ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

【Tasker】特定のアプリだけ画面自動回転をオンにする

March 10 2018

春眠暁を覚えず、っていう言葉があるぐらいなのでいくら寝ても眠い昨今。
寝る時にスマホを手にして、寝入るまでのお供って人も多いかと思いますが、寝転んでスマホを操作する時に「画面の自動回転」がオンになってると画面が回転してしまって「そうじゃねえんだよ」って事が多いですわね。

それがうっとうしいので画面の自動回転はオフにしております。
きっとそんな人多いんじゃないでしょうか。

しかし!動画系のアプリはやっぱり横画面で見たいって時が多い。
Youtubeを立ち上げて目的の動画にたどり着き、画面を横にしてもフルスクリーンにならず。
「ああ、そうか。画面の自動回転をオンにしなきゃ」とステータスバーから引き出して設定をオン・・・

これがね。面倒くさいねん。
画面の回転をどうするかを設定で選べる親切なアプリもありますけども、ない場合はシステムの設定に依存してまうのでもうどうしようもないのですよ。
慣れるか諦めるしかない、という。

で、アプリ毎に画面回転を制御するアプリというのもそれこそ検索すればいくらでも出てきますが、広告が表示されたりするのもうっとうしいし、何より色んな権限に対してチェック入れるのも面倒くさい。

と、そういえばTaskerを使っているじゃないか自分は。
Androidスマホの様々な事を自動化する為にあるTaskerにこんな簡単な事が出来ないわけはない。

早速YouTubeにこいつの設定をしてみましょう。

とりあえずTaskerを立ち上げてProfileを作成する。
右下の「+」をタップするとその中に[Application]ってのがあるので、ここから「Youtube」を探してタップ。

ここから[Youtube]に対して何を設定するか、っていう事を[Tasks]で設定する。

この中に「Display」という項目があるのでそれをタップすると次の一覧が。

この中の「Display AutoRotate」を「ON」に設定するだけでOK。

で、後は「画面の自動回転オン」を設定したいアプリに対してこのTasksを紐付けていけば良いです。

というかほとんどの制御系アプリってTaskerさえあれば必要ない気がしてきてます。
なんでもかんでもカスタマイズ好きな自分はもうTaskerは手放せないアプリの一つになってます(笑)

心斎橋 ― Bar Unchainでのライブに参加

March 09 2018

若干の雨模様は続いていますが、鼻の中の臭いはほぼなくなりつつある。
やっぱりこの時期特有のモン、といえば花粉なんですかね。
結局きちんと調べにいかないまま、治ったしもういいかってなってしまうのですが。

そんな今日は心斎橋のBar UnchainでのVo,しゅんちゃんとギタリスト古賀氏のライブ。
今年は風邪ひいたりなんやでようやく2018年初の参加でした。
もちろん図々しくも自分のギターを持って行くという事は忘れません。
あ、これは人の持ち物だったね・・

今日のライブは通算70回目、という事みたい。
いつもは日付が変わるぐらいまでの3回ステージで終わるのですが、日付変わって合計4.5回という大ボリューム。
お師匠さんの古賀氏に「今度やる曲の譜面です」と譜面を持ってきたギタリスト鷲尾くんもそのまま参加。
近くの心斎橋ロックンルージュでの演奏を終えてすぐに駆けつけてくれた、Vo,マナミちゃんとギタリストテル君もそのまま参加、というとても楽しい1日となりました。

それにしても鷲尾くんはカッコ良かったなあ。
自分の「これなら大丈夫」という物はなんぞや?というのを改めて追求せんといかんよなあ、と思いました。

古賀氏と鷲尾くんは11日の夜に江坂パインファームでDuoライブをやりはります。
この日は仕事があるので見に行けないのが残念・・・

帰宅の途に付いたのはAM2:30過ぎ。
そういえば晩飯食ってなかったなあ、と西中島の道楽うどんへ。
ここでかき揚げ天丼を食べたら猛烈な眠気に襲われまして、万博外周あたりで20分ほど眠ってました(笑)

湾岸線 ― 義弟を見送りに関西国際空港へ

March 08 2018

朝から土砂降りのあいにくのお天気。
夕方頃から関西国際空港に向かって車を走らせておりました。

前に行ったのは2011年の11月っぽい。

関西国際空港に「遊びに」行ってきました。

今日は遊びにではなく、12月に義妹と結婚、そしてそのまま日本に滞在していた義弟が仕事が始まるためオーストラリアに帰国するって事でサプライズ訪問に。

義妹には伝えてあったんですが、義弟は知らなかったらしくめっさ驚いておりました。
なんせ初の海外、そしてそのまま滞在してたって事は本人にとっていい経験だったろうし(姫路でのライブにも遊びに来てくれた)それなら送り出してやらんとね(笑)

20時10分のフライトで彼はケアンズに。
そして、我が家+義妹は2台に分かれて自宅に向かうことになりました。
自分の車の助手席には長女だけが乗り込んでドライブ開始。

この時には雨もあがり、だいぶと景色もよく見えるように。

夜の湾岸線と言えばやはり工場地帯のネオンですわね。
よくこれを見に走りに来たもんです。

「わー、キレイ!」と喜ぶ小学1年生。

まさかあの時、自分の娘と二人でここを走りに来るなんて思いもせんかったよなあ・・・
と思いつつ「お父さん、昔ここはけっこう走った事あるんやで~」と口にすると

「誰と?」

と、鋭すぎるツッコミが。

「いや、誰と言われてもお前が生まれる前のこっちゃし・・・」

「何ちゃんと?」

「な、名前?それこそ誰かわからんやん・・・」

「いいから。」

歴代の元カノの名前を娘に尋問されながら、という奇妙なドライブになりました。
なんかもう将来が怖いわほんまに。

« Sep 2018 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31