかしいですから(笑)

このスペース・ジオンになってからは普段歌っていなかった曲もたくさん歌わせてもろてます。
新しいエフェクト環境も含めて、色んなチャレンジが出来るってのはとても楽しいですな!

二日間、10ステージやり切りましたが身体は特に問題なし。
若干身体がバキバキになってたのは、きっとリキんでたんだろうな、と思う事にします(笑)
こんなご時世なのに、遊びに来てくれた皆様ありがとうございました!

次回スペース・ジオンには3/7(SAT)に出演します。
この日はひっさびさにオズさんとの共演って事でとても楽しみ!

« Sep 2020 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31