ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

日曜 ― 息子と二人でのお出かけと買い出し

February 11 2018

何度も「お父さ~ん、今からビルド(仮面ライダービルド)始まるよ!!」と起こしに来てくれたのを覚えているけども、全然起きれませんでした。

録画してあるので別に寝てても構わないのだけども、みんな一緒に見たいんやろね。

起きたのは昼前。
さて、今日は子供らとどっか出かけるぞー、と思っていたけども長女がどうも具合が悪いと。
「どっか行くか?」と問うてみても、「しんどいから家にいる」との事。

ってなわけで、息子と二人でお出かけする事になりました。
食料品などの買い出しもあるし、息子はガンバライジングと太鼓の達人やりたいしって、昼飯もまだだし事で瞬時にイオン茨木に行き先は決まる。

しかし、そのイオンが鬼の様な人、人、人!!
そりゃあ日曜だもんね。しかもなんか割引の日でもあるらしくて買い物するのも大変でした。
まずはフードコートでメシを済ませてからゲームコーナーへ。

息子は「ここでガンバライジングを見とく(人のプレイ)から買い物行ってきて」と。
いやいや、そんなん絶対お前どっか行くんちゃうん、と思いつつもここは自主性に任せてみる。

なるべく小走りで買い物を済ませて帰ってくると、ちゃんとガンバライジングの前でじっと待っておりました。
こんな事が出来るようになってるとは、成長したもんだなあ本当に。
男同士二人で出かけるなんて、最初は5分も持たずに泣き出してたのに(笑)

最後に食料品を買ったのだけど、レジがおっそろしい行列。
待ちくたびれて退屈な長男は「ちょっと欲しいものがある」と一人でどっかに走って行った。
帰って来た長男が手にしていたのは「仮面ライダービルドソーセージ」

「いやいや、こんなん別に・・・・」とパッケージを見てみるとガンバライジングに使えるカードが8種類の内どれか入っていると。

なるほどね。待たせてるし別にいいかこれぐらい、とOKを。
並んでから20分以上経ってようやくレジを抜ける。

しかし、最後の難関。
立体駐車場から出庫するのにまた20分という・・・・

そら寝ますわね。

しかし!!家に帰ってから何とも嬉しい瞬間がやってくる。

仮面ライダービルドソーセージに入ってたのはずっと欲しがってた「仮面ライダークローズ」!

今日の退屈すべてがこれで報われた、みたいな悦びっぷりでしたw

明日も振替休日で休み、ではあるが長女は熱が出てきて数度嘔吐。
そして自分は昼から演奏仕事に出かける、という日なので我が家にとっては大変なお休みになりそうです。

神戸 ― 海側ルートで帰る姫路ナイト

February 10 2018

本日は月に一度のダブキンナイト出演。
いつもドライブが楽しみなイベントなのにあいにくの雨・・・・

いや、いつもの事かな。7日のFantastic 80’sの時はアコギだけだから晴れてたって事だきっと。

雨のせいなのか寒さもそこまで厳しくはなかったけど、運転は気を使う。
そしてダブルキングカフェに到着。

今日もいつものレッドさんと。弦は先日張り替えたばかりなので憂いはなし。

一昨日、エレアコだけでライブハウスでの演奏をやったせいなのかわからんが、いつもより弦の振動を左手に感じる気がすごくしました。
エレキの時はいつもガンガン弾くだけでそんな事を気にしたこともなかったのに、今日は少し違う感覚が宿っている・・・

そうか、と思って今日はいつもよりもピッキングの強弱を気にしながらの演奏。
面白いぐらいに音色が変わる事を体感する事が出来ました。
アコギとエレキは違う楽器、しかし同じ弦楽器でもあるという共通点がこういう経験を持って覚醒するとは思いもしませんでしたな。
バッキングがめっちゃ楽しくなりました。

めっちゃ長めだった最終ステージを楽しく終えて店を出たら気温は6℃。
雨は上がっているものの、やっぱり山側ルートは凍結とかが怖いし第二神明で須磨まで抜けてそこから国道2号線~171号線ルートを選びました。

そして、このルートと言えば!
大倉山の「もっこす総本店」でしょ。

もちろん食べ放題のたくあんも。

Swarmで見るとやっぱり1年前もここに来ていたみたい。
2月はやっぱり海側ルートを抜けた方が良いってのがあの事故以来染みついてるんやね。

家を出て最初に暮らした街、神戸を懐かしい想い出を辿りながら走り抜ける。
そういえばFAUNで三宮の室内ビアホールみたいなとこで演奏してたな・・・・
あそこは確か1年も持たなかったような想い出が。

山側ルートとは違って信号が多くて停車も多いので、だんだん眠くなってくる。
家に着いたのがちょうど午前4時ぐらい。
機材も何もかも車に置いたまま家に上がって、歯みがきだけして布団に潜り込みましたとさ。

嫉妬 ― 思わず出てきた感情にふっと気がついた事

February 09 2018

「将来は絶対にああはならないようにしようぜ!」と言っていた人が見事にそうなった、というのをここ最近本当によく見る気がする。

自分も人生の折り返しを確実に過ぎているのでこの手の事には敏感でいたい。
周りのいわゆる「そうなった人達」の年齢まではあっという間だからである。
「最近忙しい」と言ったのが気に入らなかった、とか後輩が頑張っているのを喜ばずに罵倒するとか、テレビの中の張本をリアルで直視している様な感じと言えば分かって頂けるだろうか。

「なんであんな事になるんかいのう」とまだ自らを客観的に見れて制御出来てる内はマシか・・と思ってたんだけども、先日ある動画を見ててふっと沸いてきた今までにない感情に気付く。

たとえば今はYoutubeとかで、テレビに出てる人達のオフな感じのインタビューって見れますわね。
昔は映像の発信というものはテレビしかなかったからそんな感じの物は見れなかった。

今、家族みんなで夢中になってる「仮面ライダービルド」の出演者によるこの動画。

主演、犬飼敦史くんによる動画ブログ「勝利の法則」というものである。

これをぼーっと見ていて「若いっていいなあ」と嫉妬に似た感情がわいてきたのである(笑)
いや、それは仕方ない事なんやけどもね。ホンマに若いから彼らはw

この「いいなあ」という気持ちに付随して「なんか腹立つ」って気持ちが沸いてきたらあかんのや、と。
そういう事に気付いたわけですよ。
自らがすでに失い、そして絶対に戻る事のない「若さ」という物に対してどう向き合うかって事なんでしょうなきっと。

ふと周りを見渡してみると、ああ確かに納得。
この図式に当てはめると見えてくる物がいっぱいありますわね(笑)

老いていくのはもうしゃーない、と。
そんな自分に出来る事・誇れる事を内外問わずに確立せよ、と。
それを踏まえて下の世代に何が出来るのかっていう割り切りが大事、と見た。
よう知らんけど。

と、そんな事を思う冬の夜でございました。

明日は姫路で演奏。雪が降らなきゃいいけどなあ。

« Jul 2018 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31