ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

元旦 ― 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL」を見てきました

January 01 2018

あけましておめでとうございます。
今年も試行錯誤と駄文を垂れ流す当ブログをよろしくお願いいたします。

年が明けてすぐに布団に潜り込んで眠り、起きたら朝の7時でした。
タバコが切れていたのでシケモク吸うというまさにちょいとシケた感満載の大晦日だったので、まずはタバコを調達しに出かける事に。

空気が冷たい元旦の朝。しかし天気は良さそうである。
タバコを入手して家に戻るとまずはお雑煮。
初日はすまし汁と焼き餅の雑煮ってのは昔からの習慣なので張り切って作りました。

しかし子供達にはこの餅の焦げが「苦い」との事。確かに大人の味っちゃあそうなんだけども。

今日はだいぶ前から約束していた映画を見に行くことになってました。
1日やし映画館は安い、そして正月だしきっと空いてるだろうという予想をしてたんですが、前日に予約した段階では自分らの前にはたった4席しか埋まってないという状態。

見に行くのはもちろん
「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー 」

ビルドドライバーを誕生日プレゼントにあげて以来、親もすっかり仮面ライダービルドを楽しみにするようになっておりまして、この映画なら家族で楽しめるだろうと。
平成ライダーはビルド以前の物は全く見てなかった(子供達は前作のエグゼイドは少し見てたらしい)ので、果たして話がわかるのかどうか若干不安でしたが。

あ、そうか。全く見てないというのは違うか。
一時「役者の滑舌が悪い」とオンドゥル語なるものまで生まれた「仮面ライダー剣」が見た事ありました。
Youtubeでネタ動画として、ですが。

・・・・・ほんまに何て言うてるかわからんな・・・・・

元旦に映画館も初めてですが家族4人てのももしかしたら初めてじゃなかろうか。
チビ達を連れて映画に行くのは何度かありましたが、大抵は僕一人が連れてきてたしね。

映画が始まってみると、ビルドテレビシリーズの14話と15話の間に起こった出来事というストーリーでこれはよく出来た脚本だなあと思いました。
テレビシリーズへの伏線、先行しての新フォームの登場、そしてクレジットあけのエピローグにはまだ登場してない3人目のライダーがチラリと。
う~ん、こりゃあよく出来たお話。大人でも充分楽しめますわ。

ワラワラ出てくる他のライダーは全くわかりませんでしたが、かといって面白くないという事はなく
「仮面ライダーフォーゼ」は主人公のアホっぽさがとても面白そうだなと興味がわきました(笑)
大槻ケンヂ氏のサイコパスな怪演も役柄と非常にマッチしておりとてもよかったです。

子供らも手に汗握ってスクリーンにクギ漬けでとても楽しんでたようです。
こんな引きをされるとますますテレビシリーズの次回放送(1/7)が楽しみになってまいますね。

仮面ライダー、そしてこの間見に来たプリキュア。
どちらも東映やな、と思い出すのが「東映まんがまつり」
幼い頃、北新地の入口にあった東映の映画館に何度か親に連れられて行った事を覚えてる。
どんな内容だったか、までは思い出せないけども連れて行ってくれた親父は果たして見てて楽しかったのかな。

ここ最近、そんな事をよく思うようになりました。
きっと、自分の幼い頃の想い出が残ってる年齢に、自分らの子供が差し掛かったせいでしょうね。
旧OS劇場で「オルカ」を見たのも覚えてます。1977年公開って事は自分は6歳。
今、自分の娘が7歳、息子が5歳という事は今日のこの映画を見たことも覚えててくれたりするんだろうか。

よくよく考えると、そうやって親父も自分を色んな所に連れてってくれてたんですね。
自分がその立場になってみないとわからないって事はきっといっぱいあるんだろうな。

ゆっくりと暮れていく2017年

December 31 2017

仕事からの帰り道、10時開店のケーキショップの前で開店を待つ。
大晦日ではあるけれど、今日は嫁さんの誕生日でもある。
いつも思う事だが、こんなバタバタした日に生まれたってどんな状況だったのだろう。

子供の頃から大晦日から正月三が日は家業の手伝いがデフォだった自分にとって、年末から大晦日がゆっくりと進行するってのはなんだか性に合わない。
かといって、どこかに演奏しにいくかって気ももう起きないけども(笑)

昼頃から眠りについて、16時前に目覚める。
子供達の夕食の希望はクリスマスと同じ手巻き寿司。
もうパーティーメニューとしては完全に定着してしまった感があるけども、用意するのが比較的楽なのでさっさと作ってしまう事にする。

