ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

造形授業28時間目 ― ズゴック完成してミッション全て一旦完了する

July 15 2017

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も28時間目。
前回までの経緯はこちら。

造形授業27時間目 ― ズゴックと風呂に入るの巻

ズゴックと風呂に入る、という愚行をやらかした前回でありますが、陰干しして乾いたら後はモールディング処理をするのみ!

スミ入れペンと消しペン、そしてティッシュを片手にじっくりと。

こんな感じでざっと黒のエナメル系塗料でスミ入れしていく。
ザクに比べて濃いめの赤が多いので今回は黒色をチョイスしてみました。

背中のランドセルはあえて薄汚れた感を演出しつつw

前面もわざと汚した感じで粗めに塗料を残すとこんな感じに。

そして、最後にモノアイとコックピット部分のデカールを貼って・・・

シャア専用ズゴックが完成しました。
そして、プレゼントで頂いた4体全てが完成した事になります。
換算してみると丸々3日かかってないってのが自分でも驚き。
1回1時間をきっちり積み上げるとなんでもこうして形になるんやな、って事を改めて知った感じがします(笑)

完成すると後は飾って楽しむって事なんですけども、やっぱり・・・・

これはやっとかんとあきませんわね(笑)
GMの腹に穴開けるわけにはいかないので、アダルトビデオで言う所の疑似挿入で(違

ひっさしぶりにプラモデルを組むのはめっちゃめちゃ楽しかったです。
激落ちくん、という当時はなかった物を使用しつつほぼ無塗装でここまで仕上げる事が出来る、現在のキットには本当に驚かせてもらいましたね。

奥から手前に組んだ順番に並べてみる。やっぱガンダムが一番、目がしんどかったかな。。
改めて誕生日プレゼントにこれを選んでくれたバンド仲間に感謝です。

さて、次回は何を組もうかな、っていう話になりますがちょいとだけお休みを頂きまして、再開の際には1/144 HGのグフ・カスタムなんかを組んでみようかなと思っております。
それかケンプファーなんかもいいかなあ。。

造形授業27時間目 ― ズゴックと風呂に入るの巻

July 13 2017

チャイムが鳴るまでの1時間、一心不乱にプラモにチャレンジするこの企画も27時間目。
前回までの経緯はこちら。

造形授業26時間目 ― 地道な作業開始、ズゴックシャコシャコタイム

前回は400番のペーパーをかけて合わせ目を消す作業を1時間やって終わりました。
なので、600番から1200番までを順番にシャコシャコと。

そして、ある程度まで仕上がったらコンパウンドで磨きつつ、全体を激落ちくんでこすっていく。
これで全体的にマットな仕上がりになっていくのだけども、なんせ色が濃いパーツが多いのでコンパウンドもモールドの中に残って目立ってしまうんですわね。

こういう時には塗装前にやっておくと楽な作業があります。
そう、パーツ洗浄
なんの事はない、古い歯ブラシかなんかでゴシゴシしながら水で洗い流すという作業。

その為にわざわざ洗面器などを用意するのも面倒くさいんで。

一緒にお風呂に入りました。
お風呂にプラモデルとカメラ(スマホ)を持ち込む46歳。
いや、でもね?なかなか水陸両用モビルスーツしてるじゃないですかこれ。
あ、そんな話ちゃうくて?

とりあえず、古い歯ブラシでこびりついたコンパウンドなどをこすって洗浄していく。

と、こんな感じでマットに仕上がりました。
やっぱり水陸両用モビルスーツは水滴が似合います(違

この後、日陰でしっかり陰干ししたらあとはスミ入れしてデカール貼って完成になります。

現在組んでいるキットはこちら。

バジルを収穫、そしてジェノベーゼへと

July 11 2017

庭のプランターに植えてたバジルがかなり茂ってきたので、ここらで収穫。
全部収穫してまうとなんか寂しいので、少しだけ置いといて・・と。

子供らが収穫してくれたのはこちら。

これをとりあえずジェノベーゼにしてしまおうと材料を買いに出かけるも
松の実とかクルミが入手出来なくてですね。
なので、ニンニクとケッパー、粉チーズ、そしてオリーブオイルだけでやってみようと。

というか本物食べた記憶が抜け落ちてるので果たしてこれでいいのかどうかもわからんのだけども、とりあえず味を見て「塩気がいるなこれは」と思って足しておきました。

しかし、子供らには圧倒的不評だったこのソースの香り。
晩飯のメニューに出せるはずもなく、そのまま冷蔵庫に行くハメに。

やっぱり本物をどっかで食べた方が良いわねきっと。
それか市販のソースを買って比べる、とかか。

たった一つわかった事は、市販の瓶詰めとは全然違うこの鮮やかな緑という事。
そりゃ収穫したばっかりやもんねこれは。

明日はこれでパスタでも作るか、それかなんぞ揚げ物にでも付け合わせてみるか。

栽培したもんを収穫して食べる、というのが楽しくなってきた46歳おっさんです。

« Sep 2017 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31