汁物の替わりに年越しそばを。

そして、ささやかではあるけれどもバースデーケーキを。

たくさん食べて、テレビで「笑ってはいけない」と「紅白歌合戦」を交互に見ながらダラダラと過ごす。
合間に仕事部屋に移動して、月末更新の仕事や今年の収支計算などなど。

目標に比べて少し届かなかったけども、前年に比べて10%近くのアップ。
ま、プラマイゼロかなと思ってた分、ちょっとだけ自分を褒めてあげようかなと。2分ぐらいやが(笑)

1年を振り返ってあれやこれやを改めて、ってのはあんまり好きではないのだけども
今年は何が嫌いで何をやったらダメなのか、って事に気づけたってのが大きいですね。
しなくてもよい事を別に率先したり無理してまでもせんでええじゃないか、って事です。
来年は「仕切らない、怒らない、(他人に)期待しない」を徹底しながらあちこち身軽に流れて行こうかと思います。

考えてみれば、独立開業した時の気持ちがこんな感じだったのかもなあ、と。
何も持たなかった頃に戻れるわけではないけども、気分は楽。俗に言う「お気楽」ってやつかな。

「何でもやらせてもらいます」っていうフィールドを全方位に広げていくのではなくて、それを内向きにして力を溜める1年になりそうな2018年。

何はともあれ、今年1年関わりのあった皆様お世話になりました。
来年も健康を第一に自らの道を精進していきますので、暖かい目で見守って下されば幸せです。

報酬 ― おてつだいとおこづかい

December 30 2017

上の娘が小学校に入学してから「おこづかい」という物をどうしようか、という事がありまして。
小学校でやってた「おこづかいセミナー」なんてのにも参加したりもしました。

ジブラルタ生命さんの「おこづかい教育出前教室」に参加してきました

そこで色々とお話を聞いた上で我が家が導入したのは
「お手伝いによる報酬のみの完全歩合制」というシステム。
もちろん賛否両論あるとは思いますが、天から降ってくるわけやないで、というのを叩き込んでおくのは決して悪くないって事かなというのもありましてね。

各おてつだいに単価設定して、それぞれ紙に貼りだしておいてお手伝い完了するとハンコを押す。
そして金曜の夜(いわゆる休み前)に精算するという週払い制。
全てをコンプリートした場合、毎週1000円が手に入る設定にしてありますが全部をクリアするのはまあ無理。

それをそれぞれの貯金箱に貯めていたわけですが、長男が「欲しいものがある!」と言い出しましてね。
朝から貯金箱を抱えて、トイザらスに一緒に行きました。

長男が選んだのは誕生日プレゼントにもらったライダー変身ベルトの別売りパーツであるフルボトル。
海賊と電車のベストマッチな組み合わせである海賊レッシャーをチョイスしました。
レジのお姉さんに「ごめん、ちょっと付き合ってあげて」って事をお伝えして、貯金箱を開いてお金を数える長男。
「よかったねー」と直接商品を長男に手渡してくれるあたり、さすがやなと(笑)

一生懸命貯めたお金の価値。
例えば、その辺で何かお菓子を買うときにでもこのフルボトルの値段と比較して
「えー、たいへん!」って事がわかるようになったみたいで親としては満足。
そう、そうやっていずれは考えていかなくちゃならんのだぜ。死ぬまでなw
「次はオクトパスライトが欲しいからいっぱいお手伝いする!」との事。

ちなみに長女は「まだ欲しいものに届かない」と一生懸命貯めてはります(笑)

何より、この笑顔が見れたのが親としては大満足です。

たこ焼き、いやたこ揚げ?

と、ここまでが午前中の話。
フルボトルを手にした長男はとにかく早く帰って、このボトルをベルトに挿したいらしい。
あれやね。ファミコンのソフトを買った時に光の速度で家に帰りたかった自分とオーバーラップします。

昼食の時間になると「たこ焼きが食べたい」と2人からのリクエストが。
買いに行ってもいいんやけども、ここはもう家で焼いてしまえと。
若干、試したい事もありましたし。

この間、道頓堀で買い食いをした時に見たのが「多めの油で揚げるように焼いてた」という事。
なるほど、そうすれば確かに表面はカリっと仕上がりますな。
なので、油を少し多めにして試してみたらこれがばっちりハマリまして。
たこ焼き、ならぬたこ揚げになるんですかねこれは(笑)

「今までで一番おいしい」との評価を頂きました。
しかしたこ焼きって焼く側はもう焼いてるだけで腹一杯になってしまうので、なんか損した気分になるんですが。

« Mar 2018 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